2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死が恐ろしくて、夜寝られません。

1 :KZ:03/04/20 03:45 ID:TdD0S6jY
30歳半ばを越え、死を強烈に意識するようになりました。
ひょっとしたら、もう人生の半分を終えたのか・・・。
いい年こいて夜中泣くこともあります。この世に自分がいなくなる
ことがたまらなく恐ろしいです。
昔つきあっていた女性が死んだこと、母親が若くして亡くなったこと。
彼女らはどこにいったのでしょうか?
あの世はあるのでしょうか・・・。

2 :KZ:03/04/20 03:47 ID:TdD0S6jY
おそらく自分は、ノイローゼでしょう。
でも怖い、怖くてたまりません。こうして夜中に妻や子供たちが
寝ていても、心臓がドキドキして寝付かれないのです。
すみません、暗いスレッドを立ち上げまして・・・。

3 :29:03/04/20 03:48 ID:lZZ+azXq
元気だせー。
大丈夫だよ。

4 :大森 ◆jgoMORIoLI :03/04/20 03:48 ID:qDjco+9z
私も寝つきが悪いせいか布団にはいると
同じ様な事考えますよ

5 :29:03/04/20 03:49 ID:lZZ+azXq
自分よりも、両親のことが、ふと心配になることがあります。

6 :キムさん@キムチ好き:03/04/20 03:53 ID:QvDj/VHE
そりゃ生への執着がつおいからニダね。
幸せな人生送っとるっつーことニダ。
死に対してあんま抵抗持っとらんウリからすっと
うらやましー限りニダよ。

7 :KZ:03/04/20 03:55 ID:TdD0S6jY
ありがとうございます。みなさん。
読んでいて涙がこぼれてきました。ありがとう。

8 :29:03/04/20 03:58 ID:lZZ+azXq
>>7
暖かいモノ飲んで、幸せなこと想像して寝るとよろし。(猫の肉球さわるとか)
おやすみなさい。

9 :エリザベス ◆nuGERIPCNY :03/04/20 04:01 ID:HUylUMYu
>>1
パパがんがれ〜

10 :KZ:03/04/20 04:21 ID:TdD0S6jY
子供の寝息を聞きながら、カキコしています。
たいび落ち着いてきました。しかし、たまに発狂しそうなくらい
ドキドキすることもあります。震えることもあります。
>>5
そうですね・・。年老いた父親はもっとつらいでしょうね。
>>9
妻や子供らの前では、前向きに振る舞っているつもりです。
みなさん、本当にありがとう。


11 :KZ:03/04/20 04:24 ID:TdD0S6jY
皆様に神(いれば)のご加護がありますように。
感謝。
普段は、短期で癇癪持ちなのですが、ここでは素直になれます。
ありがとうございます。

12 :bloom:03/04/20 04:26 ID:gYbuudMk
http://www2.leverage.jp/start/

13 :大人の名無しさん:03/04/20 04:37 ID:MIHLBSiF
小学生の頃、死んだらどうなるかを考えて、泣きそうになった。
何というか、地球や宇宙の存在についても考えた。
人類が滅亡したら、地球が無くなったら、宇宙が無くなったら・・。

まじめな話、30代になると自分の親世代の人間が亡くなるから、
嫌でも死は身近に感じるようになる。
子供の頃、じいちゃん、ばあちゃんが亡くなった時とは違うよね。




14 :山崎渉:03/04/20 04:51 ID:aoltBWWq
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

15 :大人の名無しさん:03/04/20 05:01 ID:YZwswJAn
死ねーーい

16 :(´д`;)ハァハァ :03/04/20 05:09 ID:1M0g9Hp6
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

17 :大人の名無しさん:03/04/20 05:20 ID:raCG5a3h
男の人にも更年期障害ってのがあって、その症状の中に夜、漠然とした不安や焦燥感を覚え眠れないっとかゆーのが載ってたよん。
三十後半じゃちと更年期にしては早いかもしれないけど、一度お医者さまに相談してみるってのはいかがかしら??

18 :振り向けばそこにパタリロ:03/04/20 05:22 ID:L01wnVdH
1さんはじめまして!
どんな強がり言ってるひとだって、死って怖いと思うじゃないかな?

私も13さん同様、子供のころよ〜く考えました。

21歳の時に母親が死去。小学生のころ離婚してたから、兄弟なし
の私は、一人。で、とにかく家族が欲しくて結婚もせずに子供を作った
んだけど、生きる支えになってくれてます。
今年になって、別れた父が逝去しました。そして改めて死について考え…
私が死んだら子供たちはどうなる??みたいな怖さを実感しています。
私も1さんと同じですyo

19 :大人の名無しさん:03/04/20 05:41 ID:0r5mnvsJ
http://jsweb.muvc.net/index.html

20 :大人の名無しさん:03/04/20 12:37 ID:FF68wV5T
とりあえず嫌なこと考えるのは後回しにしてる。
考えても解決できないことに時間を割いて
暗い日々を送るより
限られた人生を楽しく生きたい。

21 :大人の名無しさん:03/04/20 13:46 ID:BC80+g8w
俺の親父が今年68歳。末期癌でそろそろってとこにいる。俺34歳。親父の半分まできて、
今この現在がやっぱり怖い。こういう状況だからこそ、余計に自分自身の事まで考えてし
まう。考えても死の先なんてわかんないし、とりあえず生きている側の現実が全てだとは
思ってはいるんだけど。何かいろんな感情がぐちゃぐちゃになってる。

22 :KZ:03/04/20 14:16 ID:RltzSWKh
やはり、今を前向きに生きないといくら先のことを心配しても
どうにもなりませんね。季節の変わり目だからでしょうか。
また、夜が来るのが怖いです。真っ暗な部屋にいるとついつい
変なことばかり考えてしまいます。
会社にて心身ともに疲れる事が多く、体調もよくありません。
みなさん、アドバイスありがとうございます。ただ感謝あるのみです。

23 :大人の名無しさん:03/04/20 14:21 ID:FuTr97WD
死は生まれて来た瞬間から、生物すべてにいつか訪れる必然。
1日1日をいとおしむように生きたい。

24 :うまいモンはうまい:03/04/20 14:29 ID:XOULcoOn
>23
 1日1日をいとおしむように生きたい=2chにのめり込む

納得........いかねぇぇぇぇぇ!

25 :大人の名無しさん:03/04/20 14:40 ID:fq9Q4Dp3
>>1
まじで宗教をおすすめします。
どこの宗教・宗派でもいいから興味のあるやつを聴聞してみたら?
死への不安や恐れを取り除いてくれて、
今後の人生を楽しいものに変えてくれるでしょう。
宗教板で吟味しなされ。

26 :大人の名無しさん:03/04/20 14:41 ID:THbDXsOZ
>>13
私も全く同じようなことを小学二年生の頃に感じました。
以後、数年おきに>>1さんと全く同じような「死ぬのが怖い病」にとりつかれます。
「死ぬのが怖い病」が訪れると、しばらく生きた心地もしないような日々を送る
わけですが、取り付かれても結局そのまま生き続けていたりしているという事実や
何らかの忙しいイベントの訪れでいつの間にか忘れる、ということの繰り返し。

「死ぬのが怖い病」に取り付かれる周期、忘れる周期ともに、歳を経る毎にどんどん
短くなり、今では恒常的に死の恐怖と共存(?)できるようになってきました。
恐怖そのものはあるのですが、その恐怖と共に生きることができているというか。

27 :26:03/04/20 14:45 ID:THbDXsOZ
あと、この「死ぬのが怖い病」は、30代以降は心身の不調をきっかけにしても
起こりやすいように思うので、そちらを整えてみることもお奨めします。

鬱病もしくはパニックディスオーダーの場合もありますので、心療内科を受診
されるのもよいかもしれません。

今は都会暮らしですか?生命の力を実感できる場所への旅行もお奨めします。
九州とか沖縄とか、ハワイとか、南の島系(暑いところ)がお奨めです。

28 :大人の名無しさん:03/04/20 14:51 ID:skVTKyqa
>>1の気持ちよくわかるなあ。
私は35才だけど20才過ぎたあたりから猛烈に恐くなった。
布団の中で死ぬ事をうっかり考え始めてしまって時々
「いやあーーーー!」ってマジ声出して起き上がって部屋の
電気全部つけてテレビつけてそのことを忘れようと努力する。
死ぬってどういうことなのか、体が焼かれて埋められるって
どういうことなのか想像するだけで恐くなる。
友達は「眠ってそのまま起きないのが死ぬってことだよ」って
いうけど自分の全てが無くなってしまうっていうことが
耐えられないくらい恐い。
毎日いつもってわけじゃないんだけど、布団に入って電気を
消した瞬間にふっと「死んだらどうなるの?」っていうことが
頭をよぎって一度考え始めたらダメなんだよね。

29 :26:03/04/20 14:56 ID:THbDXsOZ
ああ、28さんの感じもすごくわかります・・・
でも最近は、「そんなこと考えても考えなくてもいずれ絶対死ぬ」
→「くよくよ考えると損(人生の持ち時間の無駄遣い)」かなと
いう達観が勝り始めてます。
死への思いがよぎったら、「あー、考えるだけ無駄無駄」と自分を
あやすことができるようになってきました。

30 :KZ:03/04/20 22:33 ID:Yt0lhjJm
>>26
同じ境遇ですね。私だけじゃあなかったんですね。
>>27
ありがとうございます。私自身少し精神的におかしいと感じております。
また昨夜は特に体調もおかしく夜中に吐きそうになりました。
会社では人事関係に関する部署に所属し、今月だけで4人にリストラ宣告を
しました。バチがあたったのでしょう。4人とも素直に了解いただけたので
よけい良心がとがめたのかもしれません。鬱病になったのかもしれません。
近いうちに、沖縄に行ってみようと思います。
>>28
また同じような方がいらっしゃるのですね。まさに私もそういう心境です。
夜が怖いです。先ほど本屋に行って輪廻転生の書籍を購入しました。
今夜はこれを読みます。
本当に皆さん、ありがとう。
暗い話題なのでsageにてカキコ致します。

31 :宗教家じゃないが:03/04/21 14:48 ID:zdNod3ZV
生きる、ということは大変なことで、ブッダはこれを
四苦八苦と言いました。すなわち、生老病死 の四苦と、
怨憎会苦(おんぞうえく)憎しみを感じるものと出会う苦しみ
愛別離苦(あいべつりく)愛するものと別れる苦しみ
求不得苦(ぐふとくく)求めることが得られない苦しみ
五蘊盛苦(ごうんじょうく)知覚、認識などが盛んなるゆえに湧き起こる苦悩
を加えた八苦です。

この苦しみを繰り返し”生きなければいけない”というのが輪廻という宿業(カルマ)
であり、それからの解脱を説くという教えが仏教の根幹にはあります。

KZさんは死ぬのが怖いということは、返して言えば、それだけ生きることが
幸せなのですね。その日一日を生きるのが辛くてたまらない人たちが
数多くいらっしゃることを思うと、死ぬのが怖いことさえ、感謝に満ちて
きませんか?

ま、苦しみは人それぞれですので、比べることは無意味ですが。

ところで、死の恐怖を考えただけでも動悸、息切れがあるとすれば、
前に何人かの方が書いていらっしゃるように、パニック症候群のような
心身症の一部かもしれません。

リストラはされた方はもちろん辛いですが、する方の苦しみも深いです。
一度診療内科を訪れてみたり、カウンセリングを受けたりなさることを
お勧めします。

へんなとこにひっかかって、壷とか買わされないようにね。

32 :大人の名無しさん:03/04/21 18:55 ID:d/WYxWr9
>>31
見知らぬ私にレスをありがとうございます。
そうですね。私自身、過去にはいろいろありましたが、
今現在は、幸せです。すべてに感謝しております。
遠い未来を嘆くより、今を楽しく生きた方がいいですよね。

言われて今気づいたのですが、確かに私は閉所恐怖症の気があります。
狭い場所にいると息がつまりそうになります。パニックになりそうに
なったこともありました。その延長かもしれません。
心療内科ですか、・・・やはり精神病でしょうね。

さすがに壺までは買いません(笑)そんなお金があれば、子供達に
残してあげます。

33 :大人の名無しさん:03/04/21 19:23 ID:zdNod3ZV
>>32
厳密に言うと、精神病と心身症は違います。
精神病は脳の器質的な原因で病が発症します。
心身症はいわゆる心の風邪です。異常でもなんでもく、誰でもかかります。
風邪は引き始めが肝心です。
早くお医者にかかれば、楽に治せます。

いいお父さん(あれ?お母さん?)と拝察します。
かわいいお子さん方のために、風邪は早く治しましょう。
お子さん方に感染ると厄介です。

34 :大人の名無しさん:03/04/21 23:36 ID:424r7FGh
人間生まれる瞬間も死の瞬間も分からんのでしょーなーもし来世があった
としても前世の記憶も残ってないし・・・・。中には少数だけど前世
の記憶を持つ子供がいるらしい。しかし大人になるに従い記憶は除じょ
に無くなってくるらしい。

35 :大人の名無しさん:03/04/21 23:39 ID:d1MtvosR
>>1
こういう説を唱えている人もいる
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569533019/qid=1050935877/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/250-5808841-8500240

36 :KZ:03/04/21 23:56 ID:N0ThYQpP
ああ、皆さん本当にありがとう。おとついに比べて落ち着いてきました。
昨晩は、パニックになることもなかったですが、朝方の4時すぎまで
寝られませんでした。
>>33
心身症ですか?そうかもしれません。たまにですが発作的にパニックに
なることがあります。
このスレをたてた時がそうでした。心身症は子供に伝搬するのですか?
症状が激しくなるとマズイですよね・・・。私自身正常でいられないかも。
>>34
どこかでそういう話を聞いたことを思い出しました。
>>35
早速購入して読んでみます。

みなさん、本当にありがとう。
皆様とご家族の、ご多幸をお祈り致します。

37 :大人の名無しさん:03/04/22 00:12 ID:Pq9Bvh9N
KZさん 心身症は伝搬はしないよ。
だけど、例えば職場や家族にうつ病の人がいたとすると、
みんな気を使ったり、遠慮したりするよね。
それが嵩じると、新たに発症する人が出たりするんだね。

身近な人であればあるほど、回りも強いストレスを受ける、
という意味だと思うよ。

では、君が平安な夜を過ごせるように遠くから祈って僕も寝よう。

38 :KZ:03/04/22 11:10 ID:Hf+ejK0h
>>35
先ほど、移動途中に購入しました。
PHPから同名の文庫がでておりました。34刷でよく売れているみたいです。
輪廻転生についての実話らしい内容ですが、何よりPHP文庫からでていることに
驚きました。夜帰ってじっくり読もうと思います。
>>37
レスありがとうございます。
そうか。悩んでいたのは自分でなくて周囲の人間だったかもしれませんね。
病院に行った方がいいのでしょうか。取り急ぎ。

39 :奉先:03/04/22 12:18 ID:58Tk6AZ1
哲学をやれ。死が怖くなくなる。
「ソクラテスの弁明」を呼んだら、死が怖くなくなった。
むしろ、死を恐れることを愚かしく感じたものだ。
死の恐怖を乗り越えると、人間は何でもできる。

40 :大人の名無しさん:03/04/22 21:55 ID:gULa5yRB
夜眠れない、という理由で心療内科を訪れるのはちっともおかしくないと思われ。


41 :大人の名無しさん:03/04/22 22:03 ID:ZxB5CgFE
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1050585754/l50

42 :KZ:03/04/23 00:40 ID:9zjUQ/N1
「前世療法」(PHP文庫)を2章まで読みました。びっくりです。
これって本当なのでしょうか?
読まれていない方がぜひ読んでみてください。
読まれた方と話がしてみたいです。

死んだ母親、弟、彼女、・・・皆どこかでいつか出会えればいいのですが。
>>41
自殺は、ぜったいにダメだと思います。詳しく書けませんが過去に何人かの
友人が自殺をしました。その家族をみて、とてもではありませんが
哀しすぎると思います。

皆様、いろいろ本当にありがとうございます。

43 :35:03/04/23 00:59 ID:y6uRJv9A
KZさん、行動早いですねw。
僕は続編の「前世療法2」も読みました。この本に出会う前に、立花隆の「臨死体験」
を読んだのがきっかけです。
結構この手の本は一時期読み漁りました。
エリザベス・キューブラ・ロスやキャロル・ボーマン、シャーリー・マクレーンなどは
この手の分野では知られていますので、興味があったら読んでみたらいいとおもいます。
輪廻とか死後の生とか、真偽は僕には結局わかりませんけど、そういう考え方もあると知ることで、
少し生きるのが楽になった気はします。

44 :35:03/04/23 02:55 ID:y6uRJv9A
参考までに

死ぬ瞬間―死とその過程について エリザベス キューブラー・ロス
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122037662/qid=1051033518/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-8095833-4188364
「死ぬ瞬間」と臨死体験 エリザベス キューブラー・ロス
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4643961147/qid=1051033518/sr=1-7/ref=sr_1_2_7/249-8095833-4188364
子どもはみな前世を語る キャロル ボーマン
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569620841/qid%3D1051033739/249-8095833-4188364
アウト・オン・ア・リム シャーリー マクレーン
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4042798012/qid=1051033822/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-8095833-4188364
臨死体験〈上〉〈下〉 立花 隆
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167330091/qid=1051034006/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-8095833-4188364

45 :大人の名無しさん:03/04/23 08:36 ID:2gXpohfW
>>44-45
ご返事ありがとうございます。
結局3章まで読んで寝ました。この「前世療法」に記述されていることが
真実ならば、人生はなんと輝いていることでしょうか!
単純かもしれませんが、肩の力が少し抜けたような気がしました。
引き続き読んでみます。

46 :大人の名無しさん:03/04/23 08:56 ID:9351nHXk
昨日は眠れ〜た〜?♪

47 :26:03/04/23 12:49 ID:nbUFWHdj
私も閉所恐怖症気味。「死が怖い」のと何か連関がありそうですね。
よくよく自分を観察すると、閉所ならいつでも発作が起こるのではなく、
「風邪気味」「のどが渇いている」「運動直後で息切れ」といった呼吸
の不安定な状態の時に誘発されやすいようです。閉所≒窒息≒死という
連想なのでしょうね。なので、閉所恐怖が襲ったときには「お茶を飲む」
「うがいをする」という行為で症状が落ち着くことがあります。

阿木耀子が老いを語る連続番組にメインゲストで出演していて「私は輪廻を
信じてるから死は怖くない」と言っていて、最初DQNか?と思ったのですが、
よく聞いてみると、よりよく生きるためにそのように達観するようにしている
というような趣旨でした。むしろ、死に対する現実的な(気持ちの)覚悟は
平均的な人よりもしっかり持っているという印象を受けましたし。

48 :26(続き):03/04/23 13:01 ID:pkHDDmA4
で、翌日のゲストのイルカもなぜだか同じような事を言っていて「死は卒業
のようなものだと思っている。悲しいけど仕方ない節目で、祝うべき新しい
出発でもある」とも。

祖父母を病気で看取った時の経験から言うと、実際の死の恐怖というのは
「死の瞬間と死に至る闘病」の一回きりのもので、それもどちらかといえば
「肉体的な苦しみ」が大きいように思います。というか、死ぬのに精一杯で
「死ぬって何?死んだらどうなる?」とか考えている余裕はない。
(もちろん肉体的症状が緩やかな段階、意識がはっきりしている段階では闘病者
もそれを思いますが。)

つまり「死と死後が怖い」というのは、まだしばらくは生き続ける可能性を
持った人に特有な「生きる苦しみの一種」なのではないでしょうか。

49 :KZ:03/04/24 08:35 ID:SCfeqOoS
>>47
こんにちは。驚きましたが私も同様な経験をもっております。
閉所恐怖症で込んだ電車内や、長距離バス、飛行機内では息がつまりそうになり
逃げ出したくなる症状もっています。やむなく利用せざるを得ない時は
飲み物を用意しています。貴殿がおっしゃられるように閉所≒窒息≒死という
連想のようです。一方、「前世療法」を読みましたが、これによれば
過去にそれに関連した経験があるのかもしれません。
引き続き「前世療法2」を読んでみようと思っています。
皆さんありがとうございます。なんとか夜は寝られるようになりました。

50 :大人の名無しさん:03/04/24 09:19 ID:oB/DdBW9
一回死んでみたら?

51 :大人の名無しさん:03/04/24 09:27 ID:NUeIHdX5
死が怖くて眠れないという過程は
子供の時代に誰もが成長過程の心理発達で
経験済みだと思ってたけど30過ぎて未だに
こんな事で眠れないという人がいるのですね。
おさないですね、あなた。

52 :大人の名無しさん:03/04/24 09:55 ID:YGwj2kOA
気になっているからかきこみしてるくせに(笑

53 :大人の名無しさん:03/04/24 10:44 ID:gMhHDtAe
死の怖さを感じる能力(?)は、抽象的な事柄を掘り下げる能力によって
個人差があると思うから、一概に「幼い」では片付けられないと思うけどな。
あとは身近に壮絶死とか若年死した人がいる人と、今もって同居中の近親の
死に立ち会っていない人とでも、大分感覚が違うだろう。

いまだに・・・というより、「老い」に向かう過程に入って再び別の次元で
気になり始めたりもするんじゃないの。

54 :大人の名無しさん:03/04/24 11:13 ID:00qCtJuC
 煽りだと思うけど、>>50にも一理あるんだよね。
経験したことがないから死が怖い。かと言ってこればかりは経験するわけにもいかない。

 私は今まで何度も死にかかったこともあって、正直、死は怖いと思わない。
死よりも苦痛のほうが怖い。「死と苦痛は別物」って悟った。
もっとも、最初に死にかけたときには、KZさんと同じことを考えた。本当に怖かった。
でもね、繰り返し死にかかると慣れちゃうんだよね。
だから、KZさんも「死を恐れる自分」を受け入れて、
今の情況に積極的に慣れちゃってくださいな。

 最近、私は夜眠って、朝目が覚めなかったらどうしよう、とか考えて不眠症気味。
それくらいに体調が悪いんだけど、そうなったらそうなったで仕方がないと諦めてます。
ま、これもそのうち慣れてなんとも思わなくなるでしょう、きっと。

55 :大人の名無しさん:03/04/24 14:01 ID:QQQ++bjT
死ぬのが怖い、というのは、深層心理で生きる意味を模索する状態、
と聞いたことがある。
よく死ぬことは、よく生きた証ということか?

56 :大人の名無しさん:03/04/24 14:45 ID:a5392I9F
生まれ変わり見たいのが本当にあるのか知らないけど、それで思い出した。
「人生どれだけ得するか。自分が気持ちよければいい、結局みんなそれが本音でしょ。人生一回きりなんだから」
と公言して、自己中な行動ばかりとる奴が会社にいて鬱になる。
やりたくない仕事は「あ、俺逃げるから」「俺やる気ないから」無理にやらせるとわざと酷い仕事をする。
上司は事なかれで見てみぬふり。
いちばん呆れたのは「東京に大地震が起きたら、倒壊した家に入って色々盗めるねw」と言ってた事。
しかも来客にまでその話をして客が絶句してた。

57 :大人の名無しさん:03/04/24 23:43 ID:CkwJ5hAq
深層心理どころか、死ぬのが怖い時は「生きる意味が分からない」ということに
ついてはっきり考えているなあ。
最近は「意味なんか誰にも与えられない」「考えたってわかんないもんなあ」と
諦めてきてますが、深いところでは「絶対的な存在意義(理由)がない」ことに
緩やかな絶望を持ってはいます。

58 :KZ:03/04/25 00:25 ID:wGewBKb7
「前世療法」を読み終えました。20日の晩にはおびえていた私が
すっかり癒された感じがして不思議な気分です。この2ちゃんねるで
紹介いただいた書籍は結構売れている本のようです。
私と同じ悩みをお持ちの方はぜひお読みください。
ただ人生が何度もあるから、傍若無人にふるまっていいとか、自殺しても
かまわないというのは違うと思います。
単純に輪廻転生を信じるわけではありませんが、この本を読んで肩の力が
抜けたような気がします。周囲の人皆に感謝したい気分です。

59 :35:03/04/25 01:42 ID:bFi/p4PL
KZさん、それはよかったです。
もし輪廻転生が本当にあるのだとしたら、はるか昔に別の土地で、別の名前をもって生きていた
ということになるわけですから、とても不思議な気持ちになります。何かドラマチックですよね。

60 :大人の名無しさん:03/04/25 02:35 ID:BkKowzP9
人生一度だから自分が得したいってこと?
哀れな奴だなそいつは

61 :60:03/04/25 02:39 ID:XU5SHAmm
>>56のことね

62 :大人の名無しさん:03/04/25 22:20 ID:5fDWotAE
KZさん 少し気持ちが落ち着いてよかったです。
閉所・高所恐怖は幼少時のトラウマに原因がある時もありますが、
心当たりはありませんか?
精神分析や催眠療法で効果があるかもしれません。

63 :KZ:03/04/26 21:59 ID:UbHbtS9R
紹介いただきました「前世療法2」も読み終えました。
不思議な感動でいっぱいです。家族友人知人を含め、縁というものの
幸せをしみじみ感じております。
魂も進化するというマスターの話もなんとなくですが理解できるような気
がします。宇宙を含めたこの世というのは遙かに想像を絶した複雑なもの
なのかもしれません。私の稚拙な質問にお答えくださった皆様、ありがとう
ございました。また迷ったときはお力添えくださいませ。
心よりご多幸をお祈りしております。

64 :KZ:03/04/28 22:26 ID:1IFZeIfu
思うところがあって、googleにて前世療法を検索したところ、
五千件を越すHPがあり、びっくりしました。
ゆっくり読んでいこうと思います。

65 :35:03/04/29 02:32 ID:kY/q4STH
KZさん
実は以前知り合いに「前世療法」を薦めたところ、本人が非常に衝撃を受け、
自分の前世を探るためにセラピーを受けに行きました。
その人は家庭のことでとても悩んでいて、自分の生きる意味を見失って苦しんでいました。
自分と夫の関係が前世にも関係しているのではないかと思ったようです。
でも、本にあるようにはっきりしたビジョンは見えなかったそうです。

「前世療法」著者のHPです
ttp://www.brianweiss.com/


66 :大人の名無しさん:03/05/03 23:00 ID:WWm4I5iz
そんな不安持っているとは。
俺なんざ、低所得自営・貯金資産なし・独身だが
全然不安がないのだが。

67 :大人の名無しさん:03/05/03 23:02 ID:j6iBkJcQ

http://www.piss-girls.com/7221621/j025.jpg




68 :大人の名無しさん:03/05/03 23:25 ID:4hgs7hQ7
>>66
精神が豊かな人でつね

69 :大人の名無しさん:03/05/03 23:44 ID:to78UQWy
一家の話題で「幽霊」を話していたとき、ばーちゃんが、
「死んだ人がもう一回出てきてくれるなんて、なんちゅう素敵なことやろう。
何を怖がってるんやろか?
いや、わたしもな、じいさん出てきたら、言うことあるねんけどなあ、わはは」

これで少し、死後への恐れが軽くなった。

「いやでもわけもわからず、死ななければいけない国があるんですよ。
自分の死の意義を考えられる、それは妻や子のためでも、他のためでも、
何でもいいんです、それは幸せなことですよ」

知り合いの自衛隊員に聞いた話で、ちょっとだけ考えた。

死が怖くないわけがない、でも、ある意味前向きに考えられるきっかけになった。

70 :大人の名無しさん:03/05/03 23:53 ID:yH8f3Oqz
オセロに例えて、自分が生まれてから記憶がある周りの知ってる人、また知ってた人を
思い浮かべる。近所の人、親戚、知り合い、家族。。。

まだ生きてる人を白とし、死んだ人を黒とする。

だんだん黒が増えてくる。。。あー鬱だ。。。

あっ、なーんだっ、そうだ、これからどんどん知り合う人を増やせばいいんだ。
そのうちの一人が、わが子、そのわが子の子、そのまた。。。。






71 :大人の名無しさん:03/05/04 00:23 ID:00yKTvVV
人間は産まれながらにして死刑囚

72 :大人の名無しさん:03/05/04 00:33 ID:9AynHN3c

★一重★目が細いか小さい★目頭がほとんど無い★ツリ目かトガリ目★
★ヨリ目★眉毛がかなり薄い★目と眉毛の間が広い★ハの字眉★
★肌が茶色い★ヒゲが薄いか生えない(男性限定)★
★スネ毛など体毛が薄いかほとんど生えない★歯が大きい、または出っ歯★
★頬骨が強く張っている★彫りが極端に浅く、起伏に乏しい★
★うりざね型の面長★絶壁頭(過短頭)★


以上のうち4つ以上該当すれば朝鮮

73 :大人の名無しさん:03/05/04 01:24 ID:gUbC+J9M
そうそう、重大な病気が怖いというパターンの恐れ方は心気症というのだ
そうですよ。

74 :大人の名無しさん:03/05/04 01:58 ID:EzwcKdlJ
老人介護の仕事をしてるから、死を身近に感じることが多い。
だけど私にとっていま一番恐いのは、痴呆である。あと 身体の
自由がきかなくなっても、意識だけはっきりしてなかなか死ね
ないこと。。。

75 :大人の名無しさん:03/05/04 02:08 ID:tprFyFSh
死んだらどうなるのか?輪廻があるのか?ってのは判らないけど、
死んだ人の魂?っていうか、そんな感じのものは存在すると思うんだよね。
若くして亡くなった友達や、お祖父さんお祖母さん、お世話になった人達が
自分を見守ってくれているって感じをよく受けるよ。

こんな事書いてるとデムパさんっぽいけど、
きっと自分が死んでも全てが無になる事なんてないと思う。
色んな人が自分を見ているんだから、胸を張って太陽の下を歩けるよう、
人の道に外れたような真似だけはしないように生きていかなきゃなって思うよ。

76 :大人の名無しさん :03/05/04 02:14 ID:b7VbuQp3
>>1
「生きがいの創造」を読むのがいいでしょう

77 :大人の名無しさん:03/05/04 02:41 ID:2epnHyFz
死を恐れることはない。

それが訪れたとき、もうあなたは存在しないのだから。

78 :大森 ◆jgoMORIoLI :03/05/04 02:44 ID:zLsMdW3N
いつか死ぬって言われても怖くないけど
存在が消滅するって言われると怖いね

79 :大人の名無しさん:03/05/04 04:18 ID:Fuw8SdBz
病気であと1年とか期限がわかればいいけどさ、いきなり事故で死んだら
きついな。
日記とかいろいろ見られたくないものあるから。
今のうち処分しておくか。

80 :大人の名無しさん:03/05/04 06:44 ID:eT9BlUiD
生まれる前を想像すれば良いんだよ。

81 :大人の名無しさん:03/05/04 19:35 ID:joRhfDVo
苦しまないのだったら死は恐くないな。

82 :大人の名無しさん:03/05/04 19:37 ID:iahs8DtA
確か幼稚園の頃、人はいつか
死ぬということを知り、死ぬとは
どういうことかとものすごく恐ろしく感じた
ことがあった。

83 :大人の名無しさん:03/05/04 20:13 ID:cIqeUr/Z
俺も最近、特に「死」を意識しだしたなぁ。
今あるパソコンとかソフトとか、結構お金つぎ込んでるから(自分でそう思ってるだけ)
あと、バイクに乗ってるので、死んだり怪我したりしたら年老いた両親を
悲しませるんやろうなぁ(独身なもんで)
でも、死んだらどこに行くってことは、考えたことがない。

84 :大人の名無しさん:03/05/04 20:19 ID:VZxVr0yO
私は生きた そして消える.
 
 映画A.I.のロボットジゴロ、ジョーの言葉だ。
 シンプルでいー台詞を言ったので漏れはヤシのファンだ。

85 :大人の名無しさん:03/05/04 20:39 ID:ubWhVHBv
映画A.I.は、哀しい内容だった。
ラストなんかも涙がとまらなかった。

86 :大人の名無しさん:03/05/04 21:11 ID:VZxVr0yO
私は生きた そして消える.
 
 ジゴロのジョーは喜怒哀楽を見せずに無表情に言ったわけ。
 我々人間が淡々と同じ台詞を言えるようになるのはあと
 どれほどの時間が必要なのだろうか?
 まあ、喜怒哀楽を感じたくて今の人間は人間になったんだ
 ろうけどね。




87 :大人の名無しさん:03/05/04 21:33 ID:RnErTgy8
人間以外の生き物はそれなりに淡々と死ぬと思われ。
人間と同じ意味では死を理解していないだろうから。

>>74
確かに、具体的な死を見ると、死そのものより死に方が怖くなるね。
死に方は生の一部だから、死そのものより身近な問題だし。
眠るように死にたい。

88 :大人の名無しさん:03/05/04 22:39 ID:myB9dROM
木更津キャッツアイっていうドラマを見るといいと思う。

89 :大人の名無しさん:03/05/04 22:54 ID:KiHIAcI1
スレ読んでて、仏教の論争を思い出した。
こういうのが原点となって、宗教ってできるのかね。

まあ、なんだ。今日生きてたから、良しとしよう。おやすみ。

90 :大人の名無しさん:03/05/05 02:18 ID:JHXXJuru
なんという、はかない人生!
毎日をせいいっぱいいきましょう。


91 :大人の名無しさん:03/05/05 02:48 ID:7NiWmz9H
私も>>1と同じ事を小学校の時に考えて怖かった
また同じ事考えたらと思うと怖い
脳みそが考えないようにしてるみたいな気がする

92 :大人の名無しさん:03/05/05 20:40 ID:t/jNsFv5
若葉の季節に想うようになった、新たな生命の息吹は素晴らしい。
・・・なんちて。


93 :大人の名無しさん:03/05/05 20:46 ID:t/jNsFv5
>人間以外の生き物はそれなりに淡々と死ぬと思われ。

人間も変化してるみたいよー.


94 :大人の名無しさん:03/05/05 20:56 ID:XfOhOiG+
この前黒沢明の「生きる」をビデオで借りて見ました。ちょっと元気に
なりました。この世の中に自分がいた証を残すこと、それがどんなに小さな
ことであっても。死への恐れを忘れるくらい、一所懸命生きること。それが
大切なのではないでしょうか。

95 :大人の名無しさん:03/05/05 20:59 ID:67NJyxEO
>>94
>この世の中に自分がいた証を残すこと
そういえば、俺若いとき、こんな事考えてた。
思い出させてくれてありがとう!
ちょっと悩んでる事があったけど、頑張る!

スレ違いスマソ

96 :大人の名無しさん:03/05/06 23:05 ID:/63mlTLe
幼稚園になる娘が、最近、わたしもおばあちゃんになるの?
と、聞いてきます。いつかはね、と返事すると泣き出します。
パパやママは、どうなるの?とも聞いてきます。
ずっとそばにいるよ、と安心させます。
子供には長生きして欲しいと心から思いますね。

97 :大人の名無しさん:03/05/06 23:19 ID:F7gk8E8g
ああっ、こういうのって自分の事以上に困るかも・・・

親とか配偶者が自分より先に死ぬというようなシチュエーションで、
死ぬ辛さとか怖さを切々と訴えられたら自分はどうしたらいいんだろう、
と思うことがあります。
今年母が入院し、大した手術ではなかったのですが、術後の苦しみを
訴えられた時には本当に困りました。

98 :大人の名無しさん:03/05/06 23:56 ID:e0/ATEu3
元・日本陸軍のじいちゃん、
空襲の下を、親父の手を引いて生き残ったばあちゃん。
戦争が終わって、一家の誰も死ななかったことは奇跡に近い。

あまり、戦争の体験を話すことはなかったじいちゃんだが、
「家族揃って生きられて、順番に死ねるほど幸せなことはないぞ」と、
あの世に旅立つ前、話していたことが忘れられない。

すまない、レスにならなかったか。

99 :大人の名無しさん:03/05/07 00:26 ID:3u1WhEEs
うちの婆さんは、宗教に凝っていて死ぬのなんて、なんともないと
常日頃言っていた。しかし3年前ころ入院すると検査等でつらく、
病院から抜け出したいと愚痴ばかり言っていた。
やはり、病気がよほどつらかったのだろう。今は元気だが。

100 :大人の名無しさん:03/05/07 00:48 ID:yS1ymhJj
>>74
私も同じ考えです。
だから、あっさり死ねたらとても幸せだと思っています。
でも、死は怖い。怖いのは、自分の死じゃなくて
両親や主人など、とても好きな人。
情けないし弱いとは思うけど、残されるのは辛いなぁ・・・

101 :大人の名無しさん:03/05/07 02:10 ID:h4AH0oxt
>>99
私の知っている限りでは、「死ぬのが怖くない」「死にたい」とか言ってる人
の方が死に際にじたばたするなあ。
「死にたくない」が口癖の爺さんは、死に際が潔かった。
十分生きて、あっさり死んだ、みたいな感じだった。病死だけど。

102 :大人の名無しさん:03/05/07 20:39 ID:GtmEm1Ah
前世を覚えている人なんて、いるんだろか?

103 :大人の名無しさん:03/05/07 21:02 ID:gRdzFvkx
私も、この主旨のスレを立てようと思っていたところでした。

死ぬことが本当に“死ぬほど”怖いのです。
自分が死んで、焼かれて灰になった後でも、
この世の中は何事も無かった様に淡々と続いていくんですよね。
そして、いろんな人物が出現して、いろんな文化が生まれていくんですよね。
自分はそういった事に触れられずに、無になっているのかと思うと、
たまらなく怖いのです。
自分の子供と遊んでいるときも、この子が自分の葬式をしてくれて
骨を拾ってくれるんだな、とかそんなことばかり考えてしまいます。
今34才だから、長くてもあと50年。
死は皆に平等に訪れるというけど、本当に本当に怖いのです。

104 :大人の名無しさん:03/05/07 21:48 ID:TngeAmBs
死は怖いです。正直怖いです。
でも、何かしたからといって死から逃れられるでしょうか?
死は、私が望まなくても、むこうから勝手にやってきます。
時には対向車線から車の形をとって。時には自分の体のなかに病気という形をとって。
様々な死が、私達の傍らにうずくまっています。そして、それから逃げることはできません。

ですが、その恐怖に飲み込まれて、生の楽しみを忘れる方が、私は恐ろしい。

私は今生きている。生きているからこそ出来ることを自分なりに精一杯すればいい。
私は、生きます。生を楽しみます。そして死を恐れます。

おやすみなさい。

105 :大人の名無しさん:03/05/07 22:13 ID:PFoiA5Fc
そろそろ人間が死ぬって事がなくなるんじゃないか…
…なーんて少しだけ期待してみたりする。

でも、そんな薬や技術が仮に来年完成したとしても
一般人の私は手に入れる前に死んでしまいそう。
だけど子供たちの時代、本当に死が無くなってるかもって思う。

おやすみなさい。

106 :大人の名無しさん:03/05/08 00:51 ID:gdPRAYno
そうなんだよ。短いだけに、死を恐れることに費やす時間が勿体無い。

私も本当に死が怖いのですが、一方で「永遠(の命)」も恐ろしいなと
思います。リアルに想像すると、いつか自分が無になることと同じ位
恐ろしい。80年90年で死ぬ生き物だからその先を計画しなくてすんでる
んであって、永遠に生きるとなると、太陽の膨張とか地球の消滅とか
宇宙の消滅とか、とんでもないことまで心配しなくちゃならない。

そこまで行かなくても氷河期とか地球温暖化とか大気汚染の数百年後とか。
ああ、めんどくさい。つまるところ、人間は死にたくないというよりは、
300年くらい生きたいだけなんじゃないのかな。
あるいは若い時期があと50年くらいあるとか。


107 :大人の名無しさん:03/05/08 03:21 ID:7scjUHBL
俺も寝る時にふとそんなことを考えて、
叫びたくなるくらい怖くなることがあります。
けっこう昔からかな。
おんなじような思いを持つ人がけっこういるんで
おどろきました。

いろんな疲れがたまってくると、
死んだばあちゃんのことを思い出す。
逆に寝る時にそんなことを思っていると
疲れているんだなと自覚する・・・。

108 :大人の名無しさん:03/05/08 04:10 ID:ofQYiGME
>>105そういう小説あったよ。ナノマシンが細胞を新しくしてくれるの。

109 :大人の名無しさん:03/05/08 12:18 ID:2U3iX7zy
死が怖い人が増えたのは核家族化が進んだり、人が重病以外であまり
死ななくなったせいがあるらしい。

核家族だと若いうちに近親者の老いや死に出会わなくなる。
結核が死に至る病だった頃は若くても死ぬ人を身近に見たり、子供が
大きくなる前に死んでしまう確率なんかもそれなりにあって、当時の
人は「人は生きたり死んだりする」くらいの感覚で死を受け止めていた
・・・というようなエッセイを読んだことがある。

なんにしろ、自分とか命とかを大事に考えすぎるため、現代人の心は
ねじれているそうですよ。

110 :103:03/05/08 17:57 ID:VM5yHmGe
本当に人は生まれ変われるのだろうか?
だとしたら、私も以前は何らかの形で生きていたことになる。
でも覚えてないって事は、前世の記憶は消滅するようにできているのかな?
60を超えた親父がこの前、
「死んでも何かに生まれ変わるんじゃないのかなと思っている」と、
言ったとき、なんだかジーンときてしまいました。
いつか親父やお袋が死ぬときも来るんだよなぁ。
あんまり考えたくないです。


111 :大人の名無しさん:03/05/08 18:36 ID:UiGz5+P9
過労死を平気で出す国、それは日本
解雇者を出して残った社員にサービス残業やらせてるんじゃ
景気がよくなるわけないじゃん、ちゃんと取り締まらないでどうするよ?
      /        /       |    ヽ           \
 ∧ ∧/         /      |     ヽ          ∧\∧
( / ⌒ヽ        /         |       ヽ         ( / ⌒ヽ
 | |   |         /         |      ヽ           | |   |
 ∪ / ノ         /        |        ヽ         ∪ / ノ
  | ||   ミ    /            |           ヽ       / / /
  ヽ_)_)     ∧/∧         |        ∧ヽ∧  彡  しl_ノ
        ( / ⌒ヽ        |        ( / ⌒ヽ
         | |   |  ミ   ∧ |∧  彡    | |   |
         ∪ / ノ     ( / ⌒ヽ        ∪ / ノ
          | ||        | |   |         / / /
          ヽ_)_)      ∪ / ノ        しl_ノ
                   | ||
                   ∪∪
日本ロジテム(みずほの融資先)の子会社せいも素(みずほの融資先)
で過労による自殺者が出た。
http://www.samos.co.jp
http://society.2ch.net/test/read.cgi/traf/1046749189/l50
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/company/1046775680/l50

112 :大人の名無しさん:03/05/08 23:29 ID:r7SwUij7
>>1
死んだら亡くなった彼女と母親に会えると信じる事だな。楽しみじゃないか?
後は胸を張って会える人生を歩むこったな。君らのぶんまで精一杯生きたと

113 :大人の名無しさん:03/05/08 23:31 ID:uf+FkqOX
神経症だね
病院に粋なよ

114 :大人の名無しさん:03/05/08 23:32 ID:e0ljAphC
俺も生きがいの創造に一票
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569573142/qid=1052403818/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-5632788-3345906
文庫もあったかも。

生きる意味とか人間の存在とかについては、↓このシリーズもお勧め。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763193511/qid=1052404227/sr=1-4/ref=sr_1_2_4/249-5632788-3345906

死後の世界や輪廻転生が存在するかどうかは、ほんとに死なないとわかんないと思う。
でも、存在すると考えたほうが最も納得できる生き方ができる気がする。

この手の本をいろいろ読んで、全く死ぬのは怖くなくなった。
明日死ぬことになっても、それはそれでいいと思えるようになった。
でも、痛いのはイヤ



115 :大人の名無しさん:03/05/08 23:37 ID:IPptdxHu
「子供の頃の自分と今の自分」で考えると小さい頃からの連続的記憶が
あるにせよもう細胞はすっかり入れ変わってるし、性格や考え方だって、
変わらないところもあればすっかり変わってしまったところもある。

ある意味、昔と全く同じ自分というのは存在しなくて、常にその存在は
死んでいる(一瞬限りのもの)んじゃないかと。でも、今現在の自分は
そのことをそんなに悲しんだりしないよね。
生き死にや生まれ変わりって案外そんな淡々としたことなんでは。

116 :大人の名無しさん:03/05/09 00:22 ID:u52OGDAw
私も、すごい死が怖かった時があった。でも、テヅカオサムのマンガを読んだら
死なない人が出てきたんだよね。何百年たっても何千年たっても生きてるの。
それを見たら逆に怖くなっちゃった事があります。

今でも死ぬのは怖いよ。このまま子孫を残さずに死ぬのか、とかいろいろ考える。
でも、それが生存本能なのかもしれない。
だから、人はご飯を食べるし生きていこうとするのかもしれない。

117 :大人の名無しさん:03/05/10 01:36 ID:dUzgy+ae
>>115
なんだかすごい。
目から鱗ポロポロって感じだ。ありがとう。

話変わるけど、戦争が終わった事を知らず最後まで戦い続けた日本兵
小野田寛郎さんが帰国後に書かれた「たった一人の30年戦争」って本の中で、
戦前、日本人は命を惜しむなと教えられ、死を覚悟して生きていたが
戦後は命を惜しまなければならない時代になった。
死を意識しないことで日本人は生きることをおろそかにしていないか?
と書かれている。

すごく考えさせられる言葉でした。


118 :大人の名無しさん:03/05/10 01:53 ID:VM1jIYTy

★一重★目が細いか小さい★目頭がほとんど無い★ツリ目かトガリ目★
★ヨリ目★眉毛がかなり薄い★目と眉毛の間が広い★ハの字眉★
★肌が茶色い★ヒゲが薄いか生えない(男性限定)★
★歯が大きい、または出っ歯★スネ毛など体毛が薄いかほとんど生えない★
★頬骨が強く張っている★彫りが極端に浅く、起伏に乏しい★
★うりざね型の面長★絶壁頭(過短頭)★


以上のうち4つ以上該当すれば朝鮮

119 :大人の名無しさん:03/05/11 00:38 ID:qhlfU8Vq
>>100
好きな人が死ぬことを考えて夜眠れなくなっちゃうってことがありませんか?
配偶者とか子供とか。
子供の場合、虐待されてるのを想像しただけでも眠れなくなっちゃいます。
誘拐されたらとか、なんか悪いことばっかり考えちゃう時があります。
こんな私はメンヘル板に行くべきなのかしら?

120 :大人の名無しさん:03/05/11 21:34 ID:A4aWadAn
>>119
楽しいことを想像したら?

121 :大人の名無しさん:03/05/11 21:37 ID:w5C4vIm2
朝起きるの( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!

122 :大人の名無しさん:03/05/11 21:48 ID:XuwazhJ+
>117
全部がそっくり入れ替わっているわけじゃないさ。
一生変わらない部分も多い。

123 :大人の名無しさん:03/05/11 21:55 ID:w5C4vIm2
>>117
小野田さんの本で、就寝中にでかい蟻に鼓膜食い破られる話が
今でも忘れられん(w


124 :大人の名無しさん:03/05/12 09:41 ID:7H2AAUBs
>>123 そんなこと考えたら怖くて夜寝られません(W

125 :大人の名無しさん:03/05/15 19:33 ID:YGzPoYe1
前世を覚えているひと、います?

126 :大人の名無しさん:03/05/15 19:58 ID:K7JG7ifx
俺さぁ〜小学校3年生ぐらいの頃、人間が死ぬという現実を(特に親兄弟)脳内で受け入れられず悩みまくった思いでがある。

127 :大人の名無しさん:03/05/15 20:01 ID:3vsQw/tA
>>125
昨日のこともよく覚えていませんよ

128 :大人の名無しさん:03/05/15 20:33 ID:1deZ/Lhd
>127
俺は、昼飯何食ったかも覚えていないな。

129 :103:03/05/15 22:00 ID:cnvIi310
自分が焼かれて骨になって骨壷に入れられる日が来るかと思うと、本当に怖い。
最近そんなことばかり、神さんに言ってるから、いいかげん呆れられてます。
私もここで紹介されている本を読んで、よりどころを見つけたいと思います。
こういったところから、宗教は生まれるのでしょう。


130 :大人の名無しさん:03/05/15 22:06 ID:v2mAZ6pP
骨壷に入れてもらえるとは限らないから落ち着けよ。

131 :大人の名無しさん:03/05/16 01:10 ID:EL+ritAo
夏が近づくと、母と弟の冥福を祈ります。
天国か、あるいは、うまれかわって今の世にいるなら
幸せに過ごしていることを・・・。


132 :大人の名無しさん:03/05/18 00:44 ID:NtBY/QyJ
輪廻転生って、ホントか

133 :195 ◆IyApGKf56Q :03/05/18 00:53 ID:4fKlVwtr
この悠久の時間の中での自分のこの世界での立場と役割を認識しているインディアンは
死は悲しいが恐ろしくない、といっているぞ。うんうん。そのとおりだ。


134 :大人の名無しさん:03/05/18 00:55 ID:RWtG0NLt
>>1
死は万物に訪れる。

135 :大人の名無しさん:03/05/18 01:37 ID:NtBY/QyJ
こう考えると、年配の人達は偉いな。
皆、取り乱さず、たんたんと死を向かいいれている・・・。

136 :大人の名無しさん:03/05/18 02:33 ID:fWZg7Z0U
夜間透析から帰ってきて4時間・・眠れないので書き込んでいる。
先週も隣のベッドのおっさんが出て行って帰ってこなかった。
目の前に緩慢ながらゆっくりと死が近付いてきているのがよくわかる。
意識したら、多分、どこか狂うだろう。だが、それでも今は生きている。
また朝になれば・・。単純な日常の反復でさえ生きる意味になる。
少なくとも今の俺にはこの眠れぬ時間さえ生きている証に思える。


137 :大人の名無しさん:03/05/18 02:57 ID:NqTz6DZI
>>135
本当にそう思います。
年を重ねると、そういう心境になれるのでしょうか。
死への恐怖は、比較的に元気で若いうちだけに感じるものなのだろうか。
だとしたら、人間とは、うまく出来ているものなんだな。


138 :大人の名無しさん:03/05/18 03:10 ID:Tmu0c7bz
>死への恐怖は、比較的に元気で若いうちだけに感じるものなのだろうか。
そんなことはないよ。
死んだ爺さん、80歳の頃、毎日のように「死にたくない」って言ってたもん。

そうは言っても、突き詰めて考えるのは比較的若い時か、本当に死が迫った時
だけでしょう。多分、年取ってくると中途半端なリアルさに耐えられなくて、
上手に逃避しちゃうんだと思うよ。

139 :大人の名無しさん:03/05/18 08:13 ID:Vuai5IBR
あのさー、ナルで楽しんでないで眠剤でも飲んでさっさと寝たら?

140 :大人の名無しさん:03/05/18 08:25 ID:kT4yTqYj
眠剤飲みすぎてそのまま朝が来なかったらどうしよう?!
と思うとおちおち寝ていられません。

141 :大人の名無しさん:03/05/18 08:30 ID:Vuai5IBR
>140
最近の民財はそんな効き方しないが、
そうしていたいなら一生してれば?

142 :大人の名無しさん:03/05/18 11:34 ID:SWzP9WaL
休み前の夜くらいどうしてようと個人の勝手では。
学級委員のおこちゃまか?

143 :103:03/05/18 16:32 ID:i6Rsnta3
生きがいの創造を買ってきました。
まだ最初の方しか読んでないけど、心の拠り所になってくれそうな予感がします。


144 :大人の名無しさん:03/05/18 19:42 ID:p8TyVyon
「いきがいの創造」って何の本?ですか

145 :大人の名無しさん:03/05/18 20:00 ID:vRURIiQl
100円で買える本です。

146 :大人の名無しさん:03/05/19 20:16 ID:fWA64Vro
魂のルフラン

147 :のら猫:03/05/19 20:48 ID:NB7EzbuE
死ぬなよ。
貴方も猫飼えば?可愛いよ。

148 :大人の名無しさん:03/05/19 20:51 ID:HyncAO6U
ぐるる

149 :大人の名無しさん:03/05/19 23:37 ID:7DDFxUS1
私は年がまだ一桁の時から夜眠る前、
このまま目が醒めなくなればいいと思い続けています。
夢も希望もない日々でしたから・・・・
それが今も続いています。もう三十年以上も毎晩同じ
ことを考え続けている・・・それだけで虚しいし、
生き恥さらして惨めですが、死ぬ度胸すらない。
誰か人に迷惑かけない方法で始末しに来てくれないかと
考えていますが、それもいい加減疲れてきました。
もうどうでもいいやとこの頃は思い始めました・・・

150 :大人の名無しさん:03/05/19 23:39 ID:n7EcQs1R
--------●○●別れさせ屋●復讐代行業務●○●----------

●騙された・裏切られた・弄ばれた・逃げられた・捨てられた・
相手に誠意が無い・異性問題・家庭内暴力・不倫疑惑解明・人間関係・金銭トラブル★
●  http://www.blacklist.jp/i 【ファイルにコピーして開いて下さい】
別離工作・情報収集・トラブル対策・ボディガ―ド・等々!
●真剣にお悩みの方、安心してご相談下さい。解決へ導きます★
□■各種データ・電話番号調査・住民票・戸籍謄本など調査■□
ジャンプしない場合にはファイルにURLをコピーして開いて下さい★☆★
●  http://www.blacklist.jp/i  ●別れさせ屋・特殊工作・調査全般
●  http://www.blacklist.jp/   ●復讐代行・人生相談・駆け込み寺
--------------------------
リンク⇒ http://okudaira.co.jp 殺人事件簿!!!●●●


151 :大人の名無しさん:03/05/19 23:44 ID:QyUjT7PK
生きていくって辛いね。
それこそが、修行なのだね。
修行の暁にあるものはなんだろうか・・・・?

152 :大人の名無しさん:03/05/19 23:51 ID:S6TFC0wI
俺は「死」そのものより、自分の死後に色々な秘密がバレるのが恐い。

153 :103:03/05/20 21:23 ID:jj68+NVI
>151
そうかなぁ。
私は肉体が続くなら500年でも1000年でも生きたい。
皆さん、1000年後の世界をそーっと覗いてみたいなんて思ったことないですか?
例の本によると、私もその頃に生まれ変わって生きているかもしれないのですね。

「私たちはかつて前世を生きたことがあり、おそらく、来世もまた生きるだろう、
そして今回の人生は、永遠に続く鎖の、ほんの一部でしかない」

154 :大人の名無しさん:03/05/20 21:59 ID:G0Y1XXr2
真偽はきっと死ななきゃわからないのだろうけど
「私たちはかつて前世を生きたことがあり、おそらく、来世もまた生きるだろう、
そして今回の人生は、永遠に続く鎖の、ほんの一部でしかない」
このことばにとても惹かれてしまいます

155 :103:03/05/20 22:13 ID:dacNDO/n
>154
私もその言葉にやられてしまいました。
俗な言い方ですが、宗教の始まりを感じてしまいました。

156 :大人の名無しさん:03/05/20 22:58 ID:pwkfrCkg
つーか、来世がないとして。
おれらは、どこから来たのか?もちろん肉体は
両親からできたのだけど。

157 :103:03/05/20 23:14 ID:dacNDO/n
>156
そういったことを考えると、本当に気が狂いそうになります。
私はどこから来たのだろう、子供はどこから来たのだろう、地球はどこから来たのだろう。
宇宙の果ての果てはどうなってるんだろう。無限なんてことがあるのだろうか。


158 :大人の名無しさん:03/05/20 23:54 ID:TwI5wf6X
死ぬもよし 生きるもよし 全ては神の思し召しです

159 :大人の名無しさん:03/05/21 00:06 ID:zs5rK7oy
1秒1秒死に近づいてるからなぁ〜

160 :ギコ ◆kXGIKOqpx2 :03/05/21 00:23 ID:Fu0o7Bhp
そろそろたばこ辞めようかなぁー。肺ガンって苦しそうだし。
平均寿命 男子77.72歳 女子84.60歳
そろそろ折り返し点だなぁー。
http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/stat/stat11.html#e

161 :103:03/05/21 01:04 ID:DalnWePH
>160
折り返し地点というのもポイントですね。
今まで生きてこれた時間より、これからが短いと思うと・・・。
悲観的なレスばかりですみません・・・・。

162 :大人の名無しさん:03/05/21 01:17 ID:sjlR/6g4
同じ事をよく考えるので気持ちは分かるけど、折り返し地点くらいで
じたばたしていたら、終末間近ではどんなノイローゼになってしまう
ことやら。

163 :103:03/05/21 01:28 ID:DalnWePH
>162
>折り返し地点くらいで
そう思えないから、困ってるのですよ・・・。

164 :大人の名無しさん:03/05/21 09:02 ID:ikCqM1HM
そう考えると、年寄りは凄いなあ。
よく発狂しないでいられると感心しますね。

165 :大人の名無しさん:03/05/21 09:07 ID:fl+AJLNV
発狂って・・・でも、彼女たちは安定剤を飲みまくってる!

166 :大人の名無しさん:03/05/21 09:16 ID:bMy7Ejai
死にたくないと思う気持ちは気力、体力が充実してないと出ない。
だから、病気が続いたり、精神が病んでくると簡単に自殺しちゃう。
死ぬのが怖いのは、健康で人生それなりに充実している証拠なんだよ。
オマイらみんな幸せ!

167 :大人の名無しさん:03/05/21 10:22 ID:fl+AJLNV
死ぬのが怖くて眠れないってのは毎晩自分の死に様を考えているのか?
窒息して死ぬのが1番いやだな
苦しそう。

168 :大人の名無しさん:03/05/21 10:28 ID:8imyzzXF
高いところから落下すると5〜10秒後には確実に死ぬ。
落ちない人は、それが80年に延びてるだけ。

169 :大人の名無しさん:03/05/21 12:00 ID:EeF5B4Ca
●ファーマペディックス・セラピューティック・コントアー・ピロウ●
おすすめ枕を紹介します。
背骨の負担を和らげ一晩中、正しい姿勢をキープします。
アメリカNASA公認のこの素材は宇宙飛行時にかかる
過度の圧力(G-force)からパイロットを守るために開発された物です。
http://www6.ocn.ne.jp/~beauty-s/beauty-sonota2.htm


170 :大人の名無しさん:03/05/21 12:13 ID:RlqshqED
肺癌患者の最後は凄いぞー。
俺、父親をこの病気でなくしてる。。

171 :大人の名無しさん:03/05/21 21:09 ID:tymwcIEc
酸素不足は怖いな。(((((;´゚Д゚`)))ガクガクガク

172 :大人の名無しさん:03/05/21 21:12 ID:XpNLNIks
リストカットする香具師ってすごい根性あると思う。
血圧が下がり、貧血状態になり、脈が遅くなって行く。
その時の苦しさって無いと思う。しかし、彼らにとってはそれが快感なのだろうあか?

173 :大人の名無しさん:03/05/21 21:33 ID:GDz8QJCg
>>157
>>そういったことを考えると、本当に気が狂いそうになります。

本を探して読めばいいじゃん。
良書はたくさんあるわけで、子供じゃないんだから
厨房のようにデンパだのカルトだのって言葉に捕まらない
ようにすればよいだけのこと。
信じられる、ではなくて「知っている」と主張する人も
続々と増えているわけでさ。

174 :173:03/05/21 21:36 ID:GDz8QJCg
すれ違いだけどコピペしておくね、自分で判断してちょ。

---------------------------------------------------------
##カルトの見分け方## (某ホームページより無断でコピーしました。ありがとう!)
必ずしもカルトが以下のすべての特徴を有しているわけではありませんが、その大部分が当てはまるなら、カルトと考えて差し支えないと思います。
1.真理はその組織に占有されており、その組織を通してのみ知ることができると主張する。
2.組織を通して与えられた情報や考え方に対しては、疑ってはならない
3.自分の頭で考えることをしないように指導する
4.世界を組織と外部とに二分する世界観を持つ
5.白黒を常にはっきりさせる傾向が強い
6.外部情報に対して強い警戒感を与え、信者の情報経路に様々な制限を加える
7.信者に対して偏った情報、偽りの情報を提供することがしばしばある
8.組織から離脱した人間からの情報に接することを禁じる
9.家庭や社会との関わりで多くのトラブルを生じている
10.社会からの迫害意識を持ち、それをかえってバネにする
11.外部に対して正体を隠す傾向がある
12.生活が細部にわたって規定される
13.組織が信者の生活のすべてになっている
14.共同体内部でのみ通用する言葉を多く持っている
15.組織からの離脱について極度の恐怖心を与える




175 :103:03/05/21 22:05 ID:9fymPH1O
>>173
いろんな説を唱えてる人は、いくらでもいるのは分かってるんだけど、
それは個人的な主張であって、結局のところ真理はわからないじゃない。
本当はどうなってるんだろうということを考えると、気がふれそうになるよ。
これが解決されることはないんですけどね。

176 :大人の名無しさん:03/05/21 23:10 ID:IM3JBQ+i
解決しないことを考えてばかりいるのは無駄だと思うよ。
だって絶対わかんないもん。

肺癌は辛そうって私も思ってたんだけど、昨年肺癌でなくなった叔父は、
結構ソフトランディングって感じの死に様だった。
同じ胃癌でも祖母は地獄の苦しみだったけど、祖父は眠るような最後。

なんとなくなんだけど、風邪で死ぬのが一番苦しいような気がする。

177 :山崎渉:03/05/22 00:48 ID:isqHxWKC
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

178 :大人の名無しさん:03/05/22 10:18 ID:kP/WYNEd
生きろ!

179 :大人の名無しさん:03/05/22 12:57 ID:/ushMqTN
103さんは一度心療内科に行った方がいい。
「心気症」か「強迫神経症」の一種だと思います。

180 :103:03/05/22 17:29 ID:lpggVEoq
>179
それは的外れのレスですよ。
私は対処法の相談に来ているわけじゃないのだから。
自分が共鳴するスレが立ったから、参加して語り合いたいだけなの。
こういう話題を考えると“気がふれそう”、という表現がまずかったかな。
こういう話題に“興味がある”と直します。


181 :大人の名無しさん:03/05/22 20:30 ID:xnriIcxA
>>103
>>それは個人的な主張であって、結局のところ真理はわからないじゃない。

臭すぎる言葉だけどあえて書く。おまいが真理だと想ったこと考えたこと決めたことが真理。
それともなにか?宇宙の針の先っぽ的な地球の存在する銀河的スケールを基盤とした視点から
の真理を知りたい!とでもいいたいわけ?

・・おまいさ、いま人間なんだろ。


182 :103:03/05/22 21:07 ID:lpggVEoq
>181
貴方は、私の言ってる事がよく理解できてないみたい。
まあ、そんな気にしないで下さい。


183 :大人の名無しさん:03/05/22 21:18 ID:4a6GwgBv
しかし、死が恐くて眠れなくて、睡眠不足で死んだ香具師の話しは聞かないな。
まあ、しかし、実際には脳溢血とかクモ膜下出血とかで死ぬわけだから、死が
怖くて眠れなくて死んだという報道はされないだろう。実際に死が恐くて死ん
だ香具師もかなりの数に登ると思われます。誰か調査してください。


184 :103:03/05/22 21:20 ID:lpggVEoq
>183
死が怖くて、自殺するというのも不思議な現象ですね。

185 :大人の名無しさん:03/05/22 21:27 ID:T/Kha63N
死ぬのは怖くないがそれに伴う痛みと不安が怖い。だから即死が(・∀・)イイ!!

186 :大人の名無しさん:03/05/23 01:09 ID:yiwgSMWm
対処法の相談でなくても、そればかり気になるのは「病気」として
確立していて、死の恐怖以外の要因が関与してる場合があるから
調べた方がいいんだけどね。

あなたがよくても、そんな話ばかりされる家族はかなり嫌だろうと
思うし・・・
「貴方は、私の言ってる事がよく理解できてない」とか、少し言い草
が自己本位ではないですかね。

187 :大人の名無しさん:03/05/23 01:46 ID:PomaHRGD
いずれ、皆死ぬのですから、仲良くしましょう。

188 :大人の名無しさん:03/05/23 09:21 ID:ImpQx3sn
>>187 賛成です。
死ぬ前しか仲良くできません。

189 :大人の名無しさん:03/05/23 14:31 ID:4Vlg1NiX
>死ぬ前しか仲良くできません。
それ、最近親についてよく思う。
自分の死ばっかり気にしてる場合じゃないよ。

190 :大人の名無しさん:03/05/23 16:03 ID:JrKt0aYq
有り難いのは、親。
先に死んで、導いてくれる。
うちには、母が昔死んだが、母に会えるとおもえば、
そんなに死も怖くない。

南無阿弥陀仏。

191 :103:03/05/23 20:16 ID:FQL+MW3E
>190
その気持ち、よくわかります。
そういう風にして、死への恐怖が次第に薄らいでいくのかもしれないですね。

192 :大人の名無しさん:03/05/24 06:13 ID:tPp7woRs
>>2


193 :大人の名無しさん:03/05/25 03:13 ID:ZyjeBD/F
マトリクスによると、この世は幻だそうな。

194 :大人の名無しさん:03/05/25 04:06 ID:WZ3pVKgd
同じことで悩んでる人、結構いるなあ・・。
死後のことなんていくら考えても分からないんだから、
考えるの辞めろってことなんだろうけど、どうしても考えてしまう。
貴志祐介の「天使の囀り」って小説に死恐怖症の精神を記述したところがあって、
読むだけでかなり鬱になる。


195 :大人の名無しさん:03/05/25 09:13 ID:kIoUadxs
しかし、今こうしている間にも・・
死は確実に近づいてきている・・
耳を澄ませば、ほら、死の足音が・・

196 :大人の名無しさん:03/05/25 11:36 ID:LAq8XCOS
いまいち恐怖感を煽らない文章だな。2点。

197 :大人の名無しさん:03/05/25 11:51 ID:VVfogXt4
何が怖いって時間が止まるんだから、それは怖いぞー。
死んだら真っ暗で「何も見えないよ〜」ってな世界を漠然と考えてませんか?
その「考えること」もできない。
きゃー、考えることも出来ないなんて・・・よく考えるとこれが一番怖い。

198 :大人の名無しさん:03/05/25 11:54 ID:fzTJjQ16
怖いと思えないんだから怖くない

199 :大人の名無しさん:03/05/25 12:15 ID:Vv3VaS5E
結局、怖いのは死そのものではなくて「生きてる間に考えていること」
なんだよね。自分がいないってどういうこと??無って何??とか。
いざ死んだら、何にもなきゃもう分からない(本人にとっての恐怖は
そこで終わる)し、霊になって存在するとすれば考えることができない
恐怖はないし。そんだけ。

>死んだら真っ暗で「何も見えないよ〜」ってな世界
そんな大人はいないような・・・

200 :大人の名無しさん:03/05/25 12:50 ID:VVfogXt4
子供の頃、夏休みが待ち遠しくてねー
あれもしたい、これもしたいって。
でも、いざ夏休みに入ると、
無限の休み時間があるように思えて無駄に過ごした。
で、もうすぐ夏休みは終わり、宿題やらなくっちゃて時が来る。
思い返すと夢のように夏休みは過ぎていったなーと。
人生も夢のように過ぎてしまったなーと思う時が来るんだろなー。

霊なんて存在しないし、死後の世界なんてあーりゃしません。
この世は全て脳内の化学反応が見せているものです。
死んだら脳内の化学反応は停止してしまうんです。
あー怖い。

201 :大人の名無しさん:03/05/25 13:25 ID:AOlVhNne
ま、そういう意味では「生」そのものも所詮は脳内の化学反応というわけです。
生も死も同レベルの幻。せいぜいその化学反応を堪能しきりましょうや。

無限に思えて無駄に過ごすから寂しさも募るわけで、あー飽き飽き!もうお腹
いっぱい!ってくらい遊びましょう。

202 :大人の名無しさん:03/05/25 14:57 ID:tC3viINA
宿題が終わらないまま夏休みが終わる恐怖に近いかな?


203 :大人の名無しさん:03/05/25 15:00 ID:nta0UZw8
真剣に悩んだ末に
やれることをやるしかないと気づいたので
普通にしてるよ



204 :大人の名無しさん:03/05/25 15:34 ID:58JXv6Uv
死が怖いというけどさ、100年くらいで死ぬのは嫌だってだけなんじゃないの。
少し前のレスに500年でも1000年でも生きたいというのがあったけど、所詮は
そんなもんというか。

たとえば地球とか星々と同じ時間、50億年とか生きたい?想像つく?
無限ってことは1兆年生きても終わらない。
もしそんなに生きたら、自分が誰だったかということも忘れそうだ。
そうなったら、実存的な意味では結局「今の自分」は死んでるし。

205 :大人の名無しさん:03/05/25 15:45 ID:S9oJhkYS
つーか、来世がないとして。
おれらは、どこから来たのか?
もちろん肉体は両親からできたのだけど。



206 :大人の名無しさん:03/05/25 16:00 ID:VVfogXt4
今は死なんて想像できないけどね。
考えてるつもりで深く考えてないだろ?
それが医者に余命×ヶ月ですって言われたら
自分を見失うほどに(((゚Д゚;)))ガタガタブルブルになるだろね。
死の恐怖は本能だから無いほうがおかしい。
でも毎日だと話は別。
脳内神経伝達物質セロトニンが出すぎです。


    1さんへの回答です。

    SSRIを服用するとイッパツで治ります。




207 :大人の名無しさん:03/05/25 16:11 ID:EF90HEKi
>>1
そんな貴方にお勧めマンガ「僕の地球を守って」
少女漫画だが、怖いのは、死ぬことでは無く
一人になることだ!っと訴えております・・・


208 :大人の名無しさん:03/05/25 16:11 ID:VVfogXt4
事故レス。
セロトニンの働きが悪いのでSSRIやSNRIを服用することで治るっつーことで。

209 :大人の名無しさん:03/05/25 16:55 ID:M+fwveob
>それが医者に余命×ヶ月ですって言われたら
>自分を見失うほどに(((゚Д゚;)))ガタガタブルブルになるだろね。
実際に言われると、怖すぎて毎日は考えられないらしいよ。
ある程度若くて健康な時だけです。毎日ガクブルになれるのは。

昨日発売されたクロワッサン6/10号の高見澤たか子と林望の
対談はすごく参考になるかも。


210 :大人の名無しさん:03/05/25 18:56 ID:5/AjkGVS
今日初めて来ましたが、すごく良いスレでつね。
喪前も漏れもいつかはこの世からおさらばする。
漏れの親や親の兄弟はぎゃんで、漏れの歳+10〜15年、比較的若いときにこの世から消えている。
喪前ら、あと自分の寿命が15年だとすると、残された人生どうする?あいふる?

211 :大人の名無しさん:03/05/25 19:14 ID:6BI9x01m
生物としての寿命はさておき、ビジネスパーソンとしてのピークは
この10年くらいだと言う事を最近自覚しますた(当方フリーランス)。

以降、漫然と仕事をする(受ける)ということがなくなり、やれること、
やりたいことのリストも作って、実現への環境整備や進捗管理にもシビア
になりましたね。無限の夏休みへの安心感を放棄し、終わりを自覚して
いるはずなのに、なぜだか人生がものすごく輝きを取り戻し始めている
のをひしひしと感じます。

212 :大人の名無しさん:03/05/25 20:10 ID:JkIB/9il
>207
>少女漫画だが、怖いのは、死ぬことでは無く
一人になることだ!っと訴えております・・・

もっともな話ですけど、ルバング島から生還した横井さん
だってひとりでいたのは数年かんなわけで。
ある種の孤立化をすることになぜそんなにも怯えるのかと小一時間(以下省略)



213 :103:03/05/25 20:30 ID:ojN42F6n
死は皆に平等に訪れる。
私にも、友部正人にも、甲元ヒロトにも、森高千里にも、忌野清志郎にも、
鈴木宗雄にも・・・・・なんてことを考えたら少しは気が楽になるかな、
なんて思ったけど、やっぱり割り切れない。

214 :大人の名無しさん:03/05/25 20:33 ID:rARbY7aw
別に楽しく生きてる人だって割り切っちゃあいないと思う。
割り切れないまま、納得できないまま、きっちり抱えてるんでしょう。

215 :103:03/05/25 20:59 ID:ojN42F6n
>214
だとしたら、少し救われます。
私だけじゃないんだね。ありがとう。


216 :大人の名無しさん:03/05/25 21:12 ID:d6UC1gR/
しかし皆さんいいですね、早く死ねて。
うちの家系はみんな長生き。
90歳だの100歳だのまで生きるのも
親兄弟の面倒を見るのもうんざりだよ。


217 :大人の名無しさん:03/05/25 21:15 ID:VVfogXt4
>ある程度若くて健康な時だけです。毎日ガクブルになれるのは。
あっしが言ってるのはちょっと違いやす。
死に直面している訳ではないのに、体に異常がないのに毎日死に怯える人です。
そんな人達は何に怯えるかは人それぞれで、
エレベータみたいな閉所や逆に広場だったりします。
ちょっとした恐怖心がコントローできなくなり、どんどん増幅してしまいます。

自分には関係ないと思うなかれ、これは突然そうなります。
・以前モーレツに仕事していた。
・都市部に住んでいる。
・春になって外出すると非現実感がある。
・体力の衰えを感じる。
こんな人は要注意。女性に多く、以前は燃え尽き症候群などと言ってたんじゃないかな?
今はパニック障害として認知されていて脳内物質をコントロールする薬で治ります。

218 :大人の名無しさん:03/05/26 00:04 ID:dYntu2eH
>>217
うお!4つともあてはまっている!!!!!!!!!!
漏れは、精神病なのか・・・。

219 :大人の名無しさん:03/05/26 00:16 ID:P8bR0sKw
精神病と言うのはどうだろ。思考回路は正常なので。
凄い恐怖心に駆られるが20分後にはケロっとしているのが特徴。
最近増えてるそう。
アンルイスもそうだって。

220 :大人の名無しさん:03/05/26 00:28 ID:vaIzHm/8
パニック障害は「神経症」じゃなかったっけ・・・
精神病ってなんか偏見があるけど、みんな精神薄弱の症状と勘違いしてない?
身体の病気と一緒だよ。

221 :大人の名無しさん:03/05/26 00:55 ID:LfmY8MQa
>>1さんへ
リンク貼らせてもらいました。
よろぴこ。

自分の周りで体験した死について真剣に語りたい
http://human2.2ch.net/test/read.cgi/middle/1053877045/

222 :ぴこに:03/05/26 03:53 ID:y77PauVT
自分はどちらかというと死にたいです。
毎日大変なことのほうが多く、楽しいことのほうがはるかに少ないからです。
でも、妻を残しては死ねません。
彼女は私にとってかけがいのない大切な人だからです。
妻も同じように言ってくれます。
ですから彼女の為に全力で生きようと思って毎日を耐え忍んでいます。
ですから皆さんも何か生きるための支え(目的?)があれば考え方が変わるのかもしれませんね。
もちろん死ぬときは一緒と共にと常に思っています。


223 :_:03/05/26 04:08 ID:iXtjQVsK
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz_b01.html

224 :大人の名無しさん:03/05/26 09:41 ID:dPR6CKXB
子供の頃は刑事ドラマでの殉職シーンに憧れてよく真似をしていました。
「死」に関してリアルに考えられなかった今で思えば微笑ましい?頃でした。
しかし身内や知人の死に係わり「いつかはどんなことであれ、命あるものは
必ず死ぬ」って思うようになったのは社会人になってからです。
大草原の小さな家でお父さんのチャールス・インガルス?が、俺が死んでも
この世に生きていたって証を残したいと、木製の椅子に自分のサインを焼印
したシーンを覚えてます。
誰かが言ったけど「確かに死は怖い。でも、もっと怖いのは人に忘れ去られる
ことだ。」って言葉。
私個人の考えなのですが、辛かった、苦しかったってマイナス思考で死ぬよりは
楽しかった、嬉しかった、充実していた、あいつと知り合えてよかった、この
子達の親父になれてよかったってプラス思考で死にたいと思ってマス。
あくまで理想ですが。。。
生きたくても生きてゆけなかった方々の事を思えば、今を生きている私たちは
十分幸せだと思いたい。
スマソ。。。


225 :大人の名無しさん:03/05/26 11:13 ID:R2vXQB7i
みなさん、SSRIを服用するとイッパツで治ります。

226 :大人の名無しさん:03/05/26 19:03 ID:x4e3Fwo5
SSRIとはなんぞよ?
トランキライザーでつか?

227 :大人の名無しさん:03/05/26 19:07 ID:P8bR0sKw
>>225
SSRIは高いのかのぅ? SSRIではっぴー?
取り合えず今はそんなに重くないので
イワシと玉ネギ食ってドロドロ血をサラサラ血にしようと思ってます。
222さんは絶対に飲むべきです。

>確かに死は怖い。でも、もっと怖いのは人に忘れ去られることだ。
あと、恥ずかしいオナニー中にくも膜下出血で死ぬのはイヤだとか、
立派な葬式で立派な墓に入りたいとか、
こんなことを言うのは死というものをちゃんと認識してないと思うぞ。
死後にもう一人の自分が死んだ自分の世間体を気にしてるって感じ。
魂も心も意識も思考も全くなんにもないっつーのに。

228 :大人の名無しさん:03/05/26 19:11 ID:xcuyLsXg
さて、死ぬのと、痴呆になっちまうのと、いかほどの違いがあるのか?

と、いうことだ。

229 :大人の名無しさん:03/05/26 19:13 ID:f/UXwJxH
死の認識力とは関係ないんでない?
だって、それらは「今生きてる自分」が気にしてる(気になる)ことだもん。
生きてる自分の考えとしては、やっぱ気になるでしょーよ。

230 :大人の名無しさん:03/05/26 19:24 ID:f/UXwJxH
痴呆は大分違うよ。
痴呆って基本は「アウトプット異常」だから、実は本人の認識力は
それなりに残ってたりかなり正常だったりする。
本人的な不安感は死よりも強いかも。

231 :大人の名無しさん:03/05/26 19:30 ID:HhSlwJ+c
まぁこんなFLASHでも見てまたーりしようや

ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley/4358/red_room1.html

232 :大人の名無しさん:03/05/26 19:37 ID:QfQ8AzQO
キモ電波が集まったスレだな…

233 :大人の名無しさん:03/05/26 19:45 ID:xcuyLsXg
>>229-230
そうなのかぁ?
今の意識がなくなっちまってるんだぞぉ。
ぼけちまってるんだぞぉ。

例えば父母が死んじまうのは悲しいが、私のことをわからないほどまでにボケちまったら、
そりゃ死んだのと同じような気がするぞぉ。


234 :大人の名無しさん:03/05/26 20:31 ID:P8bR0sKw
>>229
死後を気にすることの「意味」は全く無いとゆーことで、
気になる人はまぁしょうがないけろ。

>>233
ボケの度合いによるだろね。
部屋の中でウンコしてしまっても意識はあるとか??
でも思考力が無かったら死んでるのと同じだよね。体が生きてるだけ。

235 :100人に1人(変化を極端に嫌うのが特徴):03/05/26 20:37 ID:XsPvDasY
<アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)←脳の機能的疾患(遺伝が要因)>
http://www.ypdc.net/asuperugar.htm
http://www.autism.jp/l-02-03-aspe3.htm
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/5917/as/
●接し方のルールがわからず無邪気に周囲の人に対して迷惑なことをしてしまうこと
がある。人を傷つけるということには鈍感です。年配の先生に向かって「おばあさん
先生おはようございます」と明るい大声で挨拶する生徒もいる。こういった言動をす
る場合にも彼らには悪意はない。
●小さな声でひとり言を言ったり、考えていることを声に出して言うことがある。
●融通が利かないことも学校生活で問題になる。時間割の変更や突然の教師の欠勤と
いう事態で不安を感じたりかんしゃくをおこしたりする。あまりに規則に厳格なため
に、遅刻した同級生に延々と注意をしたり、修学旅行などで消灯時間をかたくなに守
り、他の生徒のヒンシュクをかったりすることがある。
●行動・興味・活動のパターンが貧困で反復常同的なことも自閉症の特徴である。すな
わち、日常の活動の様々な面にわたって柔軟性のないルーティン(決まった手順や日課)
を押しつける傾向、これを慣れ親しんでいる習慣や遊びのパターンだけでなく、たいてい
は新しい活動にも押しつける。そしてルーティンや個人的な環境の細部の変化(家の中の
置物や家具の移動によるなど)に対する抵抗がみられることがある。
●揺れる木の葉を見続ける子どもは興味のレパートリーが狭いとも言え、視覚的な敏感さ
があるといっても良い。
●精神遅滞を伴うものと伴わないもので大きく分かれる。100%果汁のオレンジジュー
スを思い浮かべてください。それにだんだん水を加えて薄めて行くと終いには水にごく近
くなる。一口飲んで「オレンジジュースだ!」とわかるものは自閉症、水に近いけれどな
にかオレンジの味が混じっているのがアスペや高機能・・。その濃度はさまざま。濃いオ
レンジジュースであったとしても早期の療育や周りの対応によって水に近づいていくこと
は可能。しかし間違えてはいけないのはオレンジジュースが一滴でも落ちている場合は
「純粋な水」にはなれないのです。


236 :大人の名無しさん:03/05/26 20:54 ID:zgst1Ppw
俺のオヤジはね、呼吸がとまってゆく様を見せてくれたよ。

237 :大人の名無しさん:03/05/26 21:27 ID:XiYjO1fb
>私のことをわからないほどまでにボケちまったら、
いや、意識がないのとはボケは違う。
「自分がモノがどんどん分からなくなっている」「分かるはずの事が
分からないという恐怖」がちゃんとあるの。
介護関係の仕事をしてる人に聞いてみそ。

238 :大人の名無しさん:03/05/26 23:46 ID:j3pSY552
このスレをみて「前世療法」という本を読んでみました。
昔はこういう類の本は、オカルトと思い、敬遠しておりましたが、
・・・どうも本当っぽい感じもします。また出版元がPHP文庫
でもありますし、信憑性は高いのでしょうか?
にわかに信じがたい内容ではありますが、わくわくする気持ちも
生じる本と思います。

239 :大人の名無しさん:03/05/27 00:41 ID:VybIWeCG
私は1さん同様、死んだ後が怖い。
死というより、死んだ後に流れていく時間がこわいんだよね。
高校生のとき、おじさんが亡くなって「この人の時間が止まった。」
と思ったとたん、怖さで腰が抜けた。
死の瞬間自体はあまり怖くない。
自分、痛みに弱いのでガンなんかだったらモルヒネいっぱい使ってもらう。
で延命治療は希望しないと思う。
死んだ後、何万年も何億年も過ぎていく時間が怖い。
私って精神異常かと思ってたので同じ風に考えてる人がいてよかった。



240 :大人の名無しさん:03/05/27 00:51 ID:J0P1HbCW
つまりは、生きるにせよ死ぬにせよ無限というのが一番の恐怖。

241 :大人の名無しさん:03/05/27 00:58 ID:WtRZxF/f
>>236
そんな柔なもんだとは思えんけどな。
死ぬまでは結構大変だよ。
流動食のためのチューブつけたりそれつけるのも痛いだろうし
点滴もいつもいつもだと刺せるところ少なくなって最後は痛いところしか
刺せないだろうし、
白血病や髄膜炎とかだと髄液取る検査が痛いので有名。
病名はっきりする前にこの痛さだよ。
あの2chで死んでったナディアという子、最後の方のレス
めっちゃ苦しそうだった。全身痛いという感じ。
苦しいだったかな。新しい細胞が放射線やら抗生物質で破壊される、
胃腸は新しい細胞でできてるから消化器系がまずやられる。
やけどしてるようなもんだよ(原爆と同じ)。
死んだ方がマシだーと思うようになる苦しみだと思うよ。
モルだって用量が決まってるし、好きなだけ打つわけにはいかない。
効きは悪くなるし。我慢できなくなるくらい痛くなって
はじめて適量を超える量をもらえるんじゃない?
あとモルやってると便がでなくなるから
摘便しなければならない。
とにかく体中穴あけられる。腕とかだけでなく
胸から腰から鼻から喉から、いたるところに。

闘病サイトで死へのシミュレーションもっとした方がいいよ。

242 :大人の名無しさん:03/05/27 01:01 ID:WtRZxF/f
と、こんなことを書きたいわけでなく
うちの祖母なのだが、(静かに死ねるのはやはり高齢者だな)
痴呆だったけど、死の直前はいない人を見てたよ。
「今誰かがそこにいた、泥棒か?」って。
見えるようになるらしい・・・・・

243 :大人の名無しさん:03/05/27 01:04 ID:2FNss6de
トイレットペーパー1個を体に巻き付けると
良いでしょう。
全裸の場合には、体中に写経が有効です。
耳もお忘れないよう。

244 :大人の名無しさん:03/05/27 01:23 ID:C9fhZzRw
ちなみに水木しげる「河童の三平」に登場する
死神のビジョンはかなり実態に近いもの

245 :大人の名無しさん:03/05/27 02:02 ID:xMExdwBd
死の痛みは人によりけりみたい。同じ病気の人でも全然違う。
祖父母と同居して、老人を看取りました。
同居していない祖父母の死に際、叔父のターミナルケアへの協力などの
経験から言うと、誰もが猛烈な痛みで死ぬという感じには見えなかった。
5人中3人がガンだったのですが、241さんが言うような状況になったのは
母方の祖母だけだったな。

246 :103:03/05/27 06:33 ID:hBG8C5OX
>>239
>死んだ後、何万年も何億年も過ぎていく時間が怖い。

私もこれが怖いです。
だから、来世があって欲しいと願いたくなる。

247 :大人の名無しさん:03/05/27 09:00 ID:XngGHx2G
生まれる前も、何万年、何億年と無限の時間があった。
それを考えると不思議と思う。
誰か謎を解いてくれ!

248 :大人の名無しさん:03/05/27 22:13 ID:4Q5mM65K
死ぬのが恐いっていうのは、まだまだ死が遠くにあるものだからだよ。
俺、一度交通事故で死にかけたとき、救急車が来るまでの間に「このままたぶん
死ぬな・・・」と覚悟したけど不思議に恐怖は感じなかった。
人間の精神ってそういうふうにできてるんだろうなと感心した。

249 :大人の名無しさん:03/05/27 22:27 ID:HEF7GvRd
そうかもね。
私も昔から神経症的に死が怖いんだけど、毎日このスレ来てたら
飽きてきたぞ!(藁

250 :100人に1人(変化を極端に嫌うのが特徴):03/05/27 23:07 ID:77wT1UrP

<アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)←脳の機能的疾患(遺伝が要因)>
http://www.ypdc.net/asuperugar.htm
http://www.autism.jp/l-02-03-aspe3.htm
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/5917/as/
●接し方のルールがわからず無邪気に周囲の人に対して迷惑なことをしてしまうこと
がある。人を傷つけるということには鈍感です。年配の先生に向かって「おばあさん
先生おはようございます」と明るい大声で挨拶する生徒もいる。こういった言動をす
る場合にも彼らには悪意はない。
●小さな声でひとり言を言ったり、考えていることを声に出して言うことがある。
●融通が利かないことも学校生活で問題になる。時間割の変更や突然の教師の欠勤と
いう事態で不安を感じたりかんしゃくをおこしたりする。あまりに規則に厳格なため
に、遅刻した同級生に延々と注意をしたり、修学旅行などで消灯時間をかたくなに守
り、他の生徒のヒンシュクをかったりすることがある。
●行動・興味・活動のパターンが貧困で反復常同的なことも自閉症の特徴である。すな
わち、日常の活動の様々な面にわたって柔軟性のないルーティン(決まった手順や日課)
を押しつける傾向、これを慣れ親しんでいる習慣や遊びのパターンだけでなく、たいてい
は新しい活動にも押しつける。そしてルーティンや個人的な環境の細部の変化(家の中の
置物や家具の移動によるなど)に対する抵抗がみられることがある。
●揺れる木の葉を見続ける子どもは興味のレパートリーが狭いとも言え、視覚的な敏感さ
があるといっても良い。
●精神遅滞を伴うものと伴わないもので大きく分かれる。100%果汁のオレンジジュー
スを思い浮かべてください。それにだんだん水を加えて薄めて行くと終いには水にごく近
くなる。一口飲んで「オレンジジュースだ!」とわかるものは自閉症、水に近いけれどな
にかオレンジの味が混じっているのがアスペや高機能・・。その濃度はさまざま。濃いオ
レンジジュースであったとしても早期の療育や周りの対応によって水に近づいていくこと
は可能。しかし間違えてはいけないのはオレンジジュースが一滴でも落ちている場合は
「純粋な水」にはなれないのです。


251 :大人の名無しさん:03/05/28 00:07 ID:nNp2oDXS
>>248
おれも事故った時は早く救急車がこないと血がどんどん出ちゃって死んじゃうよ〜
と思ったけど、ガクガクブルブルではなかったな。
ショック状態だったからかもしれない。
それに痛みもほとんど無かった。涙は出たけど。
なんでも、余りにも苦痛な時はモルヒネより強力な脳内麻薬というもの
が分泌されるそうだ。
そういった状況でも正常な判断ができるように、という人体のしくみなんだろね。

>>249
スレの成果ですな。

252 :大人の名無しさん:03/05/28 01:01 ID:CgXsrQeo
つーか、来世がないとして。
おれらは、どこから来たのか?
もちろん肉体は両親からできたのだけど。

ただの化学反応、電気反応だけの存在なのか?おれらは?

253 :大人の名無しさん:03/05/28 01:34 ID:liZ2Jq2e
法律、ルール、規則、約束ごと、口約束

254 :大人の名無しさん:03/05/28 01:52 ID:leYtZuuT
>>248
>>251
漏れも死に掛けて「あぁ、あべぇこのまま死ぬのかな?」って思った時、
不思議と恐怖や痛みは感じてなかった気がする。
痛みは感じてたのかもしれないけど、
なんつーの?うまく言えないけど、
体も脳もうまく居えない何かを処理するのに一生懸命で、
周りの情報がシャットダウンされてるって感じかな。

255 :大人の名無しさん:03/05/28 06:52 ID:GPzaDdfG
癌を宣告されたことがある。
幸い悪性ではなかったが、あの時の恐怖はたとえようがなかった。
死ぬなら事故で死にたい。

256 :大人の名無しさん:03/05/28 07:23 ID:jIBNSwZQ
 はっきり言って自分はいつ死んでもいいと思ってる。

257 :大人の名無しさん:03/05/28 12:42 ID:cbjBtYDE
>255
悪性でない癌なんてあるの?
スレ違いだけど。

258 :大人の名無しさん:03/05/28 13:03 ID:IrTBp+GR
>>257
ポリーフなんて、知らない?

259 :大人の名無しさん:03/05/28 13:06 ID:/yC06hoo
☆☆☆ネット広告掲載で副収入!☆☆☆
http://look2.info/kurikuri/
PCでも携帯サイトでもOKです!いますぐ無料で作成できます。
よくあるあの「うざい広告」を貼り付けておくだけで
知らず知らずに収入になります。
PCの方は画面表示にそってお進みください。広告の説明をいたします。
⇒かわいいこマのあそこ
⇒一番上の広告をクリックして出会い広告へ進んでください!
出会い広告をそのままクリックすれば広告説明の画面に移動します。
↑こちらのサイトは一般者からのH画像投稿掲示板です。
あわせてお楽しみください。

260 :大人の名無しさん:03/05/28 13:54 ID:nzcbBQCt
>258
ポリープは、癌じゃないよ。
病理の結果が出る前に「癌の可能性もある」と言われただけじゃないの?

261 :大人の名無しさん:03/05/28 15:02 ID:JFug86Vw
癌でなくて、腫瘍だよ。

262 :大人の名無しさん:03/05/28 19:07 ID:nNp2oDXS
>つーか、来世がないとして。
仮定するまでもありません。来世なんてビタ一文無いです。

>おれらは、どこから来たのか?
体を構成している物質は宇宙誕生の時からあったんです。
今の体はDNAが組み立てたんですね。

問題は「意識」はどうやってできたかです。
「考える」ってどーゆーこと?「自我」ってナニ?ってことだす。
何か特別なもののように思いたいですが単なる脳の神経回路上の化学反応です。

マッチを擦ると火が点く。火はどこから来たのでしょう。
どこからも来てません。ただの酸化反応です。
フッと息を掛けると火は消えます。
消えるんですヨ。フッとね。(゚∀゚)

263 :大人の名無しさん:03/05/28 22:39 ID:RZ6YFoAF
>>262
マトリックス見た?

264 :大人の名無しさん:03/05/28 23:53 ID:nNp2oDXS
見たけど?
ナニが言いたいかっつーと、
来世に希望を託そうなんて誤った考えであると。
まぁ、神を信じる人、来世があると信じる人、サンタクロースがいると信じる人。
人それぞれ。どーでもいいけどね。

265 :大人の名無しさん:03/05/29 00:04 ID:+IDg2xmf
うーん。
火の例えは、死んだ魚が刺激に反応してぴくぴく動いて
やがて動かなくなるようなもので
命とは比較にならないと思うがなあ。
それにDNAには、明かに意志があるような気もするし。
つーか、DNAをつくったのは誰?自然にできたのか?

266 :大人の名無しさん:03/05/29 00:22 ID:qp3gHc2X
>来世に希望を託そうなんて誤った考えであると。
そうでもないんじゃない。来世に希望を託すことによって現世を
安らかに生きようという方便でしょ。宗教と一緒だよ。

命に関して言えば、おおよそ同じ考えだけどね。
でも、あんた煽りとか嫌がらせ含みで書いてるでしょ!(藁

267 :大人の名無しさん:03/05/29 12:40 ID:eanpzBvm
意識というのは、単なる化学反応なのか?????
なんか、次元が違うような気もしないでもないが。

268 :大人の名無しさん:03/05/29 14:09 ID:2SFmt+OF
「アンビリバボ」の霊能力者が「死後霊体同士が結婚する幽霊婚
があるのよ」なんて言っていた、冗談じゃない!それならば
幽霊嫉妬、幽霊痴話げんか、幽霊離婚なんてのもあるのかよ
死んでまでこんな事に悩みたくないー


269 :大人の名無しさん:03/05/29 15:28 ID:VTFo2XxX
結局意識というものを突き詰めていって、それが単なる脳内の化学反応の結果なのかと言うところは
証明出来ていないって本で読んだことあるような・・・

270 :通話料無料の公衆電話ができたらしいよ!!:03/05/29 16:33 ID:fh6z4vD7
http://bestranking.misty.ne.jp/gamble/enter.cgi?id=yami83


271 :大人の名無しさん:03/05/29 16:49 ID:lXH8tLup
宗教画に見られる天国(極楽浄土)の絵ってムカツクよね。
まず、美男&美女しかいない。デブや禿も死ねばベッカムになるのか?
あと綺麗な花が1面に咲いてて蝶や小鳥が飛んでるけど、ゴキブリや
ネズミやカラスは居ないのか?なんか都合良過ぎでねぇ〜の?
輪廻ってのも良くわからん。生まれ変わるって言っても、地球上の
生物の中で人間が占める割合なんて1パーセント以下だよ。
例えば、全人類が業深く生きてたら、全人類が微生物や昆虫に生まれ
変わる事もあるってこと?

272 :大人の名無しさん:03/05/29 16:53 ID:/ZK6Tm02
脳の働きが化学反応にすぎないなら、生きようと思う意志はどこから生まれるの?
DNA自体にある、つまり「意識」以前に存在する「種の保存」という本能は化学反応で
説明できないんじゃないかな。

273 :大人の名無しさん:03/05/29 17:36 ID:XdhM9NaN
こうした自然の成り立ちは、現在の人間の思考の限界を超えているんです。
よって、昔の人はこれを神の仕業と呼んだ。

なんのことはない、現在もそれは本質的には変わっていないのだ。

274 :大人の名無しさん:03/05/29 19:31 ID:1AafLHsc
睡眠薬を飲めば一発で寝られます!

275 :大人の名無しさん:03/05/29 20:23 ID:jKlhHPpJ
死=自我の消滅なら、自我の下位に存在する世界そのものが消滅するわけで。
その後に連綿と続く世界なんて何の意味もない。
死そのものが怖いのは、多少なりとも「魂は不滅」「死後の世界」
これら宗教的な思想を持ってる人だと思う。
そういう意味では俺は死、そのものは怖くない。

ただ、人間そうあっさり死ねるもんでもないしね。
死に至る過程での肉体的精神的苦痛…これはやっぱり多少怖いな。


276 :103:03/05/29 21:13 ID:+lNSUJmx
>273
うん。
死んだら分かる、と言われるけど死んでも分からないかも。
これこそ永遠の謎なんだろうね。
>275
そうですか。
私は自我の消滅に比べたら、肉体的苦痛に対する恐怖なんて、
ほとんど無いです。
生きてるからこそ痛みも感じるわけで。

277 :103:03/05/29 21:26 ID:+lNSUJmx
>275
>自我の下位に存在する世界そのものが消滅するわけで。
>その後に連綿と続く世界なんて何の意味もない。
確かに自分が死んだ後に続くこの世界を、
自分は自覚できないのかもしれないのだけど、
自分が存在しないところでこの世界が淡々と続いていく事実が物凄く怖い。
それは生きているときだけに感じる恐怖だよ、と言われればそれまでなんだけど、
どうしてもそういう風に割り切って考えられない。


確かにそうだけど、


278 :大人の名無しさん:03/05/29 21:27 ID:pwSJgYtu
この世のことは全て夢、
全てはエイジェントに支配されているんですか?

279 :大人の名無しさん:03/05/29 21:39 ID:b/kCRqye
素晴らしい言葉を発見! > デブや禿も死ねばベッカムになるのか?

集団自殺をしそうな若者に言ってやろう!


280 :大人の名無しさん:03/05/29 21:49 ID:zpyvG6yp
こんなことを書くと電波みたく思われそうですが、
カミサマがいるとは思いませんが、みたいなものはあると思います。

大いなる意識体みたいなものかな?人の意思は肉体の死によって自我とも切り離され、
大きな意識体の一部に還る。それは死んだ生き物の、自我の下にあった無意識の集合体。

死んだら、みなそこで溶け合ってひとつになる。

そんなイメージがあります。

雲みたいなのかな?

新しい生命が誕生する時、雲のような意識体の一部がちぎれ、肉体にやどる。でもそれは、いろいろな意識が溶け合っていて、丸のままの前世の生まれかわりではない。

生まれた人はしかし無意識でその大いなる意識体と細く繋がれていて、それゆえ他人と共感しあうことができる。

単なる想像です。

281 :大人の名無しさん:03/05/29 21:51 ID:xm1Cmp3P
>DNA自体にある、つまり「意識」以前に存在する
>「種の保存」という本能は化学反応で説明できないんじゃないかな。
まさに化学反応じゃないですかー。
ある条件の元で無機質から有機質ができます。
分子がランダムに結合してタンパク質のような高度な分子ができます。
そして複製を作るパターンが1つでもできると以後複製は作られ続けます。
これを子孫を残す「意思」と言うなら、
子孫を残さない「意思」は「自然淘汰」されて今は存在していない訳です。
複製を作るパターンだけが残り、次第に進化します。意思も無く。

282 :大人の名無しさん:03/05/29 22:18 ID:zES283iG
>>279 素晴らしい言葉の落とし穴を発見! 
みんなベッカムなら顔の造作でモテル事は無い

283 :103:03/05/29 22:30 ID:+lNSUJmx
少年時代はあれだけ宗教を馬鹿にしていたのに、
30を過ぎてその必要性が理解できるようになりました。

284 :大人の名無しさん:03/05/29 22:39 ID:HeMe06XE
>>271

手塚治虫の「火の鳥」で、生まれ変わった先がミジンコだった人がいたよ。


285 :大人の名無しさん:03/05/29 22:40 ID:b/kCRqye
あちこちの板の不老不死スレをみてきたけど、
ほんとーにみんな死にたがっているのがよくわかった。

↑これはコピペです。

286 :■貴女あなたのペット■:03/05/29 22:43 ID:bULL9QFA
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇●
★深夜TVで取材されました!女性に好評のサービスです!☆
◆ココはなぜか年上好きのイケメンが日本一集結してます♪
◎もちろんイケメン彼氏探しも◎友達関係も◎遊び相手も◎
元ジャニーズジュニアとか現役俳優とか普通の学生まで・・
http://www3.to/love-love-kissにすぐアクセス!☆
★特に年下好きの女性に最高☆早く来て下さい!★女性専用★
☆30代・40代以上当たり前!☆イキイキ出来ます☆約束w
◆ホストクラブをしのぐ!充実感☆でTVでも紹介されました☆
●関東板●女性に高収入アルバイト情報☆多数!募集情報も!
http://www3.to/love-love-kissにアクセスしてください。
【ジミーの紹介】このワードを入れると【VIP】扱いになります!
◆◆男性に満足w満足wの情報も詰まってるw!☆必見w◆◆◆
◎趣味!?と実益の男性向けアルバイト☆☆男性の為の身も心もw
スッキリピゅンwの新情報も!?◎必見!E気持ちw感激マン俗◎
http://www3.to/love-love-kissで!男性の為のマン俗情報☆
■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇●

287 :大人の名無しさん:03/05/29 22:46 ID:eHPo5kQp
宗教は生きてる人の規範、死んだらもう必要ない

288 :大人の名無しさん:03/05/29 23:36 ID:r0fTR/+B
私個人としては、今を生きるのに必死です。
子供の将来も心配でたまらない。親や祖母の事も心配で
たまらない。
自殺する人の神経が理解できない。苦しいのは皆だ。
ホント、生きれるだけ、生きろ!と言いたい。

289 :275:03/05/29 23:36 ID:jKlhHPpJ
うーん。

俺は「死後の世界はない」ってスタンスで書いたんだけど、本心ちょっとニュアンスが違う。
現実世界ってのは自己の把握できるだけの許容量しか持ってない、つまり意識世界が全てなんだよね。
まぁ言ってみれば、夢を見てそれすらも現実と見分けられないほどの曖昧なもの。
まず確かに存在するのは意識であって、現実(?)すらもそれに追随するもの。
知らないところで知らない人に何かあった、ってのは存在しないに等しいと。

そうすると、俺が死ぬとその瞬間、世界が消滅するわけだ。
これはこれで仕方ないとも思ったんだけど、それじゃ困るだろうから宗教的な考えも解らないではないです。

よく解らんのは、ここまでの考えを理解出来てる風な人が、もはや世界が消滅してるのにその後現実の時間軸を考えることなんだがな。


290 :275:03/05/29 23:51 ID:jKlhHPpJ
あ、
書き忘れたけど、今現在現実は現実として認識して幻として自暴自棄になってるわけじゃないよ。
こんな俺も妻子が居るしな。
必死でやってるよ。

291 :大人の名無しさん:03/05/30 00:32 ID:OEFg/c9Q
3歳になる娘とよく会話します。3歳にもなると、はっきりとした自我が
あります。ぎりぎり2歳後半くらいまでの記憶はあるみたいです。
しかし、それ以前の記憶はありません。ふざけ半分で、お母さんのおなかの
中にいたときの事を覚えているか聞いてみます。でも「覚えてないよ」と
笑って返事します。不思議です。人間の意識、自我というのは無から生じるの
でしょうか?別に白黒をはっきりさせたいわけではないのですが、不思議です。
また、二人目の子供が女房のおなかの中にいます。
世界は、消滅すると同時に、ある者には、無から発生するのです。

292 :大人の名無しさん:03/05/30 00:43 ID:mxuqfgcy
>>289
真理を追究してますな。
宗教に精神的に頼るのはいいことだとは思うけど
宗教に騙されて真実を知らずしてこの世を去るのは悲しいよね。

電気的なスイッチ→計算→思考→自我(と言われているもの)
とコンピュータは進化するでしょう。
(この分野、今は停滞してるようですが、技術的なキッカケで急転するはず)
その時やっと人間の頭脳はただの電気回路だったと証明される訳ですね。

293 :大人の名無しさん:03/05/30 12:36 ID:35GkA6st
>>291 お腹の中の事を覚えてるのは帝王切開の子供の場合らしい
本を読んで無いので詳しくは分からないが母親の産道を通る時に体内の記憶
はリセットされるそうな、不思議な機能だよね

高名な脳神経学者(名前忘れ、てんかん研究なんかしてた)は無神論者
だったけど、脳のことを調べてゆけばゆくほど何か神のような大きな意識の
介在があったとしか思えないようになったといっていた

93 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)