2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

嗚咽 その4

1 :大人の名無しさん:03/02/16 08:40 ID:aQjOgBXv
静かにまいりましょう

嗚咽
http://yasai.2ch.net/middle/kako/973/973086841.html
嗚咽 その2
http://natto.2ch.net/middle/kako/997/997509116.html
嗚咽その3
http://human.2ch.net/test/read.cgi/middle/1025269753/l50


2 :大人の名無しさん:03/02/16 08:42 ID:KcQcFb4X
恐れ入ります、1さん。
2?ゲッチュさせてください。

3 :大人の名無しさん:03/02/16 08:45 ID:uYCaySIN
>>1
乙です

4 :大人の名無しさん:03/02/16 23:08 ID:qUsvI0p0
>>1
乙伽哩

5 :大人の名無しさん:03/02/17 03:08 ID:Yu+RxHRH
>1
乙〜

6 :大人の名無しさん:03/02/17 04:10 ID:lSoU6Pyi
>1
乙彼

7 :大人の名無しさん:03/02/17 08:41 ID:+FHa3ZSL
乙、乙うぜ−よヴォケ

8 :大人の名無しさん:03/02/17 10:27 ID:cyzZQSWd
またウザ厨か

9 :大人の名無しさん:03/02/17 15:36 ID:SnlfEQbV
去年の11月に、癌で父親を亡くしました。4年間の闘病の果てのことで、
去年の夏には「年を越せないだろう」と聞いていたので覚悟は出来ていました。
しかし、まさか、その日に亡くなるとは思っていなかったのです。
1週間前にお見舞いに行っていて、後、一ヶ月は持つだろうと思ってたから、
携帯の電源をオフにしていたのに…
その夜「留守電センターにメッセージあり」と表示されてても
機種を変えたばかりで、聞くことができず、旦那と連絡が取れた時点で
安心して、それ以上聞こうと努力しませんでした。そして、次の日の
朝後妻さんから、その日の未明に亡くなったことを告げられました。
その直後に留守電センターに確認すると案の定後妻さんからの危篤の知らせ。

それから、しばらくはあのとき、携帯の電源を切っていたこと、
留守電センターに確認しなかったことを悔いてばかりでした。
なぜ、いつも大ボラ拭きの叔父の「1週間もたない」という言葉を
信じなかったんだろう。信じてたら死に目にあえてたのかもしれないのに。

葬式の時もかなり泣きました。特に最後に異母兄弟達が読んだ手紙
「仕事ばかりで遊ぶことが少なかったけど、家族を支えてくれて
ありがとう」のくだりや、棺桶に後妻さんが「仕事頑張ってね」
といいながら、父の作業着を入れたときは号泣でした。

精神病者の兄弟、まだ、小、中学生の異母兄弟を残すことを最後まで
父は心配していました。長い自営生活で借金だらけで働きづめで波瀾万丈の父だったけど、
最後は若い後妻さんに尽くされて、看護され看取られて幸せだったと思う。

お父さん(あちらで)元気ですか?今、10年目にして、
あなたが親戚に触れ回っていた(実際は就職してないのに、その仕事をしていると)就職試験の2次試験を受け、
結果待ちです。もし、落ちても来年も受けるつもりです。もう痛い辛い思いしなく
てよかったね。安らかに眠ってくださいといいたいとこですが、
もし、余裕が有ったら兄達を助けてやってください。このままでは、母も逝きそうです。

駄文アンド長文失礼致します。

10 ::03/02/17 15:38 ID:SnlfEQbV
あっごめん、省略された分割して入れなきゃいけなかったんだね。
なれてなくてスマソ

11 :P061198163108.ppp.prin.ne.jp:03/02/17 16:33 ID:HnvJ72kS
俺の親父も昔は怖かったけど、
最近やたらと小さくみえるんだよなぁ。
今のうちに親孝行したくなったよ

12 :大人の名無しさん:03/02/17 17:06 ID:N216KmUT
サチへ
 前の飼い主の都合で、初めて我が家に来た夜、お前は不安でずっとないていたね。
 最初、お前が我が家に慣れてくれるか心配だったけど、少しずつ心を開いてくれたね。
  
 小学生の時、空き地でお前とよく追いかけっこしたよね。速かったなぁ。全然追いつけなかったよ。
 買い物に行った時なんかは、柱に紐をくくりつけておけば、きちんとお座りして
 待っていてくれたね。利口なお前が本当に大好きだったよ。

 可愛かったなぁ。俺もお前をよく可愛がったと思うが、お前もよく俺になついてくれたね。
 でも、年をとるにつれ、少しずつ元気がなくなっていったね。家から五分の公園に行って
 ベンチにチョコンと座ったまま動かないんだもんね。しょうがないから二人でボーっとしてたね。
 なんか日向ぼっこしてるみたいだったな。
 
 最期のほう、散歩つれて行かなくてゴメンよ。前は庭に出るだけで駆け寄ってきたお前が、小屋から
 出るのも大変そうにしてるの、つらくて見てられなかったんだ。でもあの時、サチは死なない。死なない。
 て何の根拠もなく勝手に思い込んでいたんだ。

 だからお前が死んでしまったって母親が言ったとき、とてもじゃないけど信じられなかったよ。
 冬の寒い朝だったね。小屋からでて、口を少し開けて、本当、寝てるような感じだったよ。
 あの時、頭をちょっと撫でただけですぐに二階に行ったのは、あのままずっとお前を見ていたら
 涙が止まらなくなってしまいそうだったからだよ。

 もうお前がいなくなってから犬は飼っていません。飼う気もおきません。
 頭を撫でてやると耳をずらし、目を細めるお前の顔は、一生忘れません。最期の方、お前をかまって
 やらなくて、ゴメン。本当にゴメン。今でも後悔してるよ。

 お前は、他人から見ればただの雑種ですが、俺にとっては家族であり、親友であり、そして何より
 かけがえのない大切な存在でした。 

13 :大人の名無しさん:03/02/17 23:16 ID:HXu+CxBV
。・゚・(ノД`)・゚・。

14 :大人の名無しさん:03/02/18 10:08 ID:XrcvCVEc
前スレちょっと埋めようとしたけどカキコできなかった。
スレ一覧にも無いし。

15 :大人の名無しさん:03/02/18 22:57 ID:UAtLsGcn
>>14
たぶん前スレは倉庫に行ったんじゃないかな。

16 :大人の名無しさん:03/02/19 01:06 ID:hqlxglvN
>14
倉庫に行ってるよ。

17 :大人の名無しさん:03/02/21 00:39 ID:vcn1AQUU
念のため保守

18 :大人の名無しさん:03/02/22 21:26 ID:wlaeMoTT
ああ、良かった!
前スレ、かちゅのログが詰まってしまい、しばらく離れていました。
このスレ大好きなので、また発見できてうれしいです。

1さん、スレ立てありがとうございました。

19 :大人の名無しさん:03/02/22 23:59 ID:rb8CLhPL
>>18
何気に嗚咽。

20 :大人の名無しさん:03/02/23 21:16 ID:Zwitu5xs
age


21 :大人の名無しさん:03/02/24 18:19 ID:hvALczSa
静かに保守

22 :大人の名無しさん:03/02/25 22:24 ID:8OizbVwS
平和を祈りつつ保守age

23 :大人の名無しさん:03/02/27 12:32 ID:At+wiNbv
哀しいことがあったので保守
まだ書けない

24 :大人の名無しさん:03/02/27 13:19 ID:WFiHXqDg
>>23
( ^-^)ヾ('-'*)ナデナデ

25 :大人の名無しさん:03/02/28 01:01 ID:2oWke04M
嗚咽のエロティシズムをいざ語れん!

26 :大人の名無しさん:03/03/01 01:44 ID:x/qDjWVy
嗚咽といえば、映画『砂の器』の犯人の父親役の人の嗚咽が印象深い。

27 :TB-303:03/03/01 02:17 ID:vx/yPtVj
http://www1.linkclub.or.jp/~hana-7up/smartpanel/cdf/cd281290.html

28 :大人の名無しさん:03/03/03 17:12 ID:Efc5PoeJ
ひな祭り保守

29 :大人の名無しさん:03/03/04 02:18 ID:kKrMmsjk
ttp://plaza.rakuten.co.jp/hidamaritenshi/

ttp://www.moon.sannet.ne.jp/yuhki/musume1.htm

育児板のスレに書いてあったんだけど。
二つ連続で読むのはおすすめできない

30 :大人の名無しさん:03/03/04 16:58 ID:fmX8rtcg
>29 両方とも読んでボロ泣きしますた・・・・(もちろん別の日に)
   またお母さんのとこへ帰っておいで〜(T_T)

31 :大人の名無しさん:03/03/04 22:53 ID:ojAfRATC
両方とも読んじまったよ・・・・。
仕事中に読むモンじゃねーな。

32 :大人の名無しさん:03/03/05 00:52 ID:dFf876CU
>>29

私も泣きました。何も言えないよ……(号泣)
 

33 :[ここ壊れてます](2):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
34 :大人の名無しさん:03/03/05 20:23 ID:kAjm1XD9
sage

35 :大人の名無しさん:03/03/05 21:53 ID:+AzL/JK6
友達が亡くなった…
まだ信じられない。嘘だと思いたい。
なんであんないい人が子供ふたり残して死ななきゃいけないんだよ。
もう神様なんか信じない。

36 :大人の名無しさん:03/03/06 19:10 ID:2+TF/K70
漏れの両親2人とも、10年近く前だけど癌で亡くなったんだよね。
嫁も2年前にまだ20代なのに闘病生活の末亡くなったんだ。
その度、神様なんかいないんだなって思ったよ。

今度は漏れが胃ガンなんだってさ…
医者はまだそんなに進行していないので大丈夫だって言ってるけど、
これまでそんなの嫌ってほど見てるから、ほんとかよって思う。
娘まだ5歳なのに。
まだ娘にしてあげたい事や連れて行きたい所たくさんあるんだ。
神様なんていないと思ってたけど、もう一度だけお願いするから。
欲張りかもしれないけど、せめて娘が独り立ちするまでは生きていさせてよ。


スレタイとずれてる&愚痴っぽいのでsage

37 :大人の名無しさん:03/03/06 19:14 ID:2+TF/K70
>>29
涙が出すぎて仕事に支障が出るだろうが…

38 :大人の名無しさん:03/03/06 22:37 ID:GQCvzTNN
>36
あなたと娘さんを、ご両親とお嫁さんが絶対に見守っているよ
神様はいるよ
言霊もある
あなたのお願いはきっと届く

39 :大人の名無しさん:03/03/06 22:54 ID:C1KSB3tg
>35
お友達のご冥福をお祈りします。
やり場のない気持ちになったら、またここに寄って
吐き出していけばいいよ。

40 :大人の名無しさん:03/03/06 23:41 ID:YzxDBZZo
>>36
治療も辛いかも知れんけどお嬢さんのためにも頑張ってね

41 :その1:03/03/07 00:40 ID:S2PDadTO
俺自身が味わった不幸や悲しみとかでないので
なんだか微妙にスレ違いかもしれないが
どうしても吐き出したかったのでさせていただく。

半年前、友達の薦めで某チェーン店の美容院に行ったの。
外観も接客も明るい雰囲気でとても良い感じだった。
ふと車椅子で深く帽子をかぶった女の子(おそらく12.3)
が連れの人と一緒に来店した。
飛び込みだったらしく、しばらく待たされたあと
彼女は店内に案内され、何人かの美容師達の手によって
椅子に映ったところまでは良かったのだが。

帽子を外すと、そこには薬か何かの影響なのか、
パサパサの髪に、ところどころ抜けてしまって
とてもカットやカラーができるような頭じゃなかった。
その場の空気も一瞬凍ったと思う。
そして奇異の目を向けてしまったかもしれないそのときの
俺にはほんとアホ、としか言いようがないのだが。
彼女自身、なんだかつらそうな顔をしていて、
どうやら連れの女の人(母親という感じじゃなかった。看護婦?)
が半ば強引に連れてきた感じらしい。
そうしたら奥の方から年配の男性(40くらいかな)
が出てきたのね。
その人がやたら陽気で、ガハガハ笑うような、
ほんとに美容師なのか、と問いただしたくなるようなオッサン。

42 :その2:03/03/07 00:44 ID:S2PDadTO
で、オッサンが女の子に
「絶対きれいにするから、ばっさり切っちゃってもいいかな?」
と聞いたの。
俺は内心、髪の毛抜けちゃったりして傷ついてるみたいなんだから
そんなに切ったら良くないんじゃないか、なんて思っていた。
もう、自分の頭よりもそっちが気になっちゃってしょうがなかったんだけど(俺はパーマだったんでしばらく時間がかかったので)

そりゃあもう、出来上がりには驚いた。
ものすごいショートにして、その毛先もなんだかクルクルして
俺が書くとなんだかおばさんの髪型か、と想像されちゃうかもしれないけど、なんていうか、雑誌とかでよく見るモデルみたいな
髪型で。
パーマもカラー剤も使ってないのに大変身だったの。
もうぜんぜん前と違うの。

で、なにより違ったのはその子の表情なわけ。
仕上がりをみてものすごいにこにこしちゃって。
ちょっとやせてたけどすごい可愛い子だったってのがわかった。
最初はあんなに無口だったのにもうオッサンのバカみたいな
しゃべりにいちいち大笑いしててさ。
もうその美容院の中がほんわかムードだよ。
美容師ってホントすごいな、と思った。
一緒についてきてた人もすごい感謝していて。
俺もその日はなんだかとてもいい気分で、いい美容院を見つけた
とおもいながら帰ったんだけど。


43 :その3  ラスト:03/03/07 00:49 ID:S2PDadTO
先週またその美容院に行ったのね。
その日の施術もとどこおり無く終わって、
さあ支払いだと言うときに、この美容院次回の予約ができるので
それをしようとしたの。
そうすると顧客ファイルみたいなのを開いてチェックするんだけど。
俺の後がその例の女の子のファイルだったわけ。
その子があのあと毎月予約をしてはキャンセルしていたらしい印の
後と(時間が記入されてはバッテンがついていた)
俺の行った日の三日くらい前の日からずーっと黒い太い線が
引かれていたのを見たときに(それも、誰かが悲しくて書き殴ったかのような線で)
急に不安な気持ちになった。
普通、美容院変えるとしても連絡なんてしないし、
もう行きませんなんてわざわざ伝えるなんてしない。
ああ、これは、とちょっと悟ってしまった。

俺の勘違いで、引っ越しだとかなんかそういう理由で
これなくなったんだと思いたいけど、
そのオッサンが黒いスーツパンツで仕事をしてるのを見てしまった。
あのときの表情とか笑い声とかすごいフラッシュバックして
帰り道に号泣してしまった。


44 :大人の名無しさん:03/03/07 00:59 ID:q7/BWSX+
よく分からん。
結局何?

45 :大人の名無しさん:03/03/07 01:24 ID:f95skq/X
>44
え、>41-43がわからなかったの?
いい話だ(そして悲しい)と、思ったけど・・・


46 :大人の名無しさん:03/03/07 01:32 ID:nW39b5g6
>44 小説などを沢山読んで、読解力を養いましょう。

47 :大人の名無しさん:03/03/07 01:40 ID:kvGujYy1
抗がん剤使うと髪が抜けるって聞きますよね。

48 :大人の名無しさん:03/03/07 01:41 ID:cAhknFfP
いい美容師さんだね。その女の子、ホントに嬉しかったと思う。

49 :大人の名無しさん:03/03/07 01:49 ID:q7/BWSX+
え?結局最後は死んだってことか?

50 :大人の名無しさん:03/03/07 03:29 ID:HYi7WRFp
どの書きこみも涙が止まらん。みんな頑張れ。
そして疲れた時にはゆっくり休んでくれ。
神様でも仏様でも天使様でも誰でもいい、
ここにいる人すべてに力と癒しと祝福を与えてくれ。

語彙が貧弱な自分が情けないけど、
とにかくとにかく、みんなに幸せあれ。
 

51 :大人の名無しさん:03/03/07 09:37 ID:J67qsdoy
>>49

>>俺の勘違いで、引っ越しだとかなんかそういう理由で
>>これなくなったんだと思いたいけど、

これがすべてだよ。結末は自分たちには分からない。
最悪の結果でないと願う。

52 :大人の名無しさん:03/03/07 10:19 ID:QbkCmoI9
>>29
嗚咽なんてもんじゃないよ。号泣だよ。
ばぶちゃんのご冥福を、ほんと心から祈ります。そして残された家族に・・・。
幸せが訪れますようなんて、そんなありきたりな事も言えない・・・。
この、ばぶちゃんのお母さんはすごい、尊敬する。

53 :大人の名無しさん:03/03/08 22:50 ID:06xlKmil
>49
もう少し大人になってからこのスレに来てね。

54 :大人の名無しさん:03/03/09 00:09 ID:OMYEdmcr
>>53
うっさい禿げ

55 :大人の名無しさん:03/03/09 02:26 ID:YXtPQ+d2
昨年の話だが、俺の婆ちゃんが入院した。
もう80才近くで結構ぼけも入っていた。
次血圧が下がったらやばいかも、と言われていて、
いざというとき用に喪服も買っていた。
正直小さい頃婆ちゃんとよく遊んだらしいが
あんまり記憶もなく、中学くらいで親が離婚して
父と離れて暮らすようになってからは(父方の婆ちゃんだったので)
顔も合わせていなかったので、そんなにつらくはなかった。
見舞いに行っても俺の顔を見ても不思議そうな顔をしていた。

ある時具合が悪くなり、もしやということで親戚中に連絡が行った。
俺ももちろんかけつけたが、どうやら持ち直したようで、
親戚中が安堵して婆ちゃんの前で談笑していたとき。
親戚の誰の顔を見ても何も思い出さなかった婆ちゃんが、ふと俺の顔を見て
「三味線は?」
とはっきりつぶやいた。
俺達は驚いた。
いったいなんのことかと俺と俺の家族以外は
うろたえたが、俺たちにはわかった。


56 :大人の名無しさん:03/03/09 02:37 ID:YXtPQ+d2
俺がまだ小さかったとき(確か幼稚園)
なにか楽器を習わせようと親が婆ちゃんに相談した。
婆ちゃんは琴をひけるひとだったので、三味線を○○ちゃんがひけたら一緒に演奏できるから
と言う理由で三味線を薦めた。
それから約10年くらい、
親の離婚でゴタゴタするまで俺は三味線を続けていて
そのときまで正月婆ちゃんにあったときは嬉しそうに
どれくらい演奏できるようになったのかと聞いてきていたっけ。
当時俺は実は古くさい三味線がイヤでイヤでしょうがなかった。
引っ越しのどさくさで辞めることができて嬉しかったりもした。
あれ以来三味線に触っていないし、思い出すこともなかったが
婆ちゃんがそのことだけを覚えていたのかと思うとなんだか無性に涙が出た。

「まだやってるよ」
と俺は嘘をついたが、もうそのときには
婆ちゃんはあらぬ方向を向いていた。
生きてるうちに婆ちゃんの前で弾いてやらなくては、と
慌てたが昼食を取っている間にばあちゃんの様態が急変した。
今更焦ってももう遅かった。
その日の夕方婆ちゃんはいってしまったが、
何故ばあちゃんが俺の三味線を聞きたがっていたことを思い出して
弾いてやらなかったのか、今でも悔やまれる。
葬式の日に婆ちゃんの家に行くと小さい頃遊んでもらった記憶が
とにかくいろいろ思い出されて、涙がとまらなかった。
そういえば俺が三味線をやっているから婆ちゃんは俺をひいきして
お年玉が少し多かったりもしたんだ。
あれだけ泣いた葬式も初めてだった。

で、仕事が落ち着いてきたのでまたはじめようかと思ってる。
感覚を取り戻したら仏壇の前で弾いてやろうと思う。

57 :大人の名無しさん:03/03/09 17:00 ID:QEmr9l8i
お婆ちゃんには何よりの手向けになると思うよ。

58 :大人の名無しさん:03/03/09 20:29 ID:XCCMYPMD
>55-56

俺もばあちゃんっこだから泣けました。

ご両親が離婚されたそうですが、当方は自分が離婚してしまい(苦笑)
ばあちゃんの孫である俺の子供(ひ孫)は、ヨメが引き取っています。

しかも飛行機が必要な距離なので、
自分もよくて月一くらいしか会えません。

ウチのばあちゃんは90を超え、まだらボケ状態なんで
覚えてたり全く覚えてなかったりなんですが、正月帰省したときに
"チビたちはどうした?"って突然言われて少し戸惑いました。
"今年は用事があって来れないんだ"って告げると、
ものすごく寂しそうな顔してました。

ショックを与えるといけないと考え、
両親と相談して俺が離婚したことは話してないんです。
ばあちゃんが逝く前に、なんとしてももう一度会わせてあげたいなぁ。
ひ孫である我が子も、"会いたいな〜"って無邪気に言ってたし。


59 :大人の名無しさん:03/03/09 21:22 ID:fgobC6K5
親からの初メール
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/phs/1041698694/

 529 名前:非通知さん() 投稿日:03/03/09 20:25 ID:O6G+1H8D
 ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/6304/oniityan_01.html


60 :大人の名無しさん:03/03/10 00:48 ID:hZXoSUuO
あげ

61 :大人の名無しさん:03/03/11 20:24 ID:H5uW3oBf
ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/6304/oniityan_01.html

泣きました

62 :61:03/03/11 20:30 ID:H5uW3oBf
ゴメン同じのアゲてた
傑作です。


63 :大人の名無しさん:03/03/11 21:01 ID:h1+9tKo2
>>61
すまん・・・。おれにはUDしか出来ない。

64 :大人の名無しさん:03/03/13 11:40 ID:MNNk4Ixf
保守

65 :山崎渉:03/03/13 12:02 ID:FP17MziS
(^^)

66 :大人の名無しさん:03/03/15 09:41 ID:j65QoJ1e
>>29
遅ればせながら、両方読んで会社で涙ぐんでしまいました。
ああ、辛すぎる・・・。

67 :大人の名無しさん:03/03/16 22:16 ID:jJ8bAKHL
保守

68 :大人の名無しさん:03/03/16 22:48 ID:aHG5qniy
>>67 保守ならageれ

69 :大人の名無しさん:03/03/16 22:51 ID:TOtL3+Ce
>>68
書込があれば保守できるのだよ、ageなくても

70 :大人の名無しさん:03/03/16 23:10 ID:uARuvJRk
山一證券元社長の倒産嗚咽記者会見はエロチック!

71 :68:03/03/17 20:04 ID:50G8tbuf
>>69 (ステキななんばぁ)


下がってばかりじゃ、知らない人は通りすぎるのみ。
たまにはあげれ、のレス

72 :大人の名無しさん:03/03/17 23:53 ID:HrK+EYJC
あげさせてもらいます。

73 :大人の名無しさん:03/03/18 10:11 ID:03X1KrMB
高校時代からの親友、悪く言えば腐れ縁というのはよくあると思う。
そんな友達がS、W、Mの3人だった。
年中一緒に遊んだり、バカなことやったりした奴等だった。
バカだから揃って浪人もした。

1浪後、仲間は地元の、私は一人都内の大学に進学した。
距離も離れ、また各々の大学で友達もできたりして、以前ほど遊ばなくなってしまった。
たまに帰郷したときに連絡を取る程度だった。

大学三年の冬、当時つきあっていた私の彼女が事故にあった。
バイト先から駆けつけた時にはもう息を引き取っていた。
彼女の父親に罵倒され、彼女の母親には逆に謝られた。
私はショックで2ヶ月くらい引きこもり、体重も一気に15kgぐらいやせた。

やっとまともな生活ができるようになった頃、Sから『久しぶりに皆で旅行にでも』と誘われた。
あいつらには彼女の事は言ってない。
今の状態で行こうか迷っていたが、私もこのままではいけないと思い、参加することにした。

続く

74 :大人の名無しさん:03/03/18 10:12 ID:03X1KrMB
北海道に行った。
綺麗な雪景色を見て、美味い物をたくさん食べたが、私はいまいち盛り上がれなかった。
3泊4日の最後の夜、WとMは買い物に出かけ、私はSとビールを飲んでいた。
雑談の切れ間、ちょっとした沈黙の後に、Sが気まずそうに話し始めた。

『俺らバカだから、こんなことしか思いつかなかったよ。
 ごめんなぁ。
 お前が一番つらいときに、力になってやれなくてごめんなぁ。』

Sは泣いていた。『いいって。いいって。』と言いながら私も泣いた。
悲しさが蘇ってきたのと、目の前で私を気遣い泣く友人を見て涙が止まらなかった。
お互い見ていられずそっぽを向き、顔を隠しながら泣いた。

Sの話だと、地元で偶然会った私の母から聞いたのだという。
SはWとMに相談し、今回の旅行を計画したそうだ。
その後、帰ってきたWとMを交え、私達は朝まで飲み明かした。


今は私も結婚し、WとMには子供もいる。
そして今年の6月、最後まで独身だったSがついに結婚する。
S、ありがとな。スピーチはまかせろよ。
これからもW、Mと一緒に酒を飲もう。

駄文&長文スマソ。

75 :大人の名無しさん:03/03/18 13:40 ID:NsV4Qapm
>>73-74
本当に友達っていいですね。
あなたには、本当に悲しい過去だったでしょうけど、
友達に恵まれて良かったですね。
いつまでも、その友情を大切にして欲しいと思いました。

76 :大人の名無しさん:03/03/18 14:47 ID:NYdE2PSn
あんた、良い友達持ってほんとに幸せもん。
何にも代え難い財産ってのは、こういうのを言うんだろうな。
大事にしてくれ。

77 :大人の名無しさん:03/03/18 19:02 ID:U+nZmqD5
>>73

いいなあ、素晴らしい友情だなあ。
いつまでも仲良く。

当方女です。
よく「女の友情は紙より薄い」とか言われてしまいますが、
こういう素晴らしい友情を誰かと築くことができたら
良いなあと心から思いました。

78 :大人の名無しさん:03/03/18 21:57 ID:oEQfd7e1
>73
本当にいいお友達だ。誰もが、こんないい友人を持てるわけでは
ないと思うよ。一生大事にしてね。
そして、友達に何か辛い事があったら、今度はあなたが手を差し伸べて
あげて。あなたなら、きっと力になれるよ。

79 :大人の名無しさん:03/03/19 23:02 ID:vS6d+pEF
8年程前に飼ってた犬が死んだんだけど、その時の話。

その犬は庭で飼ってたんだが、一度具合が悪くなった時に外じゃ寒いと思って、
玄関に入れてあげたんだ。その時の喜びようといったら、ションベンもらしながら
跳ね回って、あちこちに足だの顔だのぶつける始末。それ以来、家の中には入れない
ようにしてたんだ。

でも、下半身が麻痺しちゃう病気(犬種によってかかる可能性がある特殊な病気らすい)
にかかって死ぬ事が分かった時、家の中に入れてやったんだよね。

ところが喜びもせずに、玄関の扉を見て俺の方を見ないんだよ。
ずっと家の中にいる家族に、背を向けてるのよ。
俺の嫁とトマトが大好きで、殆ど全ての人間に腹だしてなついちゃう野生の欠片も
無い奴だったが、多分俺達家族に自分の死ぬとこ見せたくなかったんだろうね。
自分が死ぬ事を分かっていたんだろうね。象の墓場の話、あれに似た感じかなと思ったよ。

自分の死を自覚しているんだろうから、寂しかっただろうし甘えたかっただろう。
しかし、野生なのか奴なりのプライドなのか。奴の気丈な姿を見たときに
号泣というか嗚咽というか。ボロボロになったな。

たいした話でもない上に、長文すまそ。

80 :79:03/03/19 23:05 ID:vS6d+pEF
さらにsage忘れすまん。
73の友人のような、素晴らしい人間求めて旅に逝って来る。

81 :大人の名無しさん:03/03/19 23:15 ID:DLiwPZ5l
>>79

逝かないで。私はじーんとさせてもらったよ。
あ、でも私も素晴らしい友人は探しにいきたい(笑)

動物の野生の誇りというかプライドというか、
そういう部分って人間は絶対に踏み込めないし
きっと本当の理解もできないと思う。

あなたの大事な飼い犬は心の奥底に「野生の強さ」を持っていたんだね。
例え飼われていても忘れてなかったんだね。良いお話をありがとう。

82 :大人の名無しさん:03/03/20 04:52 ID:1pMG/SrM
>>29
全部は読めませんでした

世界中の子供たちに健やかな夢と

明るい朝がきますように

昨年3歳と17日で長男を亡くしました
あんなに祈ったのに…
神様はいないんだと思ってました
それでも祈らずにはいられません どうか健やかな笑顔を

83 :大人の名無しさん :03/03/20 13:48 ID:5OckEZRZ
育児に疲れた時読んでみると私なぞマダマダ甘いと思う。
手話を覚えたての次男に涙

ttp://www.kodomomiraizaidan.or.jp/miraisyo/6zaidan.html

84 :大人の名無しさん:03/03/20 13:49 ID:5OckEZRZ
下げ忘れスマソ

85 :大人の名無しさん:03/03/20 14:36 ID:j365uYwo
>>81
>動物の野生の誇りというかプライドというか、
>そういう部分って人間は絶対に踏み込めないし
>きっと本当の理解もできないと思う。
そうじゃない。
動物の「心」が見えたとき、自分の「心」で考えてみるといい。
そして、相手に共感できたとき、「人間も動物なんだ」と気付かされるだろう。
種が違うからと自ら溝を作ることはない。
相手のプライドに踏み込めないのは、相手が動物でも人間でも同じだよ。
踏み込まなくていいから、理解しようとしてあげようよ。
動物にも、僕らと同じように「心」があるんだよ。
言葉はなくてもちゃんとわかるさ、一緒に暮らした家族だもの。

86 :大人の名無しさん:03/03/20 17:14 ID:Kw2pW14x
>>83
>二歳になったばかりの息子にとって小指を立てる動作はまだ難しいのです。
>小さな手で呼んでくれた「おかあさん」はどんな大きな声よりも、どんな流ちょうな日本語よりも、いとおしく
嗚咽どころじゃ・・・
弟をうらやむお兄ちゃんにもよくこのお母さんは答えたね。
>今になって実家の母が言います。「あの時、おまえは息子のことがふびんだったかもしれないけど、私には
>孫だけでなく“おまえ”もふびんだったのよ」と。ここにも計りきれない親心がありました
こんな親に育てられたから、このお母さんは子供を受け入れられたのかもね。

83さんも「マダマダ甘い」なんて言わないで、一人で頑張りすぎないで。
育児に疲れたらここででも吐き出しに来て欲しいな。



87 :大人の名無しさん:03/03/21 03:05 ID:hN4EHzN4
私がまだ20代前半の頃です。
バイクのレースに夢中で、人を蹴落としてまで上を目指そうとしていた。
下のレベルでは勝ち負けを争えるレベルになり、上への道が開けた頃、
レース中の事故により両足への深刻なダメージを負ってしまった。

すぐに救急車で病院に運ばれ、簡単な処置をしてもらい
ほとんど千切れかけた足を洗浄する為、手術室に向かう時
チームのみんなの顔が見えた。

自分の足の状態がどんなものか理解していなかった私は、
深刻そうな顔の監督やメカ、泣き続けてる彼女に、
「大丈夫すぐに怪我治すから」と声をかける。

そしてその横にいたレースを始めた頃からの友達のK。
私が「ぅん???お前、次のレースやろ、何してんねん、早くサーキット戻れ!」と言うと
Kが「お前がこんなんなってんのに走ってる場合ちゃうやろ!」と一言。
その言葉を聞いたとたん何か体の中からグッと込み上げて来るものがあり
涙が止まらず、人目もはばからずしゃくりあげて泣いた。

こんな事は当然の事なのかもしれないが、レースしか見えて無かった私に
人の優しさのありがたみを教えてくれた。
結局、足に少し障害は残ってしまったが、10年以上たった今でも、彼は大切な仲間です。
駄文、失礼。


88 :大人の名無しさん:03/03/21 18:02 ID:hIId7vE5
もう10年以上前に妹を亡くしました
母が妊娠中期過ぎあたりで早産し、生後1週間ほどでこの世を去りました

ミルクも飲めず管をたくさん付けられて、保育器の中で一生懸命動いていました
小さい小さい体でよく1週間も生きていてくれました。

家に連れて帰り、管の付いていない顔を見ている時はなんとも思わず
顔だちが綺麗だとか、もったいないとかそんな話をしていました
葬式の準備の為父の実家に行き、妹を仏壇の前に寝かせて大人達が
せわしなく動いている様子を見ていましたが、服を着せるのか何か
準備があったようで(このあたりうろおぼえなのですが)叔母が
布団をめくったとき
「ああ、ちゃんと手を組んでるんだねぇ」と言ったので、妹の手に
目をやりました。

小さい手、細い指、それがしっかりと胸の上で組まれているのを見た瞬間
のどの奥に物凄い圧迫感を感じ、瞬時に「吐く!」と思ったので
突っ伏したのですが、のどの奥からは何も出て来ず、かわりに涙がぼろぼろ
出て来るのを止められませんでした。

その後の事はあまり良く憶えていません、次にある記憶は火葬場でした。

未だに妊婦さんや赤ちゃんを見るとふとこの事を思い出してしまいます。


89 :大人の名無しさん:03/03/22 15:11 ID:m+jzjrqO
>>88
辛かったんだね。
あなたの心の傷の深さを思うよ。

90 :大人の名無しさん:03/03/22 16:41 ID:WJgrqsYa
今日は雨で花粉が飛んでないのに
パソコンの周りはティッシュの山です。
みんな一生懸命生きてるんだね。

既出だったらすみません。
ここに勝るとも劣らない名スレです。

死んでしまった人との最後の何気ないコミュニケーション
ttp://hobby2.2ch.net/occult/kako/1040/10401/1040130746.html

91 :大人の名無しさん:03/03/24 12:21 ID:zuGyCc6n
保守

92 :大人の名無しさん:03/03/24 19:41 ID:bOdd0cxv
あげ

93 :大人の名無しさん:03/03/24 22:31 ID:INp9iZi0
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1045332247/219

94 :灰エース:03/03/26 02:59 ID:xcjYOhUy
おばあが亡くなった。入院していたんだけど、病気は快方に
向かっているという知らせを聞いたその日の夕方、母親と買い物に
出かけている間に容態が急変したらしい。

病院に駆けつけたときにはすでに霊安室に運ばれていた。

取り乱す母とは反面に、俺は泣けなかった。
ただ、なぜ今日は買い物に行っておばあの見舞いに行かな
かったんだと自分を責める母を見るのがすごくつらかった。

自宅におばあをむかえて死に水を取ったとき、いまに目を
開けるんじゃないかと思うくらい安らかな寝顔だった。

遺品を整理したら、箪笥の奥から俺の赤ん坊の頃から高校までの
写真が出てきた。大事に取っていたんだな・・・・

小さい頃から俺の兄弟でも俺ばかりを可愛がってくれたおばあ。
俺が生まれて3か月の時に、おじいを火事で亡くしてから、俺を
おじいの生まれ変わりと思ってか可愛がってくれてたんだけど、
俺はうたとくて、よく邪険にしてたな。。。

おじいが死んで25年。世話を焼く相手の俺はもう会社勤めになって
学生の頃のように、おばあの用意した朝ごはんを食べることも
無くなって5年、寂しかったんだね・・・ごめん・・・

通夜の晩、真っ暗な仮眠室で横になって、初めて大泣きした。

95 :大人の名無しさん:03/03/26 15:43 ID:PnaFmiPk
まだ29の若造ですが、四捨五入ってことで勘弁を…

先日の事、中学の頃の同窓会がある。との話を聞いて
10年以上昔の友達に会うのも悪くはないだろう、と思い参加してみました。
待ち合わせ場所にいってみると、思ったより参加者が多く懐かしい顔が一杯。
昔話にわいわいと華を咲かせてました。

私には一人、楽しみにしてた人がいました。当時の私の彼女にして、初めての恋人。
いろいろと若気の至りなどもあり、高校の頃に別れたのですが、
その後、風の便りで結婚したとの話をきいてました。
旦那ののろけ話や子供の自慢話でも聞いてやろう、と思い彼女を探したのですが、それらしい人物もいなく。
「欠席なのかな?」ぐらいの事を考えていたのですが、どうも気になって
飲み屋に到着し一息ついた後、彼女の友人(今回幹事でした)にこっそり聞いてみました。

と、そこで聞かされたのは彼女はもうこの世にはいないと。
二年前の冬、癌だったと。
悪い冗談でも言ってるのかと思ったけど、そうではなく……。
そのときはただ驚いた、という感じで。周りのざわついた雰囲気のおかげかもしれませんが。
ただこのことを知ってるのは同級生でも一部だけだとか。
そりゃあよほど仲よくなければ、その後なにしてるかなんて知らないか……

時間も立ち、会も終わって私の車で同級生を送った後、
ふと一人になったら急に彼女の事が思い出されて。
それも、嬉しかった事とか楽しかった事とか、いい事ばっかり。
気づいたら車の中で男一人泣いてました。
思い出は美化されるっていうけど、昔の思い出ってのは、いつまででも綺麗なままなのかなぁ……

96 :大人の名無しさん:03/03/26 18:49 ID:ZhC1Jase
家族、親戚、友人、恋人など世の中には様々なつながりがあるが、
どんなご縁であれ、自分とかかわりがあった人が
あの世へ旅立ってしまうというのは本当に悲しいね。

逝く方も残される方もそれぞれ辛い。死と言うのは何と過酷な試練なのか。

まだ身近な人には死なれていないんだけど、
その日がいつか必ず来ることを思うと、胸が締め付けられる。
このスレを見ると、どんなご縁でもできる限り大切にしたいなあと思う。
  

97 :少々おじさん:03/03/26 23:48 ID:+v7Wi66k
>95
なんとなく(で悪いが)気持ちはわかる。泣いたのも理解した。
若くて青くて初々しい頃の彼女だもんなあ。訳あって別れたとしても
亡くなったってのは悲しいね。数年間のなじみもあっただろうし。
君は今幸せにやってんだろ?がんがってんだろ。ただ、そのコトを
偶然聞いて、2年間も知らなかったこともあってカナシクなったんだろ。
まあ、元気出してくれよ。
俺は親友1&ニア親友2に死なれて(但し皆男)結構凹んだけどな。
そのうち必ず親とか大事な人が亡くなる時期が来るんだよ。


だがしかし!同窓会の帰りに車で同級生を送って事故って死んだら
別のスレにカキコされるぞ!
ちなみに、俺の小学校卒業時点の同級生で13人が既に亡くなってるんだよ。
しかも、当然病気とか事故とかあるけど、なんと自殺が5人もいる。
(俺今40才ジャスト。同級生は合計約90人:新宿区だけどね)
離れ離れだし、子供の頃の古い友達だってもなー。
誰も止められなかった訳だな。
古くから、一期一会って言うけど、出会いは大切に付き合いは大事に
すべきだと思う若めのおじさんでした。

98 :少々おじさん:03/03/26 23:53 ID:KFeemgDp
悪い!
説教調になってしまったね。すまん。
ぜひ元気出してくれ。

99 :大人の名無しさん:03/03/27 22:17 ID:QtuFzdvV
>>97
40歳で90人の同級生のうち5人が自殺か・・・・
十分嗚咽に値する数・・・

身につまされる・・・

100 :97じゃ:03/03/27 22:48 ID:uaSiS+vy
>99
だがね、俺の小学校の時の同級生でわかってるだけだぜ。
ちゅーがくこーこー及びだいがくとまだまだ同級生おるのよ。
大学の友達が一週間来ねえってんで下宿に様子見に行ったら
倒れてて慌てて救急車呼んだけど救急隊の人が「亡くなってます」
ってコトもあったから多分もっと死んでると思うぞ。

自殺も身につまされるが、↑は重症糖尿病だかんね!19才だぞ。
俺の友達知り合いってよか統計的には結構近い線でいなくなってるんじゃ
ないんか?

101 :大人の名無しさん:03/03/28 09:22 ID:VkeF56Bs
今日も生きていることを
今日もあの人が生きていることを
大切にして今日一日を生きよう

102 :大人の名無しさん:03/03/28 10:54 ID:LKo5rrXW
>>101
何もここでテストしなくても・・・。

103 :大人の名無しさん:03/03/28 23:08 ID:NKCVd5By

 ひっそりと 咲いて散りゆく 桜かな・・・

104 :大人の名無しさん:03/03/29 01:01 ID:c4ePjmxe
誰か前スレ持ってません?

105 :大人の名無しさん:03/03/29 06:19 ID:q53vbyVC
ここで
泣ける2ちゃんねる
http://tear.maxs.jp/

106 :大人の名無しさん:03/03/29 23:05 ID:c4ePjmxe
>105
ありがとう

107 :大人の名無しさん:03/04/01 02:25 ID:qLQp5+3Y
高校生の頃、親友が自殺した。
原因は、中絶したことの罪悪感からだった。
その子はとても大人しくて男と付き合って、
ましてやそんなことをするようには
全く見えない子だった。
初めにうち明けられた時は、彼女のお腹には赤ちゃんがいた。
両親とはもめたが産むことを許してもらえたと、とても嬉しそうだった。
しかし、彼女の笑顔を見たのはそれが最後だった。
保母さんになるのが夢だった子供好きの優しい子だった。

次にあった時彼女はとてもやせこけていた。
彼女は何も喋らなかった。ただただ泣いていた。
きけば、相手の親にこっぴどく罵倒されたと彼女の母から聞いた。
しかも相手の男は、声も出さずに泣いていた彼女をかばうことなく
淡々としていたというのだ。
そして、「うちの息子の子供だという確証はあるんですか?」とか
「子供が出来たのはお嬢さんの知識が不十分だったんじゃありません?」
とまで言われたのだという。

ただでさえ精神的に弱っていた彼女は追い詰められ、とうとう中絶を決意した。
そうでもしなければ、相手の親が毎日でも嫌がらせにやってきていた。

108 :続き:03/04/01 02:28 ID:qLQp5+3Y
手術当日、私は彼女に付き添って病院まで来ていた。
あれ以来ほとんど何も食べていない彼女の身体はやせほそって
手術に耐えられるかどうかさえ危なかった。
直前まで彼女はずっと空を見ていた。
会話は全く無かった。

数時間後、彼女の手術が終わった。
まだ完全に麻酔の切れていない彼女は、泣きながら上の空でずっと
「赤ちゃん天国いけるよね・・・」「赤ちゃんちゃんと供養されるよね・・・」
「ごめんね・・・ゆるして・・・」と繰り返していた。

私は彼女が落ち着くまでしばらく会わないほうがいいと思い、
家に立ち寄らなかった。
今思えば、もっと会いに行けば良かった。本当に後悔している。
数週間後、彼女の母から電話があった。
彼女が自殺した、と。
呆然とした。何も考えられなかった。
もしかしたら手術の失敗で・・・とも思った。
自殺だとは考えられなかった。
私はまっさきに相手の男に問いただした。
すると、手術代に慰謝料まで上乗せしたしたんだから
もう関係ない、自分は悪くない、と抜かしたのだ。
生まれて初めて、人に殺意を抱いた。
泣きながら、そのどうしようもない男に目一杯の言葉を
浴びせてやった。男は反省の色など全く見せなかった。


109 :続き:03/04/01 02:29 ID:qLQp5+3Y
通夜にも葬式にも相手の親は表れなった。
世間体、彼女の死の原因は拒食症、ということになっていた。
私は悔しくてたまらなかった。
相手の学校にバラしてやろうかとも思った。
だが必死に押さえた。そんなことをしてもあの子は喜ばない。

納骨された彼女の骨はほんとうにわずかで、少なかった。
高校二年の冬のことだった。

あれからあの子のような経験をする子が一人でも減らしたいと思い、
産婦人科医を目指したが挫折し、今は高校の保険医をしている。
複数の異性と付き合うのが当たり前になってしまった
現代の子供達の、私のお説教がちゃんときいているかは
分からない。が、避妊に対する考えを改めてくれた生徒もいる。
今でも、彼女の親とは交流が続いていて、月命日には
お線香をあげにいっている。











110 :大人の名無しさん:03/04/01 10:44 ID:kZAh6H0x
>>107
一人でも多く伝わるといいね

111 :大人の名無しさん:03/04/01 12:31 ID:wy2o8Fny
>>107

つらいね、そして酷い男だったね。
でも相手の男や家族には別の形で必ず報いがあるから。

あなたやご親友、そして彼女のご両親の気持ちを考えると涙が出てくる。
うちにも娘がいるから、胸が締め付けられるよ。

あなたのお仕事をきっとご親友も空から見ています。
ご自分の素晴らしい天職、まっとうなさって下さい。
応援しています。

112 :西尾 ◆AKUMAl5GUU :03/04/01 13:31 ID:KJwXCCzS
「ウチの○○ちゃんが悪いなんてあり得ない!オタクの娘さんがたぶらかしたに
 決まってます!そもそも本当に○○ちゃんの子供かどうかも判ったもんじゃない!」
こんな親にこんな育て方されたら、そりゃ情けない無責任男にしか育ちようがない。
この男はきっと成人してもおやじになっても一生ダメ男だろうな。
気の毒とは思いながら敢えて苦言を呈すれば、男を見る目が無かったって事だろうか...。

113 :大人の名無しさん:03/04/02 00:42 ID:lj7fRoCa
>112
全く持っていってる事は正しいと思うが、何も死人に鞭打つような事言わんでも…


114 :大人の名無しさん:03/04/02 02:00 ID:Q1oGSewm
>>112
亡くなった人に対して居丈高な態度で
苦言を呈する?いい年こいて頭おかしいんでない?

>>107
親友の御冥福を祈ってるよ。


115 :大人の名無しさん:03/04/02 04:09 ID:UZHKPCum
なにも「頭おかしい」とまで言わなくても。。。
112もそうだけど、打ち終わってから書き込むまでに
主観・客観の両方において何度も読み返した方が良いよ。
特にこんないいスレでは。

116 :大人の名無しさん:03/04/02 20:16 ID:D3tKk6V2
彼女が自分の夢を求めて海外に旅立った。
強く「行くな」といえばきっと行かなかっただろう。
でもそうしたらお互いきっと後悔することは目に見えている。
一応1年後には帰国予定。

地方空港ゆえに成田へ行く便は小型のプロペラ機だった。
これに乗ってお別れと言うのもさまにならないねと笑いながら乗り込む。
「笑顔で別れて笑顔で再会」を合言葉に見送った。

そろそろ成田から目的地を目指して飛立つ頃だろう。
嗚咽と言うほど重いものではないかもしれないが
30半ばの男が涙を出さずに泣いている。今日は呑もう。


117 :大人の名無しさん:03/04/02 20:29 ID:0UesblHP
1年は長いようで短いよ。私も経験あります。
彼女も自分を磨きに頑張って海外に行ってるのだから
貴方も頑張って自分を磨いておいてください。
今日は泣いて明日には笑顔で頑張ろう!!

118 :大人の名無しさん:03/04/03 14:27 ID:dRwCj+pF
>>111
自殺された子の親には自殺と言う報いが既にある
相手の男はどうかわからんが噂を流せば一発
いずれにせよそんな報復をしてもあまり意味はない
>>115
2ちゃんねらーの悪い癖だから気にするな

119 :大人の名無しさん:03/04/04 02:54 ID:xdL/Fhkp
>>116
古い恋を思い出した。
何にも縛られずに夢を追うあの子が好きで好きでしょうがなかった。
あの子の目に映るものを見たくて、俺も同じものを見ようとした。
何にも縛られないあの子が好きで、俺なんかにも縛られて欲しくなかったけど
我慢できずに「好きだ」と言ってしまった。
けれどあの子はやっぱり俺なんかに縛られようとはしなかった。
優しく笑ってはくれたけど、俺なんか眼中になかった。
俺はそんなあの子がやっぱり好きで好きでしょうがなかった。
でもそれはもうどうしようもなくて、どうしようもなかったから、
俺は今度は俺の夢を追った。壮大で馬鹿げた夢だった。
何年もかけて俺なりに頑張って、そして、やっぱり夢に届かないと悟ったとき。
俺はやっと気付いた。俺はあの子と対等になりたかったんだと。
そして、やっぱり追い付けなかったんだと。
泣くしかなかった。
格好悪いな、俺。

120 :大人の名無しさん:03/04/04 03:58 ID:osvVf7+A
>>119
切ないね…。
でもその恋で、119は自分の夢に向けてがんばったんだよね?
自分を磨いたんだよね? 恋する前の自分より成長できた部分、
それが彼女がくれたものだよ。
素敵な彼女に追いつこうってがんばった119も素敵だと思う。

こんな時間にいい話を読めてよかった。ありがとう。

121 :大人の名無しさん:03/04/05 09:00 ID:uusaN/DF
>>119

かなわない恋だったんだね。
でも120さんと同じで、私も119さんは素敵だと思う。

成長する、頑張るって、口で言うのは簡単だし
ちまたに溢れてる言葉だけど、なかなかうまくはいかないもんだよ。

119さんが精神的に大きくなれたのは、夢に向かう彼女の姿を
曇りのない瞳でまっすぐ見て追いかけていたからだと思う。

それは充分誇りに思って良いことなんだよ。
ちっともかっこ悪くなんかないよ。
もしあなたが私の弟だったら、「あんたは偉いよ」ってちゃんと言う。

119さん、今はちょっと疲れてるのかな。
ここで吐き出したら、また立ち上がってね。
大きくなったあなたを見つめる人が必ずどこかにいるよ。

122 :大人の名無しさん:03/04/07 11:59 ID:MU5W18j5
保守です

123 :大人の名無しさん:03/04/07 22:24 ID:/UBbjfHk
身元不明のホームレスとして死んだ父親
身勝手な人だった。母の婿養子として結婚して店を継いだにも関わらず
遊蕩三昧で店をつぶし、借金を残して店の従業員と逃げた。
そんな父が私は大嫌いだった。
母と二人父の写真を燃やして、父のすべてに別れを告げた。
それから母子二人必死で生きてきた。
でも父の遺品として、私の写真と「娘へ」とマジックで書いたビニール袋いっぱいの小銭を
渡された時になぜか涙がこぼれてきました。
ずるいよ・・お父さん。



124 :大人の名無しさん:03/04/07 23:25 ID:XDjumGZ1
>>123
>でも父の遺品として、私の写真と「娘へ」とマジックで書いたビニール袋いっぱいの小銭

泣けた…・゚・(ノД`)・゚・
自分勝手な人だったかもしれないけど、あなたのことを本当に愛して
いたんだね。

125 :大人の名無しさん:03/04/08 02:23 ID:ba/fOhUj
>>123
全てを失って初めて反省しても、もう合わす顔がなかったんだろう。
せめて心だけでも迎えてあげようよ。
なんて言われなくても大丈夫だよね、もう「お父さん」と呼べてるんだから。

126 :大人の名無しさん:03/04/08 14:37 ID:WQeBvK+U
最初は某板でネタコピペとか探してたんですが、
途中で見つけた良スレとかを辿るうちにここに着きました。
ここを読んで、最近半ば絶縁したようになってる親に、ちゃんと謝ろうと思いました。
(誰に言っていいのか分からないけど)皆さんありがとう。

127 :大人の名無しさん:03/04/08 22:19 ID:ysZUGjR0
過激板で見つけた。最初の方の内容でちょっと気が引けるけど泣けた。

925 :なまえを挿れて。 :03/04/08 21:50 ID:CaiX4eyF
俺の体験ではなくて、消防の頃に目撃した、未だに、おそらく一生忘れられない
両親のセクースの話で恐縮なんですが・。 20年くらい経った今でも、昨日のようの
ことに思い出します。

少学5年の夏休みが終わりの頃でした。 いつものように飯を食って風呂に入って
一旦寝たんですが、なんか夜中1時頃になっても寝つけませんでした。で、何か
食おうかなと思いつき、1階の居間に行くことにしました。

階段を降りかけたところで、両親の寝室のドアが5センチくらい開いていて、何やら
騒がしい(?)声が聞こえました。

俺は、既に何回も、声と気配を感じたり目撃していたため、ある意味(?)
慣れていました。 時には、部屋に帰ってオナーニのおかずにしていたので。(笑)

だからその時も、 「あ、またヤってるのかな。でもドアしめろよな〜 !」と、半分ムカ
ツキながらも、いつものようにスケベ心がムクムクわいてきたので、抜き足差し足で
ドアの隙間に近寄り、息を潜めて、中のようすをうかがいました。

この日は、月の光がとても明るくて、部屋の中はわりと鮮明に見えました。

128 :大人の名無しさん:03/04/08 22:20 ID:sFpXHgoh
926 :なまえを挿れて。 :03/04/08 21:51 ID:CaiX4eyF
ベッドの上で、パジャマ姿の父が、あお向けに寝ている母に覆い被さるように
していました。 セクースする前かした後かはわかりませんが、抱き合っていました。
何故か母はすすり泣いていました。 そんな母を父は抱き、キスしたり頭を撫でながら、

「大丈夫や。 何も、心配すんな。○○(俺)も○○(妹)も、ええ子やから。」
「俺がついとるから、何も心配すんな。大丈夫、大丈夫。 愛してるから。待っとるから・・」
「心配すんな○○(母の名前) 愛しとる!俺がついとるから! 」 などと、大きな声で語り
かけていました。 

やたらと 「大丈夫」とか「心配すんな」を繰り返す父に、俺は何か、いつもと違う雰囲気を
感じていました。 なんか、切羽詰った雰囲気でした。

その後、母が半分叫ぶように、
「○ちゃん(父の名前)、私怖い・・!嫌や〜。お願い、ずっと抱いてて!怖い!」と
言いました。そしたら父が、
「アホ!おまえがそんな弱気でどうする!絶対戻ってこような、大丈夫やから!」と
叫ぶように言い、なんか、父まで泣き声ぽくなってきて、二人で抱き合って大泣きし
はじめました。

俺は唖然としましたが、目が話せなくてそこから動きませんでした。

129 :大人の名無しさん:03/04/08 22:21 ID:sFpXHgoh
927 :なまえを挿れて。 :03/04/08 21:52 ID:CaiX4eyF
しばらくしたら、母の泣き声がなんか喘ぎ声ぽくなってきて、フッと見ると、いつの間にか
パジャマを脱いだ両親がヤってました。 父は何度も母の名前を呼び、今まで見た事も
ないような優しいしぐさと声で、母を愛撫していました。 母は喘いでいるだけでなく、
やっぱり泣きつづけていました。

「絶対直るから。絶対良くなるから。俺がついてるから! がんばって治そうな。
正月になったら、また○○(俺)と○○(妹)とお前で、グアムあたり行こうか!なぁ!」

と、父が母に語りかけました。

その時になって、俺は母が何か病気かケガをしていて、ちょっとヤバイ事になってる
のだということを、初めて知りました。母ちゃんヤバイんか? どんな病気なんや?
何なんだ一体!! と、激しく動転しましたが、俺は何故か一歩も動けず、声も出せ
ないまま、両親をそのまま見ていました。

そうこうしているうちに、母がいつのまにか父の上に乗り、腰を動かし始めました。
ふとんがほとんど剥がれていて、揺れるオパーイが月の光で丸見えでした。
母は泣いているようにも笑っているようにも見えました。

130 :大人の名無しさん:03/04/08 22:22 ID:sFpXHgoh
928 :なまえを挿れて。 :03/04/08 21:53 ID:CaiX4eyF
「○ちゃん(父)と結婚して、私とっても幸せや・・。」 みたいな事を、母は言いました。
何故かその言葉で、俺は、勃起しながら泣いてしまいました。
その後、どのくらいその場にいたか覚えてませんが、気付いたら俺は自分の布団で
泣いてました。 その夜は、結局一睡もせずに終わってしまいました。

その翌日、ばあちゃんが家にきました。 母は、「お母さんしばらく病院いくから、ばあちゃんに
ご飯つくってもろてね。」みたいな事を、普通に明るく言い、病院に行きました。 
俺は、頭が真っ白になりました。妹は全然わからないみたいで、「いってらっしゃーい!」と
元気に送り出しました。 

母は、そのまま入院し、11月に亡くなりました。 末期の膵臓ガンでした。38歳でした。
父は、男手ひとつで俺と妹を育てあげ、妹を嫁に出した4年前、母のところに行きました。

俺は今、嫁さんとこの家に住んでます。 心なしか、両親の寝室(今はほとんど物置(?)
に行くと、嫁さんとケンカしていても、優しい気持ちになり、すぐに仲直りできる感じがします。
嫁さんもそう言ってます。

長文失礼しました。
                      

                以上。コピペでした。

131 :大人の名無しさん:03/04/08 23:11 ID:RJRkJTpG
>>127-130

コピペとのことですが、ここでレスさせて下さい。

私35歳です。子供も二人います。
三年後に38歳になった時、うちの子供もちょうどこのお子さんと
同じ年齢ぐらいになります。

お母さまのお気持ちとお言葉、そのお母さまを抱いたお父さまのお気持ち、
そして何となくではあっても事情を察していたお子さんを思うと
涙が止まりません。
 

132 :大人の名無しさん:03/04/09 11:57 ID:Perb8TB3
納豆ご飯くいながら泣いてしまいました。

133 :大人の名無しさん:03/04/09 17:30 ID:ICLYcD4Y
>>127-130をコピペするのに躊躇しましたが
>お母さまのお気持ちとお言葉、そのお母さまを抱いたお父さまのお気持ち、
>そして何となくではあっても事情を察していたお子さんを思うと
>涙が止まりません。
この131さんが仰る通りで、迷いながら貼ってみました。

お父様を見送られ、この本人が今や所帯をもたれて
親のコトを手本に円満に家庭を営んでいることが
とても尊く暖かいものに感じられました。 
私も自分と自分の回りの人を大事にしようと思いました。

134 :大人の名無しさん:03/04/10 02:31 ID:oGRGdDO0
>>133さん
良いコピペ有難うございました。
初めは「うげ!両親のセクースをズリネタに…」と思いましたが
最後には暖かい気持ちと涙…。

私の両親は怖いセクースをしてたのです。
両親は昔から仲が悪く嫌がる母に無理矢理してたんです。
家が狭かったのでその時は布団に潜り息を殺してました。
だからセクースには嫌悪感が今でもあります。
>>127〜130のコピペを読んで
そんな私でも無理に迫る事もなく優しく見守ってくれる
主人に感謝しようと思いました。
そして私もそんな状態になった時は彼のご両親のように優しいセクースを
して欲しいとも思いました。
少し嫌悪感が減りました。ありがとう。

135 :大人の名無しさん:03/04/10 17:35 ID:Qie/ywMt
>29
二つとも一気に読んでしもうた。。。(号泣)
3ヶ月の赤子を持つ身なので、非常に身につまされるよ・・
「かわいい、かわいい」って私も良く言うので尚更・・

死ぬことって、至極当たりまえで当然の摂理なのに
どうしてこんなに悲しいのだろうか。
故 佐藤健記者は偉大だわ・・
ヽ(´Д`)ノウワァァァアン!!

136 :大人の名無しさん:03/04/11 09:20 ID:Hf2uZwVQ
私もコピペで失礼します。
他板で見かけて不覚にも涙してしまいました。
もともとは801板に書かれたものらしいです。
以下に貼り付けます。


長いんだが(゚Д゚)ゴルァ!させてください・・・

ばあちゃん(゚Д゚)ゴルァ!
四年ぶりに田舎帰ってその帰り際に押し問答で押しきられた封筒の厚さがおかしいと思ったら
 5 0 万 もはいってましたよ(゚Д゚)ゴルァ!
渡されるとき変だな変だな〜って思ってましたよ(゚Д゚)ゴルァ!
1万円でも漏れには大金なのに 5 0 万 て何事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
漏れはちょっと前に事故で死にかけて、今すげー金欠ですよ
でもな、ばあちゃん
何やってんですか(゚Д゚)ゴルァ!
50万てばあちゃんその金稼ぐのにどれだけ苦労しましたか?
ばあちゃんが作ってうってる野菜ひとふくろ100円ですよ(゚Д゚)ゴルァ!
ひとふくろたった5本の胡瓜だけれどそれをつくるのにばあちゃんどれだけ苦労しましたか(゚Д゚)ゴルァ!
曲がった腰更に曲げて草取り水遣り肥料遣りに支え作り袋詰だって楽じゃないですよ(゚Д゚)ゴルァ!
ばあちゃん、体きついって、頭痛い腰痛い足痛いって言ってるじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!
ばあちゃんの胡瓜はばあちゃんの命すり減らして作ってますよ(゚Д゚)ゴルァ!
金額も金額だけど、金の価値はそれだけじゃないですよ(゚Д゚)ゴルァ!
漏れはばあちゃんの命を喰ってるようで涙が止まりませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
田舎にも帰らず28P300円でフォモ本作って売りさばいてたりしてごめんなさい(゚Д゚)ゴルァ!
漏れの本とばあちゃんの野菜は価値が違うよ
四年ぶりに会ったばあちゃん、ちっちゃくなって
声もちいさくなって前はきりきり働き者だったのに頭痛いってずっと寝てましたよ(゚Д゚)ゴルァ!
        




137 :大人の名無しさん:03/04/11 09:20 ID:Hf2uZwVQ
医者いってください
整体いってください
頼むから!
頼むから、ばあちゃん!
「被爆者手帳で医療費ただだから気にせんで」って
医療費ただでも交通費はただじゃないじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!

「あんたが生きててくれて嬉しいん。
このお金で車買い、今使わなくても結婚資金にすればいいから」って(゚Д゚)ゴルァ!
ばあちゃん(゚Д゚)ゴルァ!

自分どうすればいいですか(゚Д゚)ゴルァ!
結婚資金どころか相手もいないですよ(゚Д゚)ゴルァ!
ばあちゃんを安心させて喜ばせてあげたいのにそれすらできませんよ(゚Д゚)ゴルァ!

使えません、使えませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
受け取っちゃったんで返せませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
かえしたらばあちゃんきっと悲しむ
でも返したいですよ(゚Д゚)ゴルァ!
漏れはどうしたらいいですか(゚Д゚)ゴルァ!
 

138 :大人の名無しさん:03/04/11 09:21 ID:Hf2uZwVQ
漏れは悪い孫ですよ
ばあちゃんにそんなことしてもらえる価値なんてないですよ

四年も田舎に帰らなかった自分(゚Д゚)ゴルァ!

帰らなかった間にばあちゃんすげーちっちゃくなってるじゃないか(゚Д゚)ゴルァ!
手の骨とかポキンて折れそうですよ(゚Д゚)ゴルァ!
漏れにはなんてことのない四年だったけど
ばあちゃんが年をとるには十分すぎる年月なんだな(゚Д゚)ゴルァ!

ばあちゃん、ばあちゃん、しんじゃ嫌だ
しんじゃいやだよう
ずっと生きてて漏れに孝行させてください(゚Д゚)ゴルァ!
漏れに背中もませてください
手つないで坂道歩かせてください(゚Д゚)ゴルァ!
ひいばあちゃんひいじいちゃん、事故のとき漏れを助けてくれてありがとう!
まだばあちゃんまだ連れてかないでください(゚Д゚)ゴルァ!

次の休みは年末だ(゚Д゚)ゴルァ!
祭りにはいかねえ
田舎に帰るよ
ばあちゃん待っててな(゚Д゚)ゴルァ!
いっしょに温泉行こうな
漏れ少ない給料がんがってためるよ(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!
    

139 :大人の名無しさん:03/04/11 09:23 ID:Hf2uZwVQ
……以上、コピペで失礼しました。

私、もう祖母いないんです。
父方の祖母は生まれる前に亡くなってたし、
母方の祖母も小さい時に亡くなってるから記憶がないし。
いいなあ、ばあちゃん……(涙)
 

140 :大人の名無しさん:03/04/11 10:18 ID:PBUqgZGh
ではそういう祖母になればいい

141 :大人の名無しさん:03/04/11 16:09 ID:jKunTigz
>>139
すっご……い泣けたよ。いいコピペ紹介してくれてありがとう。

この( ゚Д゚)ゴルァ!してる人も、すごいいい子だよ。
おばあちゃん、この子が本当に可愛くって仕方ないんだね、わかる。
この子も、きっと頑張ってお金ためておばあちゃんを温泉に連れて行って
あげるだろうね。

鼻かんでくる。

142 :大人の名無しさん:03/04/12 19:33 ID:QAG1d/wo
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1039597069/558-561

泣きますた。号泣です。

143 :142:03/04/12 19:36 ID:QAG1d/wo
コピペ改変なんだけどね。貼った方が良かったかも。貼ります。

558 名前:1/4 投稿日:03/04/12 02:59 ID:yXfW0hhy
この前妻に先立たれたんですよ、この前と言っても随分前だけどね。
で、生まれて初めて一人で乳児を育て始めたわけですわ。正直最初は乳児を育てるのって簡単だと思ってたのよ。みんな普通に育児してるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは男一人でやるもんじゃない。女性だね、お母さんが愛情込めてやるものだよ。
最初に寝かせつける時さ、めちゃめちゃびびってお腹そろ〜ってさすって頭そろ〜っと撫でたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか怖くなって手を止めちゃったのさ。
そしたら娘がさ「もっと撫でて!」って感じでぐずるの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だからお腹トントンしたのさ。えぇ、そりゃもうトントンしましたとも。全てを忘れてトントンしたよ。
ちょっと強すぎるんじゃないか、とか実はそろそろミルクやる時間だとかオムツも確かめないといけない事とか色々忘れてね。
だって娘が撫でろって言ったからね。
そしたらエライ事になった。
もうすごい号泣。すごい喧しさ。耳元でシンバル鳴らされたくらい。空港の隣に住んでる人でもきっと驚く。
それで横見たら娘がすごい勢いで俺の事見てんの。ホントごめんなさい。
正直「男なら女房の忘れ形見くらい一人で育てるぜ!」なんて見栄張らないで素直に娘と一緒に妻の後を追えばよかったと思ったよ。
心の底から一人で育てると決めた事を後悔して今後の事を不安に思ったね。
でも会社行って同僚に「赤ん坊の世話なんて簡単だな!専業主婦なんてただの暇人だよ。」とか言っちゃってんの。
ホント俺ってダメ人間。
誰か助けて下さい。


144 :142:03/04/12 19:36 ID:QAG1d/wo
559 名前:2/4 投稿日:03/04/12 03:00 ID:yXfW0hhy
この前娘の尻に赤い染み見つけたんですよ、初めてね。
で、生まれて初めて娘の初潮に気付いたわけですわ。正直最初はそんなの簡単だと思ってたのよ。みんな普通に気付いてるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは男親が処理するもんじゃない。女性だね、母親でなくてもいいからとにかく女性がやるものだよ。
最初に娘に知らせる時さ、めちゃめちゃ怯んで娘の肩そろ〜って叩いて「あのさ」って静かに囁いたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか言いにくくなって下向いちゃったのさ。
そしたら娘が俺の視線に気付いてさ「もっと早く言ってよ!」とか怒るの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから謝って生理用品買いに行ったのさ。えぇ、そりゃもう買いましたとも。全てを忘れて買ったよ。
俺は結構ごつい外見してる事とかレジのお姉さんが結構若くて綺麗な事とか夜用と昼用がある事とか色々忘れてね。
だって娘が家で恥ずかしがりながら俺を待ってたからね。
そしたらエライ事になった。
もうすごい血まみれのゴミ箱。すごい血まみれ。俺の方が貧血になるくらい。 赤ん坊一人の血の量くらいあるかもしれなかった。
それで横見たら娘がすごい勢いで俺の事睨んでるの。ホント頼むから紙に包んで捨てなさい。
正直「男ならなんでも対応できるぜ!」なんて見栄張らないで素直に職場の若い子とかに聞いておけばよかったと思ったよ。
心の底から一人でパニクった事を後悔したね。
でも会社出て友達に話した時に「娘もこれで一人前だな!欲情すんなよ」とか言われて顔で笑って腹で密かにむかついてんの。
ホント俺ってダメ人間。
これから思春期迎える娘、俺一人で平気なのかなぁ。


145 :142:03/04/12 19:37 ID:QAG1d/wo
560 名前:3/4 投稿日:03/04/12 03:00 ID:yXfW0hhy
この前娘が大学受けたんですよ、初めてね。
で、生まれて初めて娘の合格発表を迎えたわけですわ。正直最初は合格発表見に行った娘の電話待つのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通に待ってるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは普通の親が待つもんじゃない。裏口入学者の親だね、合格確実な親だけが安心して待てるものだよ。
最初に受話器上げる時さ、めちゃめちゃびびって受話器そろ〜って握ってそのままそろ〜っと耳に当てたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか怖くなって戻そうとしちゃったのさ。
そしたら電話の向こうで娘がさ「ちょっとお父さん聞いて!」とか言ってんの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから「どうだった?」って聞いたのさ。えぇ、そりゃもう聞きましたとも。全てを忘れて聞いたよ。
高1の時から決めてた第一志望だとか強気な娘は滑り止め受けてないとか…受かってたら彼女は一人暮らしを始めると決まってる事とか色々忘れてね。
だって娘が聞けって言ったからね。
そしたらエライ事になった。
もうすごい合格。すごい「サクラサク」。満開過ぎて涙出てくるくらい。遠山の金さんなら肌色が見えなくなってる。
それで横見たら鏡の中の俺がすごい勢いで涙こらえてんの。ホントごめんなさい。
正直「いい父親なら娘との距離は適度にとるべきだぜ!」なんて見栄張らないで素直にもっともっといろんな話をしときゃよかったと思ったよ。
心の底から娘との会話が減っていた日頃の自分を恨んだね。
でも妻の実家言って義理の両親に「これで一段落ですよ!これからは少しは一人の人生楽しもうかな。」とか言っちゃってんの。
ホント俺ってダメ人間。
娘よ、たまには帰ってきて下さい。


146 :142:03/04/12 19:37 ID:QAG1d/wo
561 名前:4/4 投稿日:03/04/12 03:01 ID:yXfW0hhy
この前娘の結婚式に出たんですよ、初めてね。
で、生まれて初めて娘と腕を組んでバージンロードを歩いたわけですわ。正直最初はバージンロード歩くのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通に歩いてるからさ。
あのね、俺が間違ってた。あれは父親が歩くとこじゃない。新郎だね、どうせ連れてっちゃうなら最初から新郎が腕組んで歩けばいいんだよ。
最初に歩き始める時さ、めちゃめちゃびびって右足そろ〜って踏み出して左足そろ〜っと揃えたのよ。
10秒くらいかけてさ。でなんか不安になって娘の方見たのさ。
そしたら娘がさ「お父さんしっかりして!ロボットみたいだよ」とか言うの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから堂々と歩いたのさ。えぇ、そりゃもう歩きましたとも。全てを忘れて歩いたよ。
娘のドレス姿が眩しすぎるとか今からでも回り右してやりたいとか時折励ますように娘が組んでる手に力を入れてくるとか色々忘れてね。
だって娘がしっかりしろって言ったからね。
そんで新郎のとこに辿り着いたらエライ事になった。
もうすごいキス。すごい突然頬にキス。しかも「私からの最後っ屁じゃ!」って囁きながら。何だよ、それ。俺を泣かせたいのか、笑わせたいのか、泣いてやるよ。
それで横見たら新郎がすごい神妙な顔で俺の事見てんの。ホント幸せにしないとぶっ殺す。
正直「男なら余裕持って娘を送り出すぜ!」なんて見栄張らないで素直に新郎を10発くらいぶん殴りゃよかったと思ったよ。
心の底から笑顔で送り出した事を後悔したね。
でも式場出て娘に「お前の世話も大変だったよ!これからしばらくはお母さんとの思い出に浸るぜ。」とか言っちゃってんの。
「お母さん」でいてくれた時間が短すぎて名前で呼んだ事の方が多かったな、翠。
僕はいつも君と一緒にあの子を育ててきたつもりだ。
もう何年かしたら胸を張って君に会いに行きます。誉めて下さい。



147 :大人の名無しさん:03/04/12 19:59 ID:AjlpXtpZ
娘を持つ父親ですが、涙が出た・・・・
特にラスト3行。

さだまさしの「親父の一番長い日」でも聞こう・・・

148 :大人の名無しさん:03/04/12 22:11 ID:fXEiOHOp
またまたいいコピペだ…。
また泣いちゃったよ。いい話すぎる。

このお父さん、最高。娘さん、きっと幸せな人生を送るよ。

149 :大人の名無しさん:03/04/12 23:58 ID:DusW/T2c
コピペだろうが何だろうが.....
何でこうも、みんな、素敵なんだ。。。








150 :大人の名無しさん:03/04/13 00:18 ID:F1q5WxJe
なんだよこのスレにこのコピペ群。
人間まだまだ捨てたもんじゃないじゃないか。
どれもこれも最高の話だよ。頼むから泣かせんでくれ。

みんな幸せになりやがれこんちくしょーー!!
遠くから祈ってるから。
  

151 :大人の名無しさん:03/04/15 00:06 ID:0wAdL2jj
保守

152 :大人の名無しさん:03/04/15 01:18 ID:udxVzhW1
最高の四部作だな。

153 :大人の名無しさん:03/04/15 06:37 ID:/Wmryajx
>>143〜146
私も片親で育ちました。父の大変だったろうな〜と朝から涙が止まりません。
この場を借りてとぅ〜ちゃんありがと!!



154 :sage:03/04/15 06:40 ID:/Wmryajx
ageちゃいました・・逝ってきます

155 :大人の名無しさん:03/04/16 15:58 ID:p+0z6aCs
>>154
逝かなくていい。戻ってこ〜い。

156 :大人の名無しさん:03/04/17 09:31 ID:x6K3L87K
泣きたくなると...読み返して...
泣いてる私って...

157 :山崎渉:03/04/17 10:28 ID:jXf/Dbui
(^^)

158 :大人の名無しさん:03/04/17 11:35 ID:BwD4514+
泣き虫になっちゃうぞ

159 :大人の名無しさん:03/04/19 13:38 ID:nNTD0ag4
保守

160 :山崎渉:03/04/20 05:27 ID:aoltBWWq
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

161 :山崎渉:03/04/20 05:31 ID:aoltBWWq
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

162 :大人の名無しさん:03/04/20 21:50 ID:Yo/hplbq
>>160-161
泣けた。。。

163 :大人の名無しさん:03/04/20 22:13 ID:mtwKfvgb
良スレage

164 :実話です ◆cejt1IAVjg :03/04/21 12:54 ID:ulcqCloE
シリーズを全部読ませて頂き、本当に心の底から泣いてしまいました(いい歳した
おっさんですが...)。お恥ずかしながら私の体験談を書かせて頂きます。
ネタではなく実話です。それと、長文なのでスマソです。

もう10年も前の話になりますが、父が他界しました。
原因は心不全とのことでしたが元気だった父のことを思うと全く考えにくい
ことです(スポーツマンだから心臓が強いと言うのはあてになりませんね)。
ちょうど私が大学4年生で、大学院への進学も決まっていた時です。
父は3年前から身体の調子が悪いと言う理由で近所の診療所へ行ったその日に
大学病院の集中治療室へ入ることになってしまいました。
原因は未だに私も知らないのですが、重なる疲労で心臓が弱っていたのだと
思います。

私と父との関係はあまりいいものではありませんでした。
家庭ではあまり口やかましくない父でしたが、家族サービスがあまり得意でない
こともあり、休日は毎日家で寝ていました。今思えばかなり疲れていたんだなあと。
しかし子供の頃はそう言う父がとても嫌で、また同級生の家族が旅行などへ行った
話などを聞くたびに「なんでウチは旅行に行かないの?」と母を困らせていました。

私のウチはそれほど裕福な家庭ではありませんでした。
父は8人兄弟の長男で、父の父(私の祖父)は漆塗り職人でしたが、戦後職を失い、
家でブラブラしており、家計は子供達の収入で賄っていました。
父は旧制小学校を卒業後、家のために職を転々とし、独学で英語を習って在日米軍の
通訳として定職につきました。
しかしその職も戦後の復興とともに暇を持て余すものとなり、母と結婚したばかりで
解雇となってしまいました。


165 :実話です ◆cejt1IAVjg :03/04/21 13:16 ID:ulcqCloE
家計が辛かったのはそれが直接の原因ではありません。
父が結婚しても一番下の兄弟達はまだ子供で、おまけに次男と三男は家を飛び出し
外で借金を作る毎日でした。その支払いと養育費が賄えない祖母はたびたび母の
ところに来てはお金を貸してくれと嘆願したそうです。

そんな時、私は生まれました。
4つ離れて弟も生まれ、つましいながらも元気に育ちました。
思い出ですが、父は私が高校入試を控えた時期、遅くの時間まで担任の先生と電話で
話をしていました。その中で「○○(私の名前です)には希望通りの高校に行かせたい
んです」と親ばか丸出しで志望校の絞り込みを懸命になっていました。
勉学のことでは私の大学院受験の際にもエピソードがあります。
参考書が欲しかったのですが、当時買うお金がなく、困っていると父が綺麗に4つ折り
された1万円札を私に差しだし、これで買えと言ってくれました。当時父のお小遣いは
月に1万円でしたので涙が出ました。

166 :実話です ◆cejt1IAVjg :03/04/21 13:31 ID:ulcqCloE
病院に呼ばれたのは朝方でした。
病室に駆けつけると父は心臓マッサージを受けており、その光景があまりにも滑稽に
思えたことを記憶しています。父が死ぬ分けない。これはおふざけだ。
そんな感情が私を現実から引き離したのだと思うのですが、「ご臨終です」の一言で
私はキレてしまい、「僕がやります!」と病院で怒鳴り散らしてしまいました。
その時、母は暴れる私を押さえつけ、「すみませんでした」と深々と頭を下げていました。

お通夜の後、私は父の祭壇でビールを飲みました。
父が健在の頃、私は1度した父と飲んだことがありませんでした。
初めて父と飲んだ時。それは成人式の時でした。
住まいが地方なので成人式=同窓会みたいなところがあり、式終了後は会場の前で
同級生を探し、飲みに行くと言うのがパターンなのですが、私は中学・高校といじめに
あっていましたので、友達がほとんどおらず、成人式もお誘いのないまま帰宅しました。
そんな私の姿を見ていた父は、夕方になると「おい、飲むぞ!」とばかりに少しの焼き鳥と
缶ビールを私の前に置き、乾杯と言ってプルトップを開けました。
正直、照れくさかったですが、とても嬉しかったです。不器用さが思いっきり出ており、
またお小遣いが少ないのに焼き鳥まで買ってきて。

祭壇の前で私は泣きました。嗚咽ほどではないですが、泣き崩れると言うのはこう言うこと
なのかと思うほどでした。

その4年後、私は結婚しました。父はいませんが、母と弟は私の結婚をとても喜び、その時に
初めて母の目に光る涙を見ました。
しかし結婚生活は5年でピリオドを打ち、父がいないことから相手に都合の良い条件で離婚話は
進行しました(そのことは今でも母は悔しがっていますが)。


167 :実話です ◆cejt1IAVjg :03/04/21 13:59 ID:ulcqCloE
離婚後、生活はすさみました。そんな私を見て弟が私の家にやって来、立ち直って
欲しいと繰り返しました。最後には涙を見せながら。正直その時の私は自分のこと
で精一杯でしたので、立ち直るとかそう言うことには全く興味がありませんで、
一方的なお節介にしか聞こえませんでした。弟は自分のネックレスを外し、私に差し
出しました。それは父が在日米軍にいた頃の隊員証(名前と血液型が掘られた
プレートです)で、弟が持っていた父の形見です。立ち直って欲しい。きっと父が
見守っているから。そう何度も繰り返しながら泣いていました。私は声にならない
「グフォ」と言う息が喉から出ると、涙が止まらず溢れてきました。
これが嗚咽なのかと初めて知りましたが…。

その2年後、私は再婚することができました。今はとても幸せに暮らしており、今の
奥さんは母をとても大切にしてくれます。
結婚式で最後のスピーチの時。私は用意しておいた原稿をすっかり忘れてしまい
(酔っぱらっていたと後で言われましたが)、その時一番心に思っていることを挨拶
代わりにしました。


「かあちゃん、ありがと」

母は笑いながら、照れながら、泣いていました。


本当に本当に長文で済みませんでした。
また乱筆乱文を最後までお読み頂けたことにお礼申し上げます。


168 :大人の名無しさん:03/04/21 14:55 ID:CAUUKxwv
>>164-167
いい話だと思いました。ありがとうございました。
不器用ながらもとても優しいお父様の姿に感動しました。
あなたも再婚されたとのことですので、
いつの日か、不器用でも優しいお父さんになって欲しいと思います。

169 :大人の名無しさん:03/04/21 17:09 ID:xdY0Xrim
>>164-167

素敵なお話をありがとう。家族の絆っていいね。
今はお幸せなご結婚をなさってるとのこと、
お喜び申し上げます。

あなたの中にお父さんは永遠に生き続けますよ。
お母さんと弟さんも素敵な方々です。
  

170 :大人の名無しさん:03/04/23 10:05 ID:WjmOz0ey
すみません、触発されて俺もお話しさせてもらう。

俺が結婚したのは俺が20、妻が21の時で、学生結婚だった。
二年ほど、貧乏しながら幸せに暮らしていたが、あるとき妊娠が発覚。
俺は飛び上がるほど嬉しくてひとりではしゃぎ、
無茶はするな、という妻の言葉も無視し次の日には退学届けを提出。
叔父さんの経営している会社にコネで入れてもらった。
まあ、とにかく俺はやる気満々で働きまくって子供元気に育てるぞ!
ってなもんだった。単純だった。

その後しばらくして交通事故で妻がお腹の中の子と一緒に死んだ。
このあたり本当に今でも良く思い出せない。
なにやら言う医者につかみかかって殴り飛ばしたこと、
妻を轢いた車の運転手の弁護士を殴り飛ばしたことは
うっすら覚えている。(むちゃくちゃだ)

そのあとは本当に記憶が曖昧だが、
葬式もきちんとすませ、手続きなんかもテキパキこなし、
何日か実家で休んだあと家に戻った。
それからは日付の感覚もなく、テレビも見ず、ただ米を炊いて、食って過ごした。
自分が鬱なのだとか落ち込んでいるのだとかそういう思考もなかった。
自分でも状況がよくわかっていなかった。
なんとなく、カッターで指先を軽く切っては治るまで放置する、
とかいう今思うとほとんど病気(そうだったのだろうが)のような
事を繰り返して過ごした。
突然夜中に涙がぼろぼろ出てきて混乱したりしたが、
オナニーして寝てやった。
死のうという気持ちもなかったと思う。
当時のことを友人や親に聞くと、様子伺いの電話などには
きちんと受け答えしていたというのだがあまり覚えていない。
おそらくそんなこんなで半年は生活していたと思う。


171 :大人の名無しさん:03/04/23 10:21 ID:WjmOz0ey
ある時夢を見たが、何の夢かは覚えていなかった。
とにかくひたすら謝っていたように思う。
ふと目が覚めて、ああ、なんか悪夢をみたなと
体を起こしてその光景に心臓が止まるかと思った。

目の前に小さな女の子がちょこんと座って俺を見ている。
なんだこれは、夢か?まだ夢か?と思いながら
自分の心臓の鼓動で視線がぐらつくのを感じてびっくりした。
とっさに水子の霊だと思った。死んだ俺の子が化けて出たと思った。
そのときがはじめて自分の妻と子供が死んだとちゃんと
認識した時だったように思う。
その子が、「大人なんだから、ちゃんとしなきゃだめなんだよ!」
と俺を叱りつけた。
もう混乱に継ぐ混乱だ。汗なんかダラダラ出て、
俺、心臓麻痺で死ぬんじゃないかと思った。寝起きだしなおさら。
そのとき、部屋のドアから大慌てで隣の部屋の奥さんが入ってきた。
「すみません!この子勝手にはいっちゃって・・・」
そこでやっと現状を把握した。
よくよくみれば、この子は隣の家の子共で、
妻がいた頃はなんども会話を交わしたことのある子だった。
ドアを開けっ放しにして寝ていたところに入ってきた実在の人間だ。
幽霊じゃない。
ああ、違うのかと思った瞬間、
なんだかベロリと目の前の幕がはがれたような感じで、
俺はその子にしがみついて号泣していた。
「すいません」と「ありがとうございます」を意味不明に連発していたと思う。

あとから聞いた話では、そこの一家はひきこもっていた
俺のことを心配してくれており、
何度も夫婦で何をして上げたらいいか、と相談していたらしい。
その相談を一人娘のその子は聞いていて、
落ち込んだ大人を励ましてやろうと活を入れにきたらしい。すごいやつだ。

172 : :03/04/23 10:33 ID:MB2co/CO
幸せ立ち

173 :大人の名無しさん:03/04/23 10:35 ID:WjmOz0ey
とにかく、その日がきっかけで俺はカウンセリングに通い、二ヶ月ほどで職場復帰。
届けも出さず休んでいた俺を休職扱いにしてくれていた叔父は
快く迎えてくれ、しばらくのあいだ毎晩メシをおごってくれた。
隣の夫婦とも仲良くなり、寝起きの悪い旦那を起こしてくれとか言う理由で毎朝家に呼ばれ、朝飯をごちそうになった。(かなり強引だ)
とにかくもう俺の周りの人間が神級にいいひと達だった。
俺は救われたし、妻と子供の死をちゃんと悲しむことができた。

で、その娘さんが先月結婚した。(すでにその隣室の親子はマイホームを建て引っ越していったが未だに仲良くしてもらってる。)
親戚が少ないから、とか言う理由で式にまで俺が呼ばれ、
親族紹介のあとその子と話す時間があった。
俺とその子は口が悪い感じの関係で(15も年が離れているのに)、
その日もあまりにも綺麗になったその子に動揺して
「オメーまだ18才なのに結婚しちゃってもったいないな」
などと俺が言うと笑いながら
「寂しいのか、あんた?」などといいやがるので
寂しいよ!と言った。
俺は昔、お前に助けてもらった、おまえのお父さんとおかあさんにも
助けてもらった、だからお前のこととても大好きだ、
だから寂しい!とまくし立てるとまた号泣していた。
30過ぎたおっさんがヒックヒック言いながら花嫁の前で号泣だ。
はずかしい。気づくとその子も大泣きだ。
新郎側はびっくりしただろうな。親以外のおっさんと新婦が大泣きしてるんだから。

俺は今でも結局独り身だが、
その子が困ったらなにがなんでも助けてやろうと思っている。
恥ずかしいのでその子には言わないが。
もう俺にとってはあの子は自分の娘みたいなものなのだ。
なにぶん前半は10年くらい前のことなので
なんだか人ごとのように淡々とした文章で申し訳ない。
本も読む方じゃないし文章も稚拙ですまん。
漫画みたいな話なので2ちゃんで書くのは恥ずかしいと思っていたが
このスレを見ていたら俺も書き込みしたくなった。長文すまん。

174 :大人の名無しさん:03/04/23 11:24 ID:mRdsbxul
仕事中なのに泣いてしまった。。。。

173さん 何時か又、素的なパートナーに巡り会えますように
貴方にも隣で優しく寄り添ってくれる女性が現れますように。

175 :大人の名無しさん:03/04/23 11:44 ID:/psVVWxV
>>173
幸せになってください。

176 :大人の名無しさん:03/04/23 11:48 ID:7/vmYS1q
>>170-171>>173
この世知辛い世の中で何ていい話だ・・・
あなたは奥さんお子さんを同時に亡くし、筆舌につくしがたい辛さを味わった。
でも、周りに救われましたね。
隣のご家族がこんなに暖かいとは・・・。
人間の暖かさ、良さ、と言うものを見せて貰いました。ありがとうございました。

177 :大人の名無しさん:03/04/23 12:47 ID:6eLc/5NB
営業車の中で泣いた。

178 :大人の名無しさん:03/04/23 14:57 ID:2IOgUpWO
>>177
運転気をつけてね。

179 :大人の名無しさん:03/04/23 16:33 ID:xbiWcUg4
>173
本当に辛かったんだね…でも、神様はあなたを見捨てはしなかった。
その女の子も幸せになってほしいね。
そんないい女の子に育てたそのご両親もすばらしい。

心が温まった。ありがとう。

180 :大人の名無しさん:03/04/24 21:17 ID:7tBRicr4
>>173

私も泣いてしまいました。
文章が稚拙なんておっしゃらないで。そんなことないよ。心にしみる文でした。

あなたを支えて下さった方々は皆さん神様か天使なんだね、きっと。
そしてあなたご自身もきっと素晴らしい方なんだと思う。
あなたの中の光に、神様も天使も手を差し伸べてくれたんだよ。

血の繋がりも何もないお隣の娘さんの結婚式で、今まで受けたご恩を
思い出して号泣する30代の男性、素晴らしいじゃないですか。
人間ってまだまだ捨てたもんじゃないって思わせてくれてありがとう。

ほんとは今日自殺したいとまで思っていました。
でもこのスレを拝見して、ほんの少し、踏み止まろうと思いました。
ありがとう。
 

181 :大人の名無しさん:03/04/24 22:11 ID:7ai7lME+
>>180
何があったか知らないが、うまいメシ食って、
風呂に入って、肩まで入って暖まれ。
湯上がりのビールを飲んで、たっぷり眠れ。
朝日とともに起きて、散歩してみろ。
世の中そんなに捨てたものじゃないぞ。

182 :大人の名無しさん:03/04/24 22:17 ID:NUeIHdX5
自殺はあとが迷惑するからやめてね。
警察,検死、葬式の手配、親族近所に連絡
普通に葬式出すだけでも大変なのに、葬式に弔問に
来てくれた人達に何て挨拶させるの?
自分の事だけ考えて自殺するのは究極のエゴイスト!!

183 :大人の名無しさん:03/04/24 23:57 ID:GxnOE1xo
ナンカ、カコイイ

184 :大人の名無しさん:03/04/25 08:14 ID:CzbQzoAI
180です。

181さん、182さん、どうもありがとう。
いろいろ精神的に追い詰められていたもんで……

2ちゃんには前向きな人たちが集まるスレも多いので、
意識してそこを巡回するようにしました。
皆様から少しずつ力を頂戴します。
そしていつかは自分も誰かに力を貸せる人間になれるよう頑張ります。

スレ違いですみません。一言お礼を言いたくて。


185 :大人の名無しさん:03/04/25 09:12 ID:dDb7WV1u
>>180
何があったのかはわからないですが、世の中なるようにしかなりません。
追い詰められた時はやれることだけはしっかりやってあとはケセラセラ〜。
人事を尽くして天命を待つ&ケセラセラ(なるようになるさ!)が
モットーの私です。

これだけでは何なので、かくいう私も昔はやたら悩みまくりの躁鬱状態でした。
引越し準備が終わらないから死にたくなりました。今思うとアホっぽいですが
その時の自分には深刻な問題だった。終えられない自分がイヤになった。
自分が何も出来ない人間のような気がした。
その時の私は仕事上の人間関係が元で会社を辞めて、派遣に移ったばかりで
自分に自信がどうしても持てなかったし、何をする気力も無くて、汚部屋住人だった。

でも、その時に男友達が「手伝うよ」と手伝ってくれた。毎晩残業の後で
電車で片道1時間半かけて0時頃にやってきては片付けてくれた。
すごい部屋を見て、でも文句も言わずに手伝ってくれて、時には
徹夜で作業してまた1時間半かけて会社に出かけていった。

1週間の修羅場だった。彼のおかげで片付けも無事に終わった。
後は引越し業者を待つばかりとなった前夜に御礼を言った。
「ありがとう。本当はもう片付けが終わらないから死のうかと思ってたよ」
冗談めかして言った言葉に彼は悲しい顔をして口にした。
「死ぬなんて言っちゃダメ。冗談でも言っちゃダメだよ」

186 :185:03/04/25 09:13 ID:dDb7WV1u
それから、ぽつりぽつりと彼は話した。
彼の大学受験の時にお兄さんが交通事故に遭ったこと、生死を彷徨い
死なずには済んだものの、下半身付随で車椅子生活を送っていること。
「だから死ぬなんて気軽に言っちゃダメなんだよ」

いつも大人しい年下の彼の内面を初めて見た気がした。
その時の私は知らなかったが、彼はずっと前から私の事を好きでいてくれた
らしい。その私が彼の前で冗談のように死ぬなんて言葉を使った事が
悲しかったんだろうと思う。
それから、口癖のようになっていた言葉を使うことをやめた。
死を軽軽しく考えていた自分が恥ずかしかった。
わかっていたつもりで、何もわかっていなかった自分が本当に恥ずかしかった。

軽い躁鬱は今も治らないけど、このことがあってから、少しは浮上してきた気がする。
うまく書けなくてごめんなさい。

187 :大人の名無しさん :03/04/25 12:57 ID:ZE/SMndb
>彼はずっと前から私の事を好きでいてくれた

あなたの存在そのものが誰かを幸せにしてるんだよ。
忘れないで。

188 :大人の名無しさん:03/04/26 00:03 ID:XFOPJLz5
>>187

素敵な男性だね。優しくて、そして強い。
そしてそんな男性に想いを寄せられるあなたもきっと素敵な女性。
 

189 :185:03/04/26 21:24 ID:+X4dVhFu
>>187-188
ありがとうございます。
そう言って頂けると、気恥ずかしくて穴があったら入りたい気持ちになりまつ。

その彼とは6月に結婚することになっております^^;


190 :大人の名無しさん:03/04/26 23:50 ID:IcRsRGeM
>>185
をいをい、そーゆー落ちかい。ここは嗚咽スレだぜ。
人の人生なんて分からないもんだよ。おめでとう。
つらい想いもすべて人生の糧になると信じているよ。君に幸あれ。
辛い時はネットに書き込め、赤の他人でも共感し進む道標になる事も
あるってこった。深く考えすぎるな。気楽に過ごせよ。
もう一度言う、ネットは君の味方だ。おめでとう。



191 :187:03/04/27 00:50 ID:AqrEXQfz
>>185
それはよかった!本当におめでとう。
いや、なんとなくそうじゃないかなとは思っていたんだけどね。
なんだか素直にうれしいよ。なんでだろ・・・
とにかくよかった。お幸せに!!

192 :大人の名無しさん:03/04/27 01:01 ID:eWmxdzkW
>>185

きっとID変わってるはずですが188です。
なんとご結婚とは〜〜。おめでとうございます。

188を書いた時、素敵な彼とのその後をぜひお聞きしたかったのですが、
立ち入った質問かと思ってご遠慮したんです。
でも最高の「その後」をお聞きすることができて本当に良かった。

素晴らしい男性とこれからの人生を歩むあなたに幸あれ。
本当におめでとう。
 

193 :大人の名無しさん:03/04/28 06:57 ID:GTrG6yxM
学生時代に好きな人がいた。
相手は私が好きだと言うことをしっていたが、付き合うまでには至らなかった。
久しぶりに彼と電話で話す機会があった。
私に会ってみたいと言うその人に当時テレやだった私は「えー会いたくないよぉ」
と気持ちと逆の事を言ってしまった。
彼がコンビニでバイトしていると聞いた。
買い物客を装って「すごい会いたかったから会いに来ちゃった!」と言おうと思ってた。
でも、気はずかしくって行く勇気がなかなか出なかった。
ある日、家の電話がなった。
彼が事故で入院したそうだ。おどろいて病院にかけつけた。
久しぶりに会った彼は口にチューブ、足は包帯がぐるぐる巻きだった。
意識不明の重態だった。
手を握って話しかけた。「ごめんね・・ほんとは会いたかったんだよ・・・」
すると彼の目から意識が無いはずなのに涙が流れてきた。
彼の母親が「あら・・この子泣いてるのかしら・・・」と・・・
その数時間後に彼は亡くなった。
伝えられなかった思いとあんなことを言ってしまった自分をひどく恨んだ。
しばらく何もやる気がおきなくて毎日泣いていた。

194 :大人の名無しさん:03/04/28 07:10 ID:GTrG6yxM
そんなある日彼が夢に出てきた。
「俺のことは忘れて早くいい人見つけろよ!」と笑いながら言ってた。
起きてからも涙が止まらなかった。
後日彼の友達が「あいつさー、俺なんかに好きだって言ってくれるやつは
最初で最後だろうなって言ってたよ・・・」と。
又泣いた。
それから立ち直るまでにかなりの時間がかかった。
だけど、それ以来思った事はちゃんと相手に伝えなければいけないと心底思った。
彼はもういなくなっちゃったけど、毎年命日にはお参りに行くようにしています。
「ほんとは会いたかったんだよ・・・素直になれなくってごめんね・・・」

195 :大人の名無しさん:03/04/28 07:11 ID:GTrG6yxM
sage


196 :大人の名無しさん:03/04/28 23:51 ID:gGvU/OC5
>>193
(/_<。)ビェェン

197 :大人の名無しさん:03/04/29 00:05 ID:LAwFpNC8
>>193-194
相思相愛でも言えなかった事ってありますよね。
何かね恥ずかしかったんだよね。
誰でもあると思う。
でも、最後の最後に言えてよかったね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

198 :大人の名無しさん:03/04/29 03:13 ID:ZK+0oFEJ
スレ違いかもしれないけど。

2年前、鬱病になったとき、カウンセラーに「あなたが受けていたのは立派な虐待です」って言われた。
その病院通いが親にばれたとき、母は号泣しながら「ごめんなさい」と言って、「今、あなたのことを
抱き締めたい」って言われた。当時の私はその腕を振り払ってしまった。
あの時、母は「そうだよね。今さらそんなこと言われても抱き締められたくないよね」と言って、泣きながら
帰っていったんだった(私が一人暮らしだったので)。

その母が肺ガンになり、あっという間に脳に転移して脳梗塞をおこし、もう意識がなくなってしまった。

母の肺ガンは、見つかったときすでに4期だった。
ものすごく苦しかっただろうに、実家に帰った時、父は「3月3日にあわせて、お母さんが一生けんめい
市松人形を引っ張り出してきて、桃の花を飾っていたよ」と言われて涙が止まらなかった。

母の全てをいまさら美化するつもりはない。
私が小さいときに受けた傷をなかったことにするつもりもない。
だけど、だけど、ことあるごとに、病気の治った私と出かけたがっていた母を無下に扱い、母を傷つけていたのは
私だったことは事実。
悔やんでも悔やみ切れない。

私は、その母との残り少ない時間を共有しようという気になれないままだけど。。。
でも、そんな自分を責めてしまう。
どうしてあの時、母の手を振り払ってしまったんだろう。
分かり合うことを無駄だと諦めて、逃げていたのは自分だったんじゃないかなって。
愛されたかった、でも、それを口に出さずに黙っていたがゆえに、その手を永遠に失ってしまった。

今、ものすごくさみしい。


199 :大人の名無しさん:03/04/29 22:13 ID:S8SK+Ef+
>198
>どうしてあの時、母の手を振り払ってしまったんだろう。

その時はそうする事しかできなかったんだよ。
しかたがないんだよ。

200 :大人の名無しさん:03/04/29 22:22 ID:/nZQ3Utz
>>198
大丈夫、大丈夫だよ。
あんたはひとりじゃない。

201 :大人の名無しさん:03/04/29 22:34 ID:QyneAeJD
>>198
俺がこの前読んだ本で、
約11ヶ月で人間の体はまるっきり
別人のものと言っていいほど入れ替わってしまうらしい。
新しい血、新しい細胞、新しい爪等々。

で、今の貴方は後悔することができてる。
母親を受け入れることができている。
もし、今だったらおかあさんの手を振り払わないだろう。

だとしたらもう貴方は別の人物だと言っていい。
昔の自分を責めるのはやめようよ。
これから貴方ができることは
いなくなってしまった母を忘れず、想い、愛し、供養すればよい。
そしていつかその愛情を貴方の子供に注げると良いね。


202 :大人の名無しさん:03/04/29 23:22 ID:9ag2lXFO
>>198

親に対する複雑な気持ち、とてもよくわかります。
私の場合は父親なんですが。

あなたのお母さまは「ごめんなさい」って言ってくれたんですね。
泣いてくれたんですね。本当に良かったね。
私の父親はいまだに私の怒りをわかってくれないんだけど。

だからもし私があなたと同じような立場になった時、
父親の手を取れるかどうかは正直わかりません。

以前のあなたがお母さまを受け入れられなかったこと、
責める必要は全くないと思います。199さんもおっしゃってる通り。

もしお母さまに会えるなら、顔だけでも見せてあげて下さい。
それだけで伝わるものがあるような気がします。
うまく言えなくてごめんなさい。
 

203 :sage:03/04/30 15:30 ID:P3mMfTdh
>>198
あなたがその時、母親に冷たくしたからっていっても、それはあなたが悪いわけじゃない。
そうせざるを得なかった訳で。
今更それを悔いても、結果論でしかない。
あなたは悪くない。悪くない。悪くないよ。


204 :bloom:03/04/30 15:31 ID:O8imYu0/
http://homepage.mac.com/ayaya16/

205 :大人の名無しさん:03/05/01 21:13 ID:xURXOsSM
みんなつらくても、がんばって生きてるのね・・

離婚したくらいで、金銭的につらい位で泣いてちゃダメだね・・

がんばろっと・・

206 :sage:03/05/01 21:14 ID:xURXOsSM
ごめん・・上げちゃった・・

207 :大人の名無しさん:03/05/01 21:16 ID:xURXOsSM
そして私のID SMって・・

208 :sage:03/05/01 21:19 ID:xURXOsSM
ごめん・・上げちゃった・・

209 :大人の名無しさん:03/05/01 22:09 ID:9VRa1aGJ
205-208 幸あれ!

210 :おかーちゃんへ:03/05/02 06:03 ID:hL2xtP40
おかーちゃんへ
最近お墓参り行けなくてごめんな。
ホンとは行きたいんだけどさ・・・・・・・・・・・

事故から十二年、いまだにあんたの事考えると涙が出ます。
時間が全てを忘れさせてくれるって言うけど・・・・・・・人それぞれだな。
俺は無理みてーだ。


チコ(カミサンの渾名)のお袋さんが子供らに何か買ってやったり
してんの見て嬉しいけど・・・・・・・・・きゅーと切なくなるもの。
あんたにも買わせてやりたかったなって。。。。。

『バーチャン』って呼ばれたかったよな。
俺も親孝行なんか一個も出来なかったから、そんな幸せ味あわせて
やりたかったなって思うと・・・・・・・・涙止まらないよ。

あの時俺が家に居れば、事故は無かったのかな。
教えてよお袋・・・・・・・・・



だめだキーが霞む・・・・・・・・乱文ごめん

211 :大人の名無しさん:03/05/02 16:27 ID:30sHCNzG
>210
ガンバレ(・∀・)!

212 :大人の名無しさん:03/05/03 01:15 ID:+5rh+eWV
>>210
自分を責めちゃダメ!

ガンバレ・・


213 :ギコ ◆kXGIKOqpx2 :03/05/03 01:26 ID:bqw3DunY
>>210
あなたや家族の幸せがなによりもの親孝行ですヨ。
きっと母上様は、其れを見て微笑んでらっしゃいますヨ。


214 :大人の名無しさん:03/05/05 00:48 ID:NT31HIMw
ほのぼのと保守

215 :210です:03/05/05 02:08 ID:+lQz9H39
>>211−213
ありがと



216 :大人の名無しさん:03/05/06 01:59 ID:5x34EtGr
>>182
エゴイストなのは重々分かっているわけで、
自分が自殺した後のことなんて考えてたら自殺なんてできないわけで、
周りも辛くなったら自殺すりゃあいいじゃん

217 :大人の名無しさん:03/05/06 08:06 ID:e1EoH/HM
>216
ムシカエスノ(・A・)ヤメレ!

218 :大人の名無しさん:03/05/06 14:32 ID:U/kIgLGu
>>170-171>>173
ワラタ

219 :大人の名無しさん:03/05/06 19:30 ID:GZSUIy75
>>26
「知らん、こんな男は知ら…!あああぁぁ………(号泣)」
本当日本一泣ける映画だなぁ…

それにしても>>172に小一時間説教したい。

220 :ageちゃったおわび:03/05/06 19:48 ID:GZSUIy75
春日狂想
          中原中也

  愛するものが死んだ時には、
  自殺しなけあなりません。

  愛するものが死んだ時には、
  それより他に、方法がない。

  けれどもそれでも、業(?)が深くて、
  なほもいきながらふことともなったら、

  奉仕の気持に、なることなんです。
  奉仕の気持に、なることなんです。

  愛するものは、死んだのですから、
  たしかにそれは、死んだのですから。

  もはやどうにも、ならぬのですから、
  そのもののために、そのもののために。

  奉仕の気持に、ならなけあならない。
  奉仕の気持に、ならなけあならない。

221 :大人の名無しさん:03/05/06 20:35 ID:ykO/zEIW
アホなスレにコピペされてたアドレス辿って来たよ。
1時間前まで爆笑してたのに目汁がとまんねぇよ・・・

222 :大人の名無しさん:03/05/06 21:28 ID:e1EoH/HM
>221
目汁ってかわいい響きだね

223 :大人の名無しさん:03/05/07 13:03 ID:O48V58jz
>26> 219
親子で放浪するシーンに涙が止まらなかった・・・
子どもを助けるために、棒かなんかもっていじめっこどもを
追い払うシーンとか、2人で楽しそうに煮炊きするシーンとか・゚・(ノД‘)・゚・
差別はダメだと心の底から思ったね。


224 :大人の名無しさん:03/05/07 16:06 ID:3Iz4V2Tj
移転保守

225 :大人の名無しさん:03/05/07 16:43 ID:Bqj2E+RE
ここって凄くウェットな小説漫画のネタの宝庫のヨカン

226 :大人の名無しさん:03/05/07 22:02 ID:Hy2uh4SC
10年程前の25歳の時、片足を失った。
原チャリで走行中に歩道から飛び出してきた少女を避けたとき横転し、
後続車に踏まれた。
ドライバーがブレーキを踏んだために、
前輪は勢いのまま身体を乗っていき、普通に踏まれただけだが
後輪で片足を大根おろしみたくもっていかれた。

頭脳労働&室内業務だったので職は残ったが、
唯一の趣味であったサッカーができなくなったのは少し悲しかった。(マラドーナ世代)

少女が助かってよかったし、今後の生活が多少不便になる程度だと思い、
補償のメインは「年に50万円を手渡しで受け取る」という形にした。(詳しくは伏せます)

同僚は少ない補償に怒り心頭だったが、自分ではたかが足1本と思っている。
それに、その事故以来、この家庭には普通に懇意にしていただき、金や足よりも
いいモノを貰っていると思っている。

父親もサッカーをたしなんでいて、昨日のCLレアル×ユベントス戦の結果でランパブ賭けたりと、
少し年上だがいい呑み友達になった。(ちなみに勝った)
奥様は見合い話を持ってきてくれたりと、おばちゃんパワー全開になってきたのが恐ろしい。
少女は少女で成長し「今度女子高生送ってあげようか? キュッと紐で縛って、宅急便で」
とか、平気で冗談が言い合える仲になっていた。

続く

227 :226:03/05/07 22:04 ID:Hy2uh4SC
今日、その家庭に遊びに行った。
父親とは土曜にも遊んでたし(レアル×ユナイテッドの賭けの清算でオカマバー)
別になんも意識せずに普通に遊びに行った。
雑談中、次の6月に少女が結婚するのを聴いた。
俺は父親気分で喜んだが、ふと我に返った。

(結婚は金がかかる。この家庭から毎年50万も受け取っている。
そのくせ俺は金に困ってないし、さらに仲良くしていただいている。
片足1本分のモンは返してもらった。むしろオマエ仲良くしていただいてありがとうって金払え。
女子高生ごちそうさまでしたって言え。って喰ってないジャン。
あ、残った足取るってのはどう? そしたらまた10年ぐらい仲良くしてもらえるかも)

とかいろいろ思った。最後のほうパニクッた。独りツッコミとかしてたし。

その場ではいつも通り振舞えたと思う。
でも家に帰ってきて、すごいいろいろ考えた。
金銭の負担とか、一緒にいて俺の足のことを常に相手に気遣わせるストレスとか、
奥さんが見合い相手探してくれることとか、
しょぼい俺程度を負い目に思っている(かも知れない)女の子とか。

そしたら、なんかすんげ泣けた。ごめんなさいって、ホント、すみません。
そんで、こーゆーのを嗚咽というのかと思って、とりあえず書いているわけです。

ちょっと落ち着いて考えてみたが、とりあえずもう、年50万の補償は断ろうと思う。
それで疎遠になってその後忘れられても、それはそれでほら、
自分らのせいで片足になったヤツがいるなんて、思い出さんがいいやろ。

続かない

228 :大人の名無しさん:03/05/07 22:13 ID:3Iz4V2Tj
>>226
あんたってひとは……っっ!!(←言葉にならない
もうな、あんたも少女もお父さんもお母さんも、全員輝きすぎなんだよ。
まぶしすぎんだよ。 なんだよちくしょう。

229 :大人の名無しさん:03/05/07 22:48 ID:+Dc4ESss
>>226
うん、ほんとにいいヤツだ、あんた・゚・(ノД`)・゚・

お金のことは、あんたの納得するようにすればいいと思う。
でもね、その家族はあんたを忘れたりしないよ、絶対。
大丈夫、あんたの思いはちゃんと伝わってる。

230 :大人の名無しさん:03/05/08 09:24 ID:YQQvyTUD
>>226

あんた男だね。そのご家族もなんて素晴らしいんだ。

朝から泣かせんでくれよう(涙)
これから授業参観行かないといけないんだよ。
こんな目で教室入れないよ〜〜

ご縁ってさ、いつも顔あわせてるから強いわけじゃないんだと思う。
たとえ会う頻度は少なくなっても、見えない固いつながりってあるんだよ。
私はそう思うんだ。理想論だと笑われてもいいよ。

あなたとそのご家族の間のつながりは、今後形を変えたとしてもどこまでも続くよ。
たとえ実際に顔をあわせることは減ったとしても、決して切れたりしないよ。
あなたのお気持ちも伝わってるはず。

ああもう、日本語下手な自分が許せん。ごめんなさい。
これからもお身体大事になさって下さい。
 

231 :大人の名無しさん:03/05/08 09:49 ID:yxWSD200
>>230
禿げ同


232 :大人の名無しさん:03/05/08 09:53 ID:sNCF5hmQ
少女萌え

233 : :03/05/08 11:46 ID:0v30MLvB
決して茶化すわけではないのだけど、>>226のようなケースで足一本失った場合、
相場はいくらくらいなんだろう。

234 :大人の名無しさん:03/05/08 12:00 ID:YQQvyTUD
>>233

思わず聞きたくなる気持ちはわからなくもないが、
>>226で「詳しくは伏せます」と書かれてるんだから
無粋な質問や余計な詮索はやめようよ。
本当に知りたいのなら、それに見合ったスレがどこかにあるでしょう。

ここに書かれたたくさんの人の叫びや言葉を
読んだ人間がそれぞれの感慨を持って胸に抱く、
そんな良スレなんだからさ、ここは。
(勝手にまとめてすまん)
 

235 :大人の名無しさん:03/05/08 12:32 ID:jXZc/pNp
交通事故の話が出たのでそれに関するスレッドを探して読んでみたよ。
事故を起こしたり、起こしそうになってヒヤリとしたり、
飲酒運転で目も当てられない話だったりいろいろ。
他人事でない話ばかりで怖かった。

その中で事故で障害者になった人の書き込みが目にとまった。
その人は初代嗚咽スレの原点だ。
初代嗚咽スレの>>1は泣いた理由が書いてなくさらっとスレをたてたけど
ここにすべて書いてあってびっくりしたよ。

http://life2.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1047815931/454-456


236 :大人の名無しさん:03/05/08 14:56 ID:liuVil86
中山美穂の○秘画像発見! (;´Д`)ハァハァ (;´Д`)ハァハァ
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1044104289/504


237 :大人の名無しさん:03/05/08 15:42 ID:hZfhuQLs
これだね。>235


454 :おさかなくわえた名無しさん :03/04/14 00:02 ID:2yW4vpqo
この板は巡回先ではないけれどたまたまこのスレを見かけたので自分の体験を書く。
ちょうど今頃、畑を掘り起こし春の匂いを満喫している時期だ。
大学を卒業して地元に帰り希望の職種に就職、配属前の研修中だった。
定時に終わり帰宅中、西日を背にライトをつけて走行中ぶつけられた。

相手はGWに結婚を控えた同じ高校出身のひとつ上の女性だった。
過失割合は1:9で全面的に相手が悪い。
自分は入院し相手は花を手土産に何度も見舞いに来てくれた。
それが原因で花が嫌いになった。
その後、彼女はストレスからくる胃潰瘍で入院したと彼女の口から聞いた。
当時自分はまだ入院中である。。
彼女の入院の話を聞いたとき「それがなんなんだ」と正直思ったよ。
彼女は結婚を延期しながらも半年後に結婚、自分はまだ入院中だった。

一年半の入院生活後、職を失い頸の骨を折り四肢麻痺の体として退院した。
退院した晩、両親に「おめでとう」といわれ久しぶりに一緒に酒を飲んだ。
口にはしなかったが退院は全然うれしくもなかった。
一生障害者として、常に人の世話になりながら生活していくんだ。

238 :大人の名無しさん:03/05/08 15:43 ID:hZfhuQLs
455 :おさかなくわえた名無しさん :03/04/14 00:02 ID:2yW4vpqo
そして両親に「たまたま被害者だったがいつ逆の立場になるか分からない、
穏便に事を済ませ相手に寛大な心をもって望め」と諭された。
仮定の話ではなく自分が被害者なんだと思いつつ現実に両親に介護を
頼る身としてはその想いを出さずにあえて反論しなかった。
そして裁判を起こさず示談が成立、一億数千万を得た。
示談が成立後、彼女が再度自宅に謝罪に訪れ以来一度も会っていない。
きっと両親も自分の知らないところで涙していたであろう。

当時自分の夢は些細なものだった。
安定した職を得て結婚し自分の子供を抱っこする事。
あの頃は彼女もいて結婚も考えていた。
十分実現できる範囲内にあったが、頸から下の自由を、温感を、触感を、
神経をなくしすべてを失った。

退院後数年たち、相手の彼女も地元の人と言う事もありスーパーマーケットで
子供をつれて見かけたと時々母親は言う。
孫を見せてやれなかった両親に本当に申し訳なく思う。

239 :大人の名無しさん:03/05/08 15:43 ID:hZfhuQLs
456 :おさかなくわえた名無しさん :03/04/14 00:03 ID:2yW4vpqo
自分はそれほど周りに弱気なところを見せなかったつもりだが
たまたま車で外出したとき対向車の運転手が事故の相手のようにみえた。
本人だったかもしれないし幻覚だったかもしれない。
今思うと当時まだ一般的でなかったトラウマであろう。
その晩、自分の心が想像以上に傷付いていた事に気づきベットの中で涙した。

それがきっかけにポジティブになれたと思う。
いつも事故のことを考えているわけではない。
自分も両親も輪廻転生を信じているから自分がつらい体になったのは
過去の禊(みそぎ)だったと。
真実はどこにあるか分からないが少なくともそう考えると楽にはなれる。

それからまた数年、高校の同級生が交通事故死、近所の子が自殺した。
新しいひとまわり年下の彼女とドライブをし桜の木の下で突然フッと
その事を思い出し涙を抑えられず嗚咽した。
その体験が某板の嗚咽スレである。


事故から十数年、今でもちょっとした事で自分の事故相手をを思い出す。
自分の夢だったものを得た彼女はどんな生活をしているんだろうと。
別に彼女の不幸を望んでいるわけではないが自分の心を惑わせられる。
イライラさせられる。多くの葛藤がある。
そして大きなため息をつきまだ「まだ修行が足りないな」との結論に至るのである。

240 :大人の名無しさん:03/05/08 15:46 ID:hZfhuQLs
貼るのは無粋だと迷った。しかし
このスレの1本目から読んできて、こういうことだったと初めて知った。
226の話と共にものすごく考えさせられた。
加えて
車をよく使うようになって事故の怖さを家族で話すことが増えた。
このレスを家族で読もうと思う。
1よ、ごめん。

241 :ギコ ◆kXGIKOqpx2 :03/05/08 22:43 ID:Ui3kakEc
そんな歴史が有ったんですか。初めて知りました。
貼ってくれた方有難う御座います。このスレは時間にゆとりが有る時ニ
ちょくちょく読ませて頂いています。自分の身には、大した状況の変化も無くこのスレ
に書きこんでいる方々の心中を御察しするととても申し訳無く思います。
1さんをはじめ皆様へがんばって下さいとしか、書き込めなくてすいません。

242 :大人の名無しさん:03/05/08 23:57 ID:AsP6Lt7w
30板ですが、40になって数ヶ月経つ奴の戯言と思ってお許しを。
 
私は子供の頃から病弱で、中3の受験勉強が佳境になろうと言う時に所謂厚生省指定の
難病にかかり、間一髪で死を免れた。それから無事に志望していた高校を受験して合格。
去年なくなったばあちゃんはものすごく喜んでくれて、10万円もお祝いをくれた。
子供の頃から、私とは水と油の親父はお祝いどころか、私が病気で死にかけていたときも
友人と旅行に出かけ、見舞いにも来ない有様でした。
そして、それからどうにか無事に高校生活を送って卒業。
本当は大学に行く予定が、家の都合やら自分の馬鹿さ加減で進学をあきらめ、コンピューター
関連の仕事についた。
 
そして、就職から3年・・・
治ったはずの病気が再発。
あと数時間で命がないと言う所でかろうじて助かったものの1週間の絶食(水も飲めない)と
朝晩の点滴や検査の連続でかなり辛い入院スタート。
結局、3ヶ月入院して退院後職場復帰。
入院中には「またわけわからん病気しやがって」と親父の心無い一言に傷ついて病院の屋上から
飛び降りて死のうかと思った事も。
どこまで行っても親父とは分かり合えない、わかるつもりもない、おかんは話し合えと
何度も言うが、話し合うまでもなく親父は面倒事から逃げる。
そんなこんなで、結局私は退院後数ヶ月で家を出た。
 
→to be continued........

243 :242続き:03/05/09 00:04 ID:/7/nHNrF
家を出て私は生活費とやたら高い治療費の為にがむしゃらに働いた。
ドクターストップも振り切って、何かから逃れるかのように働いた。
所が、当時勤務していた会社が倒産寸前。社長の勧めで、派遣業界へ転向した。
まだ右も左もわからない業界だったが、OAのスキルなどがあったおかげで
転職してからも、さほど仕事には困らなかった。
正月とお盆にたまに実家に帰れば、「派遣も無職も同じやろ。下らん。お前はクズや。」
とまたもや親父の小言。おかんは私をかばいもせずに黙っている。
結局いたたまれなくなって、帰省しても日帰りで自宅へ帰っていた。
 
それから数年。
特に大きな病気もせずに順調だったが、親との確執や仕事のストレスなどで
再び入院。糖尿病だった。
2週間の教育入院の後、半ば無理矢理退院して職場復帰したが以前のように
無理はきかなかった。残業もろくに出来ずに結局契約を途中で切られた。
当時、色んな事から借金があった私はすぐに次の仕事をさがしつつ、生活費を
どうやってまかなっていくのか、さらにストレスがかさむ日々を送っていた。
幸い、別の派遣会社から長期的な仕事が入り、生活にも借金返済にもさほど困らなく
なった頃、再び体調がすぐれなくなった。
 
→to be continued........

244 :242さらに続き:03/05/09 00:25 ID:/7/nHNrF
過去に大きな病気を数回経験していた私は、この時ばかりはさすがにヤバイと
思って、自ら普段足を運ばないかかり付けの病院へ。
血液検査や色んな臨床検査の結果が出たのはそれから2日後(速く結果が知りたいと
わがままを言ったので;)だった。
 
子供の頃から馴染みの医者はまず両親に連絡してきてもらえという。
また親父やおかんに小言を言われるのがいやだった私は・・・・
「そんなことはいいから私に病名を言ってください。親には絶対に言わないで。」
と食い下がり、医者は渋々病名を私に話し始めた。
 
「甲状腺機能亢進症・・・バセドウ病です。心臓にもかなり負担がかかっています。
いずれは心筋梗塞で命を落しますよ?入院してください。」
 
子供の頃から心臓はさほど強い方じゃなかった。水泳も出来ない、体育の授業もいつも
見学だった。だから「あぁ、ならしょうがないな」って程度にしか思わず、入院は拒否。
医者が止めるのも聞かずに、翌日から仕事を始めた。
 
それから1年経つか経たない頃、住所も電話番号も知らないはずのおかんがいきなり家に
やってきた。ぶっきらぼうに対応する私を、おかんは今にも泣きそうな顔をして見る。
「何しにきたん?また親父に下らん事言われて監視に来たんか?」
今思えばヒドイと思う言葉を投げかける私におかんは一言。
「なんで病気のこと黙ってたんや。死ぬかもしれへんのに、なんで黙ってたんや!」
話しを聞くと、私が席を蹴るように帰った検査の結果が出た日、医者はこっそり私の
母親にだけ連絡をとり(親父がいらんことを言うのは知っていたので)、私の病状を
伝えたという。説得して入院させるようにと。
「別に・・今すぐ死ぬわけでもないやろ。放っといてくれ。」
当然のように私は入院を拒否した。
 
→to be continued........

245 :242さらにさらに続き:03/05/09 00:40 ID:/7/nHNrF
ストレスが溜まっていたせいで、普段は人前では寡黙な私は淡々とおかんに話していた。
おかんは黙って話を聞いていた。
 
「よう考えたら私は○×家にとって疫病神やな?ガキの頃から病気ばっかりして貧乏な家計を
圧迫して、大人になってからもまた病気で借金まで作って、自分で払いきれんかったら
あんたらに治療費せびった。私なんか生きててもロクなことない。いずれ家を食いつぶすで。
・・・・せやから、入院もせえへん。自然にまかせる。死んだら・・・・
それは私の寿命なんや。今まであんたらに苦労さしたバチがあったたんや。
まぁ・・・そう言う事やから、あのヤブ医者にはそう言うといて。これは自業自得や。」
 
意識はせずとも、日頃から病気の事で家族に負い目を感じていたせいもあったんだろう。
自分でも驚くほど冷静に恐ろしいことをおかんの前で言ってのけてた。
とにかくせっかくの休みやからと、おかんを早々に帰そうとした私に・・・
おかんは言う。
 
「あんたをそんな身体に生んだのは私のせいや。私らのせいや・・・あんたは何も
悪くない。悪くないんや・・・。子供も産まれへん、水着着て海で泳ぐ事も出来へん
普通の娘が出来る事が、あんたには出来へん・・可哀相や・・・バチやなんて言わん
といて・・・お願いやから・・」
 
→to be continued........

246 :242さらにさらに続き:03/05/09 00:44 ID:/7/nHNrF
消えいるような声でおかんがそこまで言ったとたん・・
私は家の玄関先(ワンルームマンションなので近所に結構話し声が聞える)であろうことか
いきなりボロボロ泣いてしまった。理由なんかわからない。
ただ泣いた。
かろうじて覚えているのは泣きながら「ごめん・・ごめんな」とおかんに 必死で謝っていたことか・・
なんでそんな言葉が出てきたのか、未だにわからない。
相変わらず借金もあるし、安月給でハードな仕事の日々を送っている。
先日、あまりにも医者がうるさいので一年と数ヶ月ぶりに病院へ検査にいった。
 
「○×さんももう40かいな。今のままやったら、ご両親より長生き出来へんで?」
 
それでも入院を拒否。今入院などすれば実家にどれだけの負担をかけるのか。
1つの病気だけでなく、複数の病気の治療には膨大な費用がかかる。
今の病気は全て難病ではないので、公費ではまかなえない。自腹を切るしかない。
入院は必要で、残りの寿命を決められてしまった。それでも!!今の私にはそれを拒否
したい理由がある。
家に迷惑をかけたくないのも理由の1つだが、あともう1つ・・・
 
『神様・・人生で最後のわがままを聞いてもらえるなら・・私に親孝行をさせてください』
 
後もう少しでいいから時間を下さい
親を旅行に行かせてあげれたり、親の欲しいものを買ってあげれたり、それがけっして
親孝行にならなくても、少しでもいいから償いをさせて下さい
 
 
神様・・どうか・・お願いします
 
 
PS
嗚咽と全く関係ない書きこみ失礼しました

247 :ギコ ◆kXGIKOqpx2 :03/05/09 01:18 ID:59/8FyQA
>>246
読ませて頂いてました。治療をして下さい。お金は、親から工面して
貰っても、後で返せば済むと思います。自虐しないで下さい。
生命の方が尊いです。長生きすれば親孝行もたくさん出来ますヨ。
亡くなれば何も出来ません。治らない病気では無いと思います。
親より早く亡くなられたら、母親はあなたの事を親不孝者と嘆きます。


248 :大人の名無しさん:03/05/09 12:47 ID:xM+qiTjT
>>246
>247に禿同。我が子が自分より長生きしてくれることが、一番の親孝行だよ。

249 :大人の名無しさん:03/05/09 22:06 ID:Qu4s9F7T
>247
>親より早く亡くなられたら、母親はあなたの事を親不孝者と嘆きます。

親不孝者と嘆きはしないだろうけど"何かしてやれることはなかったのか"
と自分を責め続けるのではと…。
242さん、親に頼る=迷惑をかけるのとは違うと思うよ。
元気になったら100倍にして返しませう。

250 :大人の名無しさん:03/05/09 23:56 ID:ZLOrdHZF
> 242さん、親に頼る=迷惑をかけるのとは違うと思うよ
たぶん242さんはそれをわかってると思うけどな。

私も昔からいくつか難病や不治の病気を抱えていて(原因不明)
両親から「情けない、みっともない」「家にいるだけで迷惑」と言われたから
242さんの気持ちがちょっとわかるかも。
お母さんに「あんたは悪くない」って私も言われたかったな。

251 :大人の名無しさん:03/05/10 00:00 ID:XXxXNBVx
公費負担じゃない病気でも、一定以上の医療費は還付されるよ。
甲状腺の病気はちゃんとコントロールできるから
医療費の一部は親に頼っていいと思うよ。

頼るのも親孝行ってこともあると思うな。242さんの場合。
私も同じような年齢だし、病気で長生きする方が辛いと思ったりするけど
お互いもうちょっと元気になって生きようや?どない?

252 :大人の名無しさん:03/05/10 00:01 ID:3Durk6wm
ID変わったけれど250=251です。

253 :大人の名無しさん:03/05/10 01:50 ID:X6e19pMo
20代ですみませんが ここのレスみていてやっと親友にかける
言葉がみつかったと思いました
俺の親友は高校の時に近くに引っ越してきたんですが
高校2年のとき学校が合わなくて欠席しだし
結局やめてしまいました。そのときの担任が話がわかる人で
(当時は相思いましたが出席日数の改ざんなんてけっこう飛んでま
苦笑)出席日数を調整してくれて4年生の通信高校に4年目で転入
しました。親友はべつに勉強したいわけでないから 課題をしま
せんでしたけど(しめきりマジかになるとタバコをもって俺の部屋
にしのびこんできて[一階で窓が大きかったため]「さやろっか?」
といいつつ 俺にさせつつマンガみてるような奴ですが。
まぁ 無事に高卒の資格が手にいれました。
そのとしから親友はプーで俺は実家をでて隣の県の大学に進学した
それでも長期休みになると実家にかえり親友と遊んだ
実家の親には悪いが親友との方を優先してしまった。
・・・こんど親とめしくいにいくか・・・
そのとき俺が主催したコンパで親友はいまの彼女と出会った
高校時代は「かってにSEXして俺なんか生みやがって!」て親に
いって、俺ともう一人の友達にしか心を開いてなかった親友でし
たが「顔じゃなくて本当に大事にしたいって思う女ているんだ
ね」ていったときは成長したようでうれしかった。

254 :大人の名無しさん:03/05/10 01:51 ID:X6e19pMo
「あのときは荒れてて親に本当に悪いことをいった」ていう親友が
成長したようにみえた。
親友は高校2(中退)からプーで今年23か去年1年間彼女の部屋にこ
ろがりこんでらしい、基本的にいい加減なやつだから
妊娠させた。俺に電話があった
親友「俺の子供ができるかもしれん」
俺「無理だおまえプーじゃん今生めば子供が不幸になる彼女の給料
だけでいけるのか?」
(極端ですいません・・・まだ若いのを言い訳にさせていただきますが
俺は子供に好きなものを買ってやって、いい服きせて、いい家にす
ませてあげたい。金銭面だけ絶対に女房になる人と子供に苦労させ
たくないです・・・世間しらずですいません)
俺「どうする?俺のとこにでも逃げてくるか?」
親友「嫌今回は逃げんあいつのことが大事だから絶対に逃げない」
俺「そうか・・・お前も成長したなぁ(笑)」
親友「まぁゆっくり話しあうよ最悪金かりるかもしれん(苦笑)」
照れ隠しもあったんだろうけど親友の成長が軽口がうれしかった。


255 :大人の名無しさん:03/05/10 01:51 ID:X6e19pMo
結局親友は子供を生ませなかった。
彼女とはあまり親しくないがやはり泣いたらしい
親友「なぁ?どうすればよかった・・・?」
あのときの答えだまっててわりいな
[嗚咽スレ2 205で
「忘れ物を取りにいった赤ちゃん。戻ってきてくれて良かったね」
と。ここをみて自分の幼さに泣いた
小さい命を真剣に現実的にうけとめれなかった
自分がなさけなかった・・・
こういえばよかったのかもしれん
「まだ忘れ物があったんだろうね?」
ていえばよかった
なにもいえずに 慰められずまだひきずらせてすまない
ただ俺はなにがあってもお前の親友だ


今年親友鍼灸師&マッサージ師になるために初めて自分の将来を考
えて
「俺今年は金ためて 早ければ1年、遅くとも2年以内には大阪の
学校で資格とってくる」ていうようになった

256 :大人の名無しさん:03/05/10 01:52 ID:X6e19pMo
俺は今年大学院にいって忙しくなったが俺はお前の親友だ
たまには弱音はいていいぞ

子供におまもりを渡すとき中に この人をたよっていけて友達の
名前をかくといいらしいと 前のスレを見て知った
俺はお前の名前を書くよ
いい加減でわがままで気が合う親友よ
たとえ九州 大阪てはなれても俺は一生おまえと親友だよ
つらいだろうけどがんばれてくれ
俺もがんばる

長文&乱文ですいません
ただこのスレにありがとうと いいたいです



257 :242:03/05/10 03:11 ID:jL1pMfYV
>>247-251
ありがとうございます。
今はまだ気持ちの整理がついていませんが、気合を入れてがんばってみます。もう少し勇気を出してみます。
ちょっとブルーが入ったらまたここに来ていいですか?

258 :大人の名無しさん:03/05/10 06:53 ID:avtsf1pK
>257
いつでも待ってるよー( ´∀`)ノ

259 :その1:03/05/10 20:30 ID:jp04WoOm
今日は兄の誕生日だ。私より10才年上の兄は、
私が10才の時に両親を事故で失って以来ずっと私を育ててくれた。

兄は私を育てるために大学をやめ、働きながら私を育ててくれた。
口癖は「お前は俺の半分しか父さんや母さんとの思い出がないんだから」だった。
授業参観にも学校祭にも体育祭にも三者面談にも、いつも兄が来てくれた。
周囲のおばさま方の中で、明らかに兄は浮いていたが
それでもいつも兄は会社で休みをもらって学校に来てくれた。

初めて作った料理とも言えないようなものを、美味しいと言って全部食べてくれた。
仕事で疲れているだろうに、家に帰ってきてから私の学校での話を聞いてくれたり
宿題を見てくれたり、学校への連絡ノートも毎日欠かさず書いてくれた。
土日も私と遊んでくれて、色々なところへ連れて行ってくれた。

そんな兄には自分の時間なんてなかったように思う。
友達のを見て、お団子ヘアにして欲しい、友達のお母さんならやってくれたと
わがままを言った時慣れない手つきで一生懸命作ってくれたのに
こんなんじゃない、お母さんに会いたいとと兄をなじってしまった。
兄はそれを聞いてごめんと泣き出してしまった。あの姿を思い出すたびに、
兄も両親を事故で失った子供だったんだと今でも泣きそうになる。


260 :その2:03/05/10 20:31 ID:jp04WoOm
その兄が、一年前両親と同じように事故で突然この世を去った。
兄が死んだ時、私は兄が両親を失った時より一才年上だった。
兄はこの状態でまだ小学生の私を育ててくれたのかと思うと
それがどれだけ大変だったかと思って涙が出る。

兄は私がいたせいで友達と遊びにも行けなかった。
恋人も、出逢う暇さえ私が奪ってしまったんだ。
たくさんたくさんごめんなさいとありがとうも言えないままだった。
「ちゃんと幸せになれ」っていつも言ってくれたけど、
兄の幸せはどこにあったのだろう。今も考えてる。

もう兄に何も返すこともできないけど、兄のおかげでここまで来れた人生、
恥ずかしくないように生きられるように頑張ろうと思う。

お兄ちゃん、天国で見ててね。
今からでもお父さんとお母さんに甘えてるといいな。


私はまだ30代以上ではないけど、兄に読んでもらうように兄の年齢の人達に
読んで欲しくて、ここに書き込みました。
またROMに戻ります。スレ汚し失礼しました。

261 :大人の名無しさん:03/05/10 21:13 ID:Y19NqX6h
259のお兄さんより年上の自分が恥ずかしい。
もしかしたらお兄さんにはあなたが支えだったのかな。
もう嗚咽どころか・・・号泣してしまいました。
お兄さんの誕生日なのにね。ごめんね。

お父さん、お母さん、お兄さんのぶん あなたは幸せになろう。

262 :大人の名無しさん:03/05/10 22:47 ID:PWTwUMco
>>259-260
まじ泣きした。・゚・(ノД`)・゚・。

263 :大人の名無しさん:03/05/10 22:59 ID:yi+Td11D
>>253-256
>なにもいえずに 慰められずまだひきずらせてすまない
>20代ですみませんが ここのレスみていてやっと親友にかける
>言葉がみつかったと思いました

あまりに重い出来事には
言葉が出ない、言葉がなくても許されることもあると思うよ。
その友達と長くいいつきあいができるといいね。

264 :大人の名無しさん:03/05/11 00:45 ID:YW3hS+rz
259の兄さんは優しくて芯の強い人だったんだね。
兄さんの幸せはどこにあったのか自問しているけれど
259の成長を見守るのが幸せだったんだと思う。
立派な人になる必要はないんだよ。
健康で笑顔を見せてくれればそれでいい。

ちなみにロックバンドU2のヴォーカリスト・ボノの誕生日も5/10だ。
彼の歌は心に沁みるから一度聴いてみるといいよ。

265 :大人の名無しさん:03/05/11 01:20 ID:d3ZEtWVT
>>259-260

大泣き……

優しくて暖かくて強くて懐が深くて素晴らしいお兄さまだったんですね。
私にもかつて兄がいたそうなので(赤ちゃんの頃亡くなってしまった)
生きていたら259さんのお兄さまのような素敵な人になっていたのかな……と
個人的なことに思いを飛ばしてしまいました。

259さんの背中には、お父さま、お母さま、そしてお兄さまの暖かい愛が息づいています。
三人分の愛と命を背負って、しっかり生きていって下さいね。
あなたは一人じゃありません。

お兄さまへの幾百幾千の言葉は、数十年後、この世での役目を終えた
259さんが天へ上った時のためにとっておきましょう。
天上でお兄さまに再会するその時のために。

今は三人分の愛と命をしっかり抱きしめて、三人分生きて下さい。
それが何よりのご恩返しだと思います。頑張って。
 

266 :大人の名無しさん:03/05/11 12:26 ID:cCAIIlLb
今日は母の日
久しぶりに一人暮らしの母に電話してみた。
「無料パスでどこでもバスに乗っていけて楽しい」と笑う母の声を聞いたら、
なんだかたまらなくなった。
俺がもう少ししっかりしてたらと思うと泣けてきた。

かあちゃん、いつかどっかにいっしょに行こうな

行方不明の親父よ 生きてるか?
どうしていなくなったか訳は知らんが
親父の分までがんばるよ


267 :大人の名無しさん:03/05/11 16:52 ID:5EJQ4Eh2
拾ってきました。みんな色々あるよね。

択一の日は母の日
http://dempa.2ch.net/dat/2003/05/shihou-1019021887.html

268 :大人の名無しさん:03/05/12 23:25 ID:7GzA/7Eu
>>259-260
・゚・(ノД`)・゚・・゚・(ノД`)・゚・

泣けた。あったかいお兄さんだ。
あなたは幸せにならなくちゃいけないよ。
それが、お兄さんへの一番の恩返しだ。

269 :大人の名無しさん:03/05/13 10:02 ID:+BUaaKeh
>>267

「拓一の日」がどうしてもわからず申し訳ないのですが、
それでもじーんと来ました。皆様頑張ってるんだなあ……
親御さんへのご恩返しはもちろんのこと、優しさと強さを兼ね備えてる
こういう方々に日本の司法を変えて頂きたい、そう思いました。

>>268

大丈夫、259さんは必ず幸せになります。
ご両親とお兄さまという最強無敵の守護者が
三人もついてるんだから。
肉親がタッグ組んだら強いんだからさ、絶対大丈夫。
そして優しい268さんにも幸あれ。
 

270 :大人の名無しさん:03/05/13 23:01 ID:9BSy26Ka
>269
択一の日→司法試験の二次試験(択一形式)の日だそうな。

>259
イパーイ幸せになれ!!!

271 :大人の名無しさん:03/05/14 08:08 ID:xSVp2I03
>>270

269です。択一の日にはそういう意味があったんですね。
司法用語かな、とは思っていたのですが具体的にわからなかったので。
ご親切にありがとうございました。
270さんにたくさん良いことがありますように。
  

272 :大人の名無しさん:03/05/14 23:26 ID:x+YN0E39
ここ読んでたら、自分も思い出し泣きしてた…。

自分も、数年前父が2年の闘病生活の末他界。どうにか父不在の日々に慣れ、一周忌を
目前にした頃に続いて妹が逝った。突然。
頑張りやで、頑固で、口が達者で。友人たちを引っ張りまわして騒ぎ、しょっちゅうコンパに
行ったり、泊まりに出かけてた。
そんな奴は、実は小さい頃から喘息もちだった。
何度も入院を繰り返すうちに、励ましてくれる看護婦さんに憧れて、どうしても自分も成り
たいと、周りの反対を押し切って、看護婦として学校に通いながら勤め始めた。
薬と吸入器は手放せない。激務に疲れると、時折酷い発作が起きる。そんな時、職場に
入院する事になっては、自分の不甲斐なさに泣いていた。
それでも働いている時には、元気で明るくて、病気持ちだなんて判らないくらいに頑張って
「患者さんの心を一番よくわかる」看護婦さんとして、人気者だった。
患者の男の子に告白されたんだ、なんて、笑いながら言っていた。
高校の友達は、あんたを中心にいつも集まっていたっけね。
頑張って、頑張って、頑張って、行っちゃったね。
最後の日、最後の発作の直前まで、あんたは友達の誕生パーティをやって騒いでいた。

273 :大人の名無しさん:03/05/14 23:27 ID:x+YN0E39
「絶対あたし達はお母さんを見送ろうな」
親父の葬式でそう約束したのに、あんた、自分が見送られたじゃないか。
次に会う時には殴ってやるから覚えておけよ。

もうすぐあんたの誕生日だよ。またきっと皆が集まってくれるんだろうな。
飲んで、食べて、騒いで。一日中あんたの話をしてすごすよ。
マルボロのメンソールと、さび抜きお寿司並べてね。
あんたの好きだった野球選手はまだ現役バリバリだ。
ワールドカップは色々あったけど、日本頑張ったよ。
お母さんは未だに山ほど牛乳買って冷蔵庫に常備してるよ。代わりに飲んでるのは私らだ。
あんたの親友は二人目の子供を産んだよ。
幼馴染の男の子は、まだ言ってるよ。「いい女だったよな。俺、ヤっちゃっとけばよかったな」って。
「国立連れて行くって言ってたけどさー」ダメだったからって言いながら、未だにサッカーやってるよ。
同僚も頑張ってるそうだよ。正看の試験も受かったみたいだよ。
あんまり突然いなくなったから、今でも時々泣きながら起きる事もあるけど、まあこっちは元気だよ。

元気だよ。

274 :大人の名無しさん:03/05/14 23:34 ID:nGF/OF4C
272−273
 ・゚・(ノД`)・゚・・゚・(ノД`)・゚・

275 : :03/05/15 00:54 ID:583/OZ+V
>>273
元気だよって

泣きました。

276 :大人の名無しさん:03/05/15 09:51 ID:I4yFoD5+
>>272-273

「元気だよ」に号泣。素晴らしい妹さんだったんだね。精一杯毎日を過ごされたんだね。
そんな人は周囲の人たちだけじゃなく、神様にも愛されちゃうんだなあ……
牛乳を山ほど買うお母さまにも泣けました。
妹さんやお父さまの分まで、どうぞしっかり生きて下さいね。お母さまの支えになって。
 

喘息つながりというのも不謹慎で申し訳ありませんが、弟の高校時代の同級生のお話。

弟は高校時代テニス部に所属しておりました。同級生のAくんも同じ部だったのですが、
この彼が長いあいだ喘息を患っていて時々苦しそうにしていたそうです。
ある日の授業終了後「ごめんな、俺、具合が悪いから先に帰るわ」と弟に告げて
Aくんは帰宅しました。そしてその日のうちに亡くなってしまった。

Aくんのお宅は共稼ぎだったのですが、帰宅した彼はあまりの苦しさに、
近くで働いていたお母さまに助けを求めたそうです。
自宅の玄関先にあった電話機から電話をかけて「頼むから帰ってきてくれ」と懇願。

もちろんお母さまは大慌てで帰ってきました。その間わずか数十分。
しかしドアを開けたお母さまの目に飛び込んできたのは、玄関先で息を引き取っていたAくんの姿。
その手には受話器が握り締められたままだったそうです。
友達の突然の死を知った弟は泣きました。身長190センチ以上もある男が身体を震わせて。

「なあ姉ちゃん、あいつまだ17歳だったんだぞ。俺と同い年じゃねえかよ。
何でたった一人で誰もいない家で、それも玄関で死ななきゃなんねえんだよ」と。

弟が人目も憚らず泣いたのを見たのは子供の時以来。彼の背中を撫でながら、私も泣きました。
それから年月が経ち、今では弟も家庭持ちですが、あまりテニス部時代の話はしません。
Aくんのことを思い出してしまうからではないかと思うのですが。
人にはそれぞれ寿命があるとは言え、やはり早々に天に召されてしまう話を聞くのは辛く、悲しいです。
   

277 :大人の名無しさん:03/05/15 22:32 ID:ZbPsZv+2
自分の妹も喘息持ちなので身につまされる・゚・(ノД`)・゚・。

278 :大人の名無しさん:03/05/16 01:09 ID:0hW5ZZtb
1年前に、40代半ばで、子供2人をかかえ、突然未亡人になった姉。
葬儀や諸々の手続きで、気の休まる暇が無かったことだろう。
ようやく、心も生活も落ち着いてきたというのに…。
今日、検査の結果、胃がんが見つかったという。
詳しい検査は、来週もう一度、総合病院で行うそうだ。

神様、こんなにもつらい試練を、どうして姉や子供達に課せるのでしょうか…。

279 :大人の名無しさん:03/05/16 08:51 ID:BB1/1Ucl
>>278

先日テレビで放送されておりました。今ではがんは決して「治らない病」ではないそうです。
たくさんの方々が(患者さんだけではなく、それを支えるお医者さんも)積極的に勉強会に出たり、
グループに参加して仲間を作ったり、それぞれ前を向いて生きておられます。

テレビに映っていた方は、がんの転移を経験しながらもそれを乗り越え、
血色の良いお顔で明るく快活に笑っておられました。
何も知らずに見たら、これが病気を抱えていた人だとは思えないほど元気に。

確かに神様は酷な試練をお与えになります。でもそんな簡単に思い通りにはなってあげません。
お姉さまには神様の思惑を笑い飛ばすぐらい元気に、そして幸せになって頂きましょう。
どうかお姉さまとそのお子様たちの支えになってあげて下さい。
検査の結果が良いものでありますように。画面の向こうからお祈りしております。
 

280 :大人の名無しさん:03/05/16 12:22 ID:ZuTvWtcu
自分の体験ではありませんが...
テレビの番組改編時期によく特番が組まれる『警察24時...』でのある事件
の話です。
警察署に入った連絡では、妻に先立たれ生きる希望を無くした老人が真冬に入水
自殺を図ったというものでした。署の警官が駆けつけた時には既に派出所の警官
に救助されており、ある警官が毛布に包まれた老人と話しをしている場面が映し
出されました。
老人『わしは死に損ないです...本当に死に損ないですよ...』
署員『そんな事ないよ。神さんが助けたんだよ。神さんが...みんな苦しく
   たって生きてるんだよ。自分だけ先に逝っちゃ駄目だよ!』
すごくぶっきらぼうで乱暴が言い方でしたが、この警官の気持ちは伝わりました。
結構前の放送ですが今でも思い出すことがあります。

281 :大人の名無しさん:03/05/16 21:11 ID:iS4WdNkE
>>255
スレ主旨はずれるけど、その親友さんにレス
針灸の資格は3年で国家資格、金もそこそこかかる。
今一度考え直したほうがいい。文面から察するに整体だろうけど、
へんな整体学校にひっかからないように忠告してあげてくれ


282 :大人の名無しさん:03/05/17 20:19 ID:kVwp0gzI
>>278
心配するな!
胃ガンは助かる人が圧倒的なんだ!
早期発見されたのなら大丈夫だ!
ウチの親父だって、ガンで胃をガバッと切ったけど、今では酒を酌み交わし楽しくやってるYO!

283 :大人の名無しさん:03/05/18 13:54 ID:xZpDHfUQ
>>220
で泣いたのって俺だけ?なんか気になってググったら
この詩書く前に中原の子ども死んじゃってるんだね……
ちなみにこの後ショックのあまり衰弱し、死去したそうです。
あと間違い発見
×なほもいきながらうことともなったら
○なほもながらうことともなったら

284 :大人の名無しさん:03/05/18 22:24 ID:MBlq4kV9
おばあちゃんのこと。

外出先でこけて頭から血を流して
倒れている所を発見されて
救急車で運ばれて
腕を骨折していることがわかってそのまま入院。

痴呆症で病院内を徘徊するからって
手足をベッドに縛られていたのを見た時は
さすがに頭に血が昇ったけど
「仕方がないじゃないですか!
それともお宅で面倒みますか?」って
言われてやっぱり面倒見られないって
そのままほおっておいてしまった。

今まで(何度か粗相はあったものの)
トイレに行っていたのに、
「面倒だから」という理由で
寝たきり&オムツにされてしまった。

数ヶ月が過ぎ、そんなに遠くない場所にある病院なのに
なんだかんだと言い訳をしながら顔を出すこともしなかった。
なぜかおばあちゃんは死なないって勝手に思っていた。



285 :大人の名無しさん:03/05/18 22:25 ID:MBlq4kV9
ある時、久しぶりに病院を訪ねた。
オムツがないから持って来るようにと連絡があったから。
いちいち持って行くのが面倒くさいと思って
2パックまとめて持って行った。
久しぶりに見るおばあちゃんは
お昼間なのに眠り込んでいた。
看護婦さんは起こそうとしたけれど、
「別にいいです」って断った。
わざわざ起こして、収拾のつかない会話をするのも
面倒だと思ったから。

その数日後、朝早くに父が私の身体をゆらして
「おばあちゃんがあぶないらしいから
病院に行ってくる」と言った。
私は半分寝ながら「はいはい」と適当に返事をした。

約1時間後、「おばあちゃんが死んだ」と父から電話があった。
父達が駆けつけた時はすでに心臓が停止しているようなもので、
無理やり心臓を動かしていたらしい。
実質的には、誰も死に目に会えなかった。



286 :大人の名無しさん:03/05/18 22:26 ID:MBlq4kV9
お金がない私たちには、お葬式をあげるお金もなかった。
でも、何もせずに送るのはどうしても嫌で、借金して
お棺とお坊さんだけお願いした。
いわゆるお葬式はできずに、本当に家族(父、叔父、私、私の娘)だけで、
焼き場にお坊さんをよんでお経をあげてもらった。
本当はそれだけだったんだけど、お棺を用意して下さった業者さんが
お花も断った私達を見かねてか、お棺に入れるお花を
用意して下さった。
お棺にお花を入れながら、化粧したおばあちゃんの顔を見たら
涙がとまらなかった。
お骨はぼろぼろになっていた(かなりの年だったし)。
腕の手術の時に入れられた金属が一番目立っていた。

病院に行って病室の片付けをした。
あけたばかりの紙おむつパックと新品が一つ。
「病院でつかって下さい」と言うと、
「ありがとうございます」ととても喜ばれた。
病院を後にして、家に帰って泣いた。
大量の紙おむつは不義理の証だったから。

何であの時、起こして話をしなかったんだろう。
何で面倒くさがらずに病院へ行かなかったんだろう。
もうどうする事もできない。

たまに娘が天井を指差し「ばーちゃん」と言う。
笑顔で話しかけている。
娘と話している時はなぜかボケていなかったおばあちゃんは
今でもここにいるのだろうか。
1年経った今でもおばあちゃんの事を思い出すと
泣いてしまう。

長文しつれいしました。

287 :大人の名無しさん:03/05/18 22:57 ID:fCUd/IX2
>>283
本で見た時私も衝撃的だったよ

>>284-286
。・゚・(ノД`)・゚・。
おばあちゃんは今もあなた方家族を見守っているんだね。
あなたの後悔もきってわかってて許してくれてるよ。
おばあちゃんを安心させるために家族で幸せになって下さい。

288 :大人の名無しさん:03/05/19 01:47 ID:VuE5f5Ro
親不孝な自分を棚に上げて喧嘩してしまった時・・・・そんな時にこのスレをみた。

そして思い出さされた、、親の愛情を。
恥ずかしくて面と向かっては言えないけれど、自分はいつだって感謝していたことを。

これから沢山親孝行していこうと思う、死んでも親より先には死なねぇ。

289 :大人の名無しさん:03/05/19 15:06 ID:L0vTzhDz
自分もばあちゃんのことを。

父方の叔母は兄を可愛がっていたから妹の自分は厳しく言われることが多かった。
だけど母方のばあちゃんは自分を可愛がってくれた。すごく優しかったし、手先も
器用で浴衣も作ってくれた。母もよく自分を連れて遊びに行ったので、二人は
仲が良いんだと思っていた。
だけど、じいちゃんが亡くなった後、母はぱったりとばあちゃんのところに行かなくなった。
後で知ったのだが、ばあちゃんはじいちゃんの再婚相手。母とは血のつながりがないのだ。
母の姉が特に嫌がって母にも「あまり会いに行くな」と言っていたらしい。
そのことにひっかかりつつ、自分も就職した直後だったし、仕事が忙しくてなかなか会いに
行くこともできなくなっていた。
毎年ばあちゃんから年賀状は数年前からこなくなった。電話口でばあちゃんは
「筆圧が弱くなって書きづらいの、読みにくいし」と申し訳なさそうに話していたっけ。

自分が結婚することになって、久しぶりに会いに行ったばあちゃんは白髪になっていた。
もともと小さくて細かった体は更に小さくなっていた。
「結婚式は体調が悪くてでれそうにないの、ごめんね」
そういったばあちゃん。
挙式後、新居に一番初めによんだ。一人では来れないからと、自宅まで送り迎えしてくれた旦那さんのことを「いいひとだね、いいひとに巡り合えて良かったね」と褒めてくれた。
ばあちゃんの体はもっと小さく、細くなっていた。


290 :大人の名無しさん:03/05/19 15:06 ID:L0vTzhDz
新居に呼んだ時のことを嬉しそうに話していたらしい(後日母の妹(伯母)に教えてもらった)。
年賀状は書けないからといっていたのに後日お礼の手紙が届いた。
本当に字が震えていて読みにくい。それでもハガキを書いてくれたこと
すごく嬉しくて、もっとばあちゃんを喜ばせてあげたいと思った。
ずっと会えなかった、いや、どこかに面倒くさいという思いもあったと思う。会いに行こうとしなかった分、これからもっと会いに行って喜んでもらいたかった。
だけど、ばあちゃんはその後入院した。一度だけお見舞いに行ったけれど、その時はすごく喜んで
「こんなに話したのは久しぶりだよ」と笑っていた。帰る時も「寒いからいいよ」と言ったのに
病院の入り口まで見送ってくれた。少し歩いて後ろを振り向いたらまだその場に立って、手を振っていた。そんな姿を見たら目頭が熱くなった。
その直後、病気が少し回復して(本当は治る見込みがないからと)退院。
これを機に一人暮らしをさせておくわけにはいかない、と母の妹夫婦と同居することになった。
だけど引っ越ししてから一月もしないうちにばあちゃんは自宅で息を引き取った。
葬式の時、自分は涙が出なかった。みんな泣いているのに4さいの姪ですら泣いていたのに、
自分はぼんやりとその光景を眺めていた。

ばあちゃんがなくなって1年後、私は手紙の整理をしていた。その時ふとばあちゃんの手紙を見つけた。新居に呼んだ後、数回手紙をやりとりした時のハガキだった。
絵入りのかもめーるに弱々しい、震えた字で「あなたの手紙が何よりも嬉しいです」
それを見た瞬間、涙がぼろぼろ出てきて声を上げて泣いた。
あんな手紙で良いのなら、もっと出してあげれば良かった。もっとマメに電話してやればよかった。
小さくなった体を見るたびに「もっと会いに行こう」って思ったのに、結局思っただけで
満足していたんだ。
ばあちゃんが亡くなってもう3年になる。まだその時の手紙は読み返すことができない。


291 :大人の名無しさん:03/05/19 16:32 ID:CVj1eJn0
>>290-291
貴女がそう思っているだけで、お祖母様はとても幸せだと思います。
それだけ心細やかな方なら、頻繁に手紙や電話を受けていたら
却って、貴女に悪いと思って遠慮してしまったかも。
その気持ちを忘れずに、これからも供養してあげてください。

漏れも、父方・母方共に実の祖父母は全て鬼籍に入ってしまい、
健在なのは父方の義祖母(祖父の後妻)だけです。
漏れの結婚式に来てもらったら、とっても喜んでいたけど
ここ最近はご無沙汰しちゃってるので、久し振りに手紙でも書こうかな。

292 :大人の名無しさん:03/05/19 21:52 ID:jK6coIs6
>>290
すっごいばあちゃんは幸せだったんじゃないかと思う。
回数だけがせべてじゃない。新居に1番最初に呼んでもらえる
なんて、手紙の回数とは比較できないほど嬉しいと思うけどね。
最後にもう1度、絶対にばあちゃんは幸せだったと思う。

俺の家も今ばあちゃんが入院している。仕事が忙しくて、たまにしか
お見舞いに行けないし、いても何も話すようなことはないし、ちょっと
話をしてすぐに帰ってしまう。それでも、たまにしか行けなくても会いに
行こうと思う。




293 :大人の名無しさん:03/05/20 01:27 ID:czEIoj+N
先月、実家の近所のヤツが癌で亡くなった。31歳だった。
最近では交流が途絶えて近況を伝え聞く程度だったが、
ついこないだまで元気に働いていると聞いていた。
発見されてからあっという間に進行してしまったらしい。

軽い知的障碍のあるヤツで、とにかくクソガキだった。
泣かされたりいじめられた女の子はたくさんいたし、
思いもよらない無謀な遊びやイタズラをしょっちゅうやってのけてた。
つるむ連中も同じぐらいクソガキで、決して特別扱いしなかった。
いつも一緒に遊んで当たり前のようにケンカしあっていた。

ソイツとは殴りあっただの物壊されただの、苦笑ものの思い出ばかりだが、
未だに忘れられないのは当時うちで飼っていた猫が帰ってこなかったときのこと。
家の裏手の道路で轢かれていたのを発見して、真冬の早朝に
うちまで走って知らせに来てくれたのはソイツだった。
玄関に入ってきたとき、一瞬でも
「朝飯が済むか済まないかの時間なのに、もう遊ぶ気で来たのか」と
考えてしまったことを、今でも申し訳ないと思っている。

オマエには何度も「バカ」って言ったけど、
何年かぶりで言うよ。
この、バカ。

こんなに早く逝きやがって。

294 :大人の名無しさん:03/05/21 11:11 ID:XFX0g1pL
hosyu

295 :山崎渉:03/05/22 01:09 ID:isqHxWKC
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

296 :大人の名無しさん:03/05/22 06:10 ID:6D4TU8B3
山崎渡来訪のため、保守sage

297 :大人の名無しさん:03/05/23 13:37 ID:VkSo6rT+
山崎拓よりはマシか?

298 :大人の名無しさん:03/05/24 23:35 ID:mxSiuXDK
ほしゅ

299 :ギコ ◆kXGIKOqpx2 :03/05/25 11:24 ID:FgtOtush
>>293
竹馬の友に先に行かれたら、人生って何時終止符が来るかと
考えてしまいますネ。喰いの残らない様ニですネ。
良い奴程早く逝くって感じで惜しいデス。


300 :まじで泣けた:03/05/25 21:12 ID:7PkoVN7z
ジェリーが大人になった頃トムはもうこの世にいませんでした。トムは自分の命の終わりがすぐ傍まで来ているのを知ったとき、
こっそりジェリーの前から姿を消しました。ジェリーの前で弱って涙もろくなった自分を見せたくなかったのです。
トムはジェリーの心の中ではずっと喧嘩相手として生きつづけたかったのです。
トムがいなくなったのに気づいたときジェリーは悲しみはしませんでしたが、退屈になるなと思いました。
トムとの喧嘩は最高にスリルのあるゲームでしたから。胸の奥が不思議にチクチクはするのですが、それが何なのか、
ジェリーにはよくはわかりませんでした。トムの願い通り、ジェリーの心の中でトムはいつまでも仲の悪い喧嘩相手でした。


301 :まじで泣けた:03/05/25 21:12 ID:7PkoVN7z
そんなある日ジェリーの前に一匹の猫が現れました。トムよりのろまで体も小さい猫です。喧嘩相手のトムがいなくなって寂しかったジェリーは、
今度はこの猫を喧嘩相手にしようと考えました。そこでジェリーは、穴のあいた三角チーズが仕掛けられたねずみ取りを利用して、
その猫に罠をかけることにしました。いつもトムにしていたように。
ジェリーは物陰に隠れて、ねずみを求めて猫がねずみ取りの近くに来るのを待っていました。そして思惑通り猫が罠に向かって近づいてきます。
ジェリーはしめしめと思いました。いつものように、自分がねずみ取りにひっかかるふりをして、逆に猫をねずみ取りにかけてやるんだ。
うふふ。手か尻尾を挟んだ猫の飛び上がる姿が頭に浮かび愉快です。
でも、その猫はトムではありません。猫はチーズの近くまで来たとき、ジェリーが出てくるより早く美味しそうなねずみの匂いに気づき、
目にもとまらぬ速さで隠れていたジェリーに襲いかかってきました。ジェリーはいつもトムから逃げていたように逃げましたが、
トムよりのろまなはずの猫にすぐに追いつかれてしまい、体をガブリと噛まれました。ジェリーも噛みつき返しましたが、
トムより体が小さいはずの猫は平気です。
血まみれのジェリーは薄れ行く意識の中で、本当は鼠が猫と喧嘩して勝てるわけがないことと、いつもトムはジェリーに「してやられた」ふりをして、
わざとジェリーを捕まえないでいたことを、そのとき始めて知ったのです。トムの大きな優しさと友情に気づいたのです。
そしてトムがいなくなった時の胸の奥のチクチクの正体にも気づきました。かけがえのない友を無くした悲しみでした。
ジェリーの魂が体を抜けた時、空の上には優しく微笑みジェリーを待っているトムがいました。
「また喧嘩ができるね」
「のぞむところさ、今度こそは捕まえてやるぞ」

302 :大人の名無しさん:03/05/25 21:14 ID:7PkoVN7z
泣けるね

303 :大人の名無しさん:03/05/25 21:14 ID:7PkoVN7z
これはいいよね 
自作自演してるわけじゃないよ

304 :大人の名無しさん:03/05/25 22:14 ID:Qre67Gk0
先日、一人でテレビを見つつ、酒の肴に鍋を食べていた。
自分なりに、見切りのアラとか、そこそこ野菜も贅沢した上で満足して
ハフハフ食べていたとき、なんか思い出したことがあった。

あれは、俺が中学一年の頃、父が亡くなって半月ほど経った日だった。
それまでバタバタ非日常の日々を送っていた母と俺、そして弟がやっと
落ち着いてコタツを囲んで鍋を突付いてた日のことだった。
確かあの日も、近所のスーパーで魚のアラが安くて、母が買ってきて
鍋にしよう、と言ったんだと思う。父の飲み残した酒を「もう飲まないから
いいよね」と母がどぼどぼ鍋に注いで、ああ勿体無いなぁと話したのを
覚えている。

ぐつぐつ煮立っている音とは別に、弟がいきなり泣き出した。ほんとうに
突然泣き出したんだ。俺はそれをすごく女々しいと思い「お前が泣いたら
お母さんが泣いちゃうだろ。泣くな!」と強がって言ったけど、そうしたら、
今考えてみたら当たり前だけど、母も泣いちゃったんだよね。つられて
俺も泣いた。わんわん、三人で泣きながら鍋を食べた。

ふと思い出したことだけど、あれは家族の情景というにはあまりに過酷で
切ない思い出だった。今の俺には、その切ない思い出を共有できる人が
居ない。それもとても寂しい。

305 :大人の名無しさん:03/05/26 02:14 ID:saYyvj+Y
>>300-301
前スレか前々スレで既出だったような気が。
って書き込もうとしたところで気がついた。

>>300-303ジサクジエンかよ!
カエレ!


306 :大人の名無しさん:03/05/26 07:36 ID:+Uer79v6
>>305
良い書き込みの後に神経逆立ったような書き込みをするな。カエレ!

307 :大人の名無しさん:03/05/26 08:00 ID:wNy/AgtZ
>304
いい・・いいよ・・

308 :大人の名無しさん:03/05/26 10:18 ID:sz9ikUrj
こないだテレビでみた映像・・・

刑務所?精神科?から脱走してきた女があろうことか
我が子を人質に取って警察とにらみ合ってた。
女は我が子に銃を向け「近づいたらこの子を殺すわよ」と言った。
その瞬間警官が女に銃を撃った。女は頭部を撃たれていた。
その子(2〜3才?)は警察に無事保護されたが
女は意識不明の重体。
撃った警官が子どもを抱きしめていた。マスコミが
子どもの安否を確認しに近づくとその子を隠すように
背中を向けていた。

職務を果たしたとはいえ、一人の子どもの親を目の前で撃ったことへの
良心の呵責が痛いほどこちらに伝わってきた。
あの警官にも同い年くらいの子どもがいたのだろうか。
子どもも警官もかわいそうだった。


309 :大人の名無しさん:03/05/26 15:31 ID:wNy/AgtZ
>308
いい・・いいよ・・

310 :大人の名無しさん:03/05/27 07:01 ID:LJmhk/46
>>309
妙な合いの手だと苦笑いして終了してしまうんだが

311 :278:03/05/27 18:49 ID:AMXt0XrB
遅くなりましたが、今日、姉の検査結果が出ました。
不幸中の幸いといってよいのか、
「こんなに初期のうちに、見つかって良かったね」と。
もちろん手術はしなくてはなりませんが、
「100%とは言えないけど、ほぼ、命にかかわることはないと思うよ」と。

>279さん、>282さん、励ましをありがとうございました。
悪いことばかりが、そんなに続くはずは無いよね…。

「早期発見できたのも、もしかしたらあの人が教えてくれたのかもしれないね。」
病院の帰り道、姉が亡くなった義兄のことを、ぽつんと言いました。

312 :大人の名無しさん:03/05/27 22:31 ID:eyUXZGAr
ばあちゃんが死んだ。
死に目に会えた。行くまで死ぬのを待っててくれた。

それまでは死体は怖いものだと思ってたけど、ばあちゃんは違った。
死んだら「仏様」になるのだと思った。
すごくきれいだったよ。ばあちゃん!

313 :大人の名無しさん:03/05/28 10:18 ID:V40BaJcV
>>311
よかったですね、どうかお姉さんを大事にして差し上げてください。
いくら大丈夫といっても、やっぱり凹んでしまう事もあるでしょうから。


314 :山崎渉:03/05/28 15:37 ID:l2TPzP0Z
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

315 :大人の名無しさん:03/05/29 12:19 ID:ZVGhdv+t
>>311(278)

以前レスした279です、こんにちは。
おお、早期発見だったのですね。良かった、ほんとに良かった。
世の中悪いことばかりじゃないですよ。


>>312

おばあさまはお幸せでしょう。孫のあなたにそこまで思って頂けて。
美しい仏様となったおばあさまは、天からいつもあなたを見守って下さいますよ。
 

316 :age:03/05/30 10:05 ID:MSPvK6j3
>>311 よかったね。

317 :大人の名無しさん:03/05/30 16:04 ID:d/Y3lKxi
>311
良かったね。手術が成功して、また元気になりますように!!

>312
おばあ様は亡くなられたけど、あなたの中できれいな仏様のままで
微笑んで見守ってくれてると思う。
幸せになれ!

149 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)